小岩嶽城(こいわたけじょう)

小岩嶽城の基本情報

通称・別名

小岩岳城

所在地

長野県安曇野市穂高有明3464-4

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

仁科氏

築城年

戦国時代

主な改修者

主な城主

仁科氏、古厩氏

廃城年

天正11年(1583)

遺構

曲輪、石積、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(小岩嶽城跡)

再建造物

模擬門、模擬塀、模擬櫓、石碑、説明板

周辺の城

中塔城(長野県松本市)[12.9km]
平瀬城(長野県松本市)[13.2km]
虚空蔵山城(長野県松本市)[16.1km]
稲倉城(長野県松本市)[16.9km]
松本城(長野県松本市)[18.1km]
井川城(長野県松本市)[19.2km]
青柳城(長野県東筑摩郡)[20.2km]
仁科城(長野県大町市)[21.2km]
林城(長野県松本市)[21.8km]
桐原城(長野県松本市)[22.2km]

小岩嶽城の解説文

小岩嶽城(こいわたけじょう)は、長野県安曇野市にあった日本の城。

概要
築城時期などは不明である。

戦国時代は、仁科氏庶流の古厩氏の城であった。

天文21年(1552年)8月、武田晴信(信玄)は小岩嶽城を攻撃したため落城し、城主の古厩盛兼は自刃した。

その後、古厩氏は武田氏に従っていたが、天正10年(1582年)武田氏滅亡後は小笠原貞慶が旧領に復帰し、古厩氏も小笠原氏に従った。しかし、天正11年(1583年)、小笠原氏に逆心を企てたという理由で成敗された。

城はこの時点で廃城になったと思われている。

現在、小岩嶽城址公園となっており、模擬門、櫓を模した展望台がある。

小岩嶽城の口コミ情報

2021年05月18日 内記かずりヾ(・ε・。)
狐城[小岩嶽城  周辺城郭]



狐城(きつねんじょう)は小岩嶽城の東方約7.6km、犀川左岸、標高534.8mの舌状台地上突端に主郭が存します。北麓の長野県道51号線からの比高は10m位でしょか。

行き方はGoogleマップに位置登録されている北東のJA松本ハイランドファーマーズガーデンあかしなを目標に設定して下さい。後は川沿いの舗装路を南西へ進めば自然に到着します。

築城年代、築城者は不明ですが、立地から此処が仁科氏支配領域の最南端だったように思えます。お城の直近には犀川、高瀬川、穂高川が複雑に合流するポイントがあり、犀川を渡った右岸には木戸の地名を残します。

お城のある台地上は住宅地と畑地が混在していて綺麗に削平されており城域の判定すら困難です。お城は上空から写真等で確認する方がよっぽど面白くて、その姿はまるで鏃の様な縄張です。切岸は岩盤の露出する自然地形だったようで、長野県建設部建築住宅課が平成二十九年に法面崩落対策工事としてアンカーボルト打設、モルタル吹き付け工事を施工完了し今に至ります。この工法だと復元が可能、容易らしいですね。ちなみに発掘調査等は過去にも実施されていません。

安曇野市は市内にある押野城の主郭まで重機を入れて作業用林道を造ってしまった前科があります。その反省からか市内にある城郭を少しでも残そうと努力したように思えます。自分も此処がお城だなんて今まで全く気付かず10回位県道を素通りしていましたが、その反省からこの口コミをしようと思い立ちました。お城は何かを見付け出そうとしても5分位で諦めると思うので、ここは周辺地形を含めた要害感を素直に楽しみましょう。マニア向け。

2021年04月28日 内記かずりヾ(・ε・。)
長者ヶ池屋敷[小岩嶽城  周辺城郭]



たまには山城でなく居館なんかをほっこり口コミ〜

長者ヶ池屋敷は小岩嶽城の北東約9.7km、標高約775mの山塊斜面上平場に存した居館です。

築かれた年代、お住まいになられていた方は不明ですが、同じ小岩嶽城のリア攻めマップにある白駒城の家老の屋敷との里伝があるそうで白駒城とはほぼ隣接しています。

行き方はGoogleマップに位置登録されている長者池観音堂を目標に設定して下さい。この観音堂の裏手、北東側の平場が屋敷があったとされる場所です。峠道を挟んだ南側には水の手だったと推測される長者池があり今も水が出ています。

屋敷の現況は山中の平場って感じ…少し前までは標柱が立っていたようですが発見出来ませんでした。まぁ守る気ゼロだと思うので遺構の存在を期待してはいけないですね。

城主の居館でなく何故に家老の屋敷なのか。実際に訪ねてみれば理解出来ると思いますが、付近一帯は峠道を除けば鬱蒼とした山中なので、領主が住みたいと思うような場所ではありません。たぶん領主居館は別にあり、白駒城には城代が置かれていたと思われますのでそういう訳なんでしょう。

誰も行かないとは思いますが、白駒城に来る事がありましたら追いで訪ねてみて下さいまし。

2021年04月27日 内記かずりヾ(・ε・。)
白駒城[小岩嶽城  周辺城郭]



白駒城は小岩嶽城の北東約9.7km、標高801mの山塊頂部の一つに主郭が存します。山塊西麓からの比高は70m位でしょか。

行き方はGoogleマップに位置登録されているのでダイレクト設定して下さい。城域内を車両通行可能な峠道が貫通していますので楽に登城出来ます。

築城年代は不明ですが、鎌倉時代には既にあったようで古い歴史を持つお城です。築城者は不明ですが、城主として仁科義重の家臣、樋口行時(築城とも。)、手塚三郎兵衛、袖山上野介が伝えられています。ただ時系列的には昔の事なんでよく解らねぃよて感じですかね。

