稲倉城(しなぐらじょう)

稲倉城の基本情報

通称・別名

所在地

長野県松本市稲倉1510

旧国名

信濃国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

赤沢氏

築城年

建武2年(1335)頃

主な改修者

主な城主

赤沢氏

廃城年

遺構

曲輪、帯曲輪、横堀(空堀)、物見台跡

指定文化財

市特別史跡(稲倉城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

平瀬城(長野県松本市)[4.9km]
桐原城(長野県松本市)[7.0km]
松本城(長野県松本市)[7.0km]
虚空蔵山城(長野県松本市)[7.7km]
林城(長野県松本市)[8.0km]
井川城(長野県松本市)[8.8km]
山家城(長野県松本市)[9.4km]
埴原城(長野県松本市)[12.0km]
青柳城(長野県東筑摩郡)[15.3km]
小岩嶽城(長野県安曇野市)[16.9km]

稲倉城の口コミ情報

2020年01月26日 讃岐守姫若子ヾ(・ε・。)
荒神尾城[稲倉城  周辺城郭]



荒神尾城は稲倉城の北西約1.6kmの位置にあります。稲倉城から尾根伝いに行けるみたいですが、奥山に入ることになりますのでやめときましょう。お城の北側に旧四賀村があり、松本市四賀化石館近くに錦部郵便局がありますのでこれを目標に設定して下さい。

ここからの道は説明すんのが面倒なので、先人様達の写真付きブログを検索して参考にして下さい。→無責任…(*´ー`*)

自分もそうして途中まですこぶる順調だったのですが、間伐用作業路等に惑わされて奥へ奥へと進んでしまい、結果として城域の南側に出てしまいました。なんていうかセンスが無いのよ…駄目なところですね。おまけに謎も増えまして、そこから更に南へ進んだことにより、曲輪と思しき縄張図に無い広めの削平地(30m ×30m、詰めの段の趣き、腰郭、竪堀付き。)と堀切を見つけて困惑、更にそこから10分位頑張って登ると、ぱっと開けた尾根上の峠道にぶつかりました。たぶんこれ稲倉峠と刈谷原峠を結ぶ遊歩道だと思います。これを使えば鷹巣根城、稲倉城に搦め手から行ける気がしますが、往時もそうだったのかしらん。暫くこの辺りをうろうろしていましたが、遺構らしきものにぶつからないので諦めて北に向かい、尾根を降って帰ろうとしたら、ようやく縄張図にある堀切を見つけることが出来ました。冬場の貴重な時間を無駄にしましたねー

お城は尾根上に基本Y字に造られていて格好いいです。主郭を中心に北西尾根を堀切で切りまくり、北東尾根は段郭で守る感じ。段郭には1条堀切を介しています。主郭南側の曲輪のこんもり感と深い竪堀付き堀切も見所です。素晴らしいのは北西尾根から見る北東尾根でして、削平もしっかり残り、エッジの立った段郭が主郭も含めて4段見える様は初めて見る光景でした。アップした写真はちょっと遠いですが、感動しますよー

荒神尾城は街道を抑え、小笠原氏支配領域の北辺を守る重要なお城だったと思います。武田勢は2日でこのお城を陥落させたそうで、城主の太田弥助資忠は捕らえられ斬首されました。ちなみに太田資忠はあの太田道灌の一族らしいので、段郭ファンは勿論の事、道灌ファンも是非訪ねてみて下さい。近くにある洞光寺には太田資忠とその弟のものと伝わる五輪石塔があったりします。

2020年01月25日 讃岐守姫若子ヾ(・ε・。)
伊深城[稲倉城  周辺城郭]



伊深城は稲倉城の西南約2.4kmに位置します。武田氏の中信濃侵攻の際に自落したとも稲倉城主の赤沢氏によって攻略されたとも伝えられています。

お城のある岡田伊深の地は源義光の五男、岡田冠者こと源親義所縁の地で、親義は木曽義仲に従い倶利伽羅峠の戦いで平清盛の七男、平知度と組討して討死しています。お城の東側にある慶弘寺跡には「伝 岡田冠者親義の墓」があります。

お城に行くには、この慶弘寺公園から入る道と南にある若宮八幡社から入る道があります。ただ二つの道は城域に入った辺りで合流するので「結局同じじゃん!」とか突っ込みたくなりますが、無駄無くスマートに帰るためにも慶弘寺跡側から登城しましょう。お城までは比高もそんなにないので楽に感じると思います。

お城は素晴らしいです。主郭は土塁付きで切岸には石積みが確認出来ます。主郭背後の尾根は5条の堀切で切り刻み、その内の1条はデカくて笑っちゃう二重堀切となっています。二重堀切には竪堀が付いていますが、面白いのは主郭からこの竪堀に斜めに合流する竪堀が1条ありまして、この竪堀は主郭西側腰郭から堀切底部に降りるのを今でも阻害していて腹立ちます。又、主郭部から南西尾根を降りてくと連続堀切があり、そのどちらにも竪堀が付いています。この竪堀は途中で合流した上で、更に別の二本の竪堀が合流して長大な竪堀を演出、凄いです。