この樋口氏なんですが、木曽義仲四天王の樋口兼光の子孫もしくは一族なんでしょか。となると直江兼続とも血統的には繋がる事になりますね。歴史というものは深いぜ〜

お城は峠道で分断されている他、相道寺焼物の陶土採り等で改変されているらしいです。堀切、虎口、馬場と称される鞍部なんかも確認出来ますが、城域の判定に少し苦しむところもありますね。

この峠道を東へ進むと城主に纏わる悲話の舞台、登波離橋に至ります。付近には山桜の名所である陸郷桜仙峡もありますので、皆様は桜の咲く時期に訪ねてみては如何でしょうか。

2021年04月27日 内記かずりヾ(・ε・。)
堀之内館[小岩嶽城  周辺城郭]



たまには山城でなく居館なんかをほっこり口コミ〜

堀之内館は小岩嶽城の北東約10.0km、河岸段丘緩斜面上、南西へ緩やかに延びる標高約660mの山塊尾根上端部に存した居館です。

行き方はGoogleマップに位置登録されている南側の堀之内三島神社を目標に設定して下さい。

築かれた年代、お住まいになられていた方は不明で、信濃の地理、歴史書である信府統記にも城主は知らんと記述がありますが、仁科氏庶流とされる堀之内氏と推測されています。同じ小岩嶽城のリア攻めマップにある花岡山城は詰城と考えられる事になりますね。又、現地を歩き廻って感じましたが、居館との位置関係や地形から花岡山城の大手筋は沢を渡った南尾根の延長線上にあるように思いました。

居館の現況は住宅地と畑地が混在していて遺構は何も残っておらず、往時を偲ぶのはとても難しいのですが、城山の地名が地籍として残る尾根上端部は周囲からやや小高く、居館を建てるには良好な立地だと思います。

在地土豪が小さな所領の内に居館と詰城をそれぞれ持つのがこの時代のスタンダードですが、遺構が残る事が少ない居館はその場所や敷地範囲すら特定するのが困難です。里伝から地名が地籍として残り、後世の者はそれを頼りにその痕跡を訪ねる訳ですが、全国各地に残るこうした言葉の痕跡の実に豊かな事よ!日本人て素晴らしい地方史を様々な形で残し続けてきたんですね。

2021年04月26日 内記かずりヾ(・ε・。)
花岡山城[小岩嶽城  周辺城郭]



花岡山城は小岩嶽城の北東約10.5km、南方へ延びる山塊尾根上、標高791mのピークの一つに主郭が存します。西麓からの比高は120m位でしょか。

築城年代、築城者は不明ですが、城主として仁科氏庶流とされる堀之内氏が推測されています。

行き方なんですが、説明するのが物凄く難しい…初めての試みですがリア攻めマップでまず場所を確認して下さい。お城の南西麓の未舗装道路脇に用水路の分岐点に架かる小さな鉄製の橋がありますのでこの橋を渡り、山側の方の水路に沿って南東へ20m位進みます。すると不鮮明ながらも左手に山へ入る道が付いてますのでこれに入り、この道を使って堀切状の虎口様地形から尾根に取り付き、後は上を目指して登って行くだけとなります。

お城は堀切や竪堀、帯郭状の明瞭な段郭等が確認出来ます。主郭はこの規模のお城としては相当な広さですが削平されておらず、おまけにエッジがかなり甘いのでもやっとした印象を受けます。

長野県北安曇郡池田町は町内にある山城に無関心らしく、里山森林整備の名の元に重機で遺構を破壊しまくる事で知られて?います。この花岡山城は幸いな事にそれを逃れたお城です。安曇野の美しい自然と共に永く後世に残して欲しいものですね。

2021年04月06日 内記かずりヾ(・ε・。)
布上城[小岩嶽城  周辺城郭]



布上城は小岩嶽城の北方約7.9km、標高1371mの雨引山から東方へ延びる尾根上、標高約993mのピークの一つに主郭が存します。東麓からの比高は340m位でしょか。

行き方はGoogleマップに位置登録されている東麓の伊の神公園墓地を目標に設定して下さい。堂々と駐車も出来ます。このお城は主郭のピークから南北に山の肩を持ち、それぞれから東方へ向けて支尾根が延びています。どちらからでも行けますが、北側支尾根の方が楽なので墓地最奥部の踏み跡程度の道を進みます。途中で道を見失うと思うので、そこからは支尾根に取り付く事だけを考えて直登しましょう。支尾根上に出れば後は上を目指すだけとなります。

注意点は熊さん対策を確実に…東麓にはフルーツ盛りが入った熊の箱罠や鳥獣駆除装置、電流柵が設置される里山です。訪城時には尾根下を走り去る子連れの熊さんを目撃しました。子連れの熊の冬眠明けは1ヶ月程早い事になりますね。

築城年代、築城者は不明ですが、仁科氏庶流の大和田氏が推測されています。お城の山容は上田の塩田城にも似ており、築城者はきっと「あの真ん中のぼこりんにお城を造ろうかな…」とか考えたと思います。

お城は素晴らしいです。南北の尾根には堀切や小郭が設けられ城域に入った事を自然と確信させてくれます。主郭部の遺構の残存率は極めて高く、堀切や竪堀、土塁、堡塁が明瞭に残ります。少し変わっているのが主郭の土塁+二つの堡塁の西側一段下がった所に三角形の空堀、掘り残しの土塁兼土橋を持つ事です。天水溜めと推測されてますが、本当にそれだけなのかな。この下には堀切があるので利用はそれだけに留まらないでしょう。又、ただの天