帰り道は…そう!お城の北側まで見たら主郭に戻り、南西尾根を降りて堀切から東南側に落ちるこの竪堀を降りて帰って下さい。竪堀は麓付近まで続いていて、丁度若宮八幡社の裏手辺りに辿り着くことが出来るんです!若宮八幡社も由緒ある神社ですから見学して帰りましょう。なんてスマートなリア攻め!失敗続きのリアでしたが、自信が付きましたね!しかも車停めたのは若宮八幡社の駐車場、我ながら完璧すぎる…自分が恐いです。

とにかく、このお城も小笠原系?の築城技術の高さををばっちり堪能させてくれること間違いなしですので、松本に来ましたら是非訪ねてみて下さい。

2020年01月20日 讃岐守姫若子ヾ(・ε・。)
早落城[稲倉城  周辺城郭]



早落城は稲倉城の南西約2.5kmの位置にあります。身も蓋もない名前ですが、競走馬で言ったら「落馬号」みたいなもんでしょか。元の名前は流石に違いまして洞城と言います。稲倉城主の赤沢氏の持城でした。ところが主家の小笠原氏に奪われて伊深城主の後庁氏に与えられたそうです。武田氏がこの地に勢力を伸ばすと赤沢氏は分裂し、浅間の赤沢氏が稲倉城主になりました。その際に洞城は真っ先に標的となり、あっと言う間に落城したことからこんな名前になっちゃいました。

お城はほぼ独立峰の小山に立地し、コンパクトというか、潔く南北にほぼ一直線、長さは約200m位でしょか、高低差も殆どなくて名前に相応しいです。全然期待してなかったのですが、意外にも堀切で細かく刻まれていて7条は確認出来ます。又、竪堀を数条見ることが出来ますが、1条を除いて他は心眼が必要です。

登城はお城の北端にある住吉神社からお願いします!リア攻めもあっと言う間に終わるでしょう。とても潔いお城ですので、稲倉城にお越しの際には是非立ち寄って下さいまし。

2020年01月20日 讃岐守姫若子ヾ(・ε・。)
稲倉城



稲倉城に行くには、国道254号線の北側、稲倉集落内の稲倉峠口の道標がスタートとなります(国道には面していない。)。この峠道は新道と旧道がありまして、旧道の方は通れるかどうかも解りませんが、新道は舗装路で四賀の方へ抜けることが出来ます。峠口の道標から少し進むと「稲倉城主御屋敷館跡」の案内板が立っています。井戸跡とかあるらしいのですが、何処にあるのか全く解らないので完全無視でOK♪少し進むと車も通れる獣柵ゲートがありますので車で行きましょう。途中には旧道への分岐がありますが、車はおろか人も行けない感じがしますのでこれも完全無視でOK♪結論から言うと「稲倉城入口」の案内板まで車で行けて駐車スペースもあります。この案内板からは左右に道が別れていますが、登城するには左に進んだ方が良いです。右は結構な急坂なので帰りに使いましょう、左は比較的緩やかだと思います。途中に写真にあるような石積みとか散見されますが、後世の桑畑のものなので注意して下さいまし。道は途中で不鮮明となりますが、右手には尾根筋が見えているので迷うことは無いでしょう。

お城へはぴったり主郭に辿り着きます。城域は南北に伸びる尾根上に造られていて、奥も深くありません。特筆すべきはニノ郭でしょか、緩やかな段郭で構成されていて面積もあります。まるで天守台のような土壇もあったりして、「実際の本郭はこっちなんじゃないの〜」とか呟いたりしますが、本郭の段郭が意味無くなるので案内板のとおりでしょう。

帰りは三ノ郭を通ってそのまま降って行きましょう。ロープが張ってありましたので道は直ぐに見つかるかと思いますが、道は悪いので慎重に…さもないと勢い付き過ぎて止まれなくなって、枝を掴んで減速しようとした挙句、手のひらを怪我したりするかもしれません…

ちなみに稲倉城からは理論上、尾根を進んでいけば、荒神尾城、刈谷原城に辿り着けると思うんですが、流石にやる気にはなれませんでした。

2015年11月11日 黒曜石
稲倉城

稲倉峠への林道、途中で獣避けゲートがあります。
ゲートを開けて車で進んでOKです。
山の動物が間違えて里に降りない様に、ゲートを開けたら閉めて下さい^^

2012年07月15日 北川幸人
稲倉城

登城道は、伐採された木、倒木など見誤りやすいので気をつけて。

2011年08月02日 赤いRVR右京大夫@松本
稲倉城

稲倉集落から稲倉峠への林道を進むと、右手に駐車場があります。そこから15分くらいで主郭です。斜面は少しきついですが。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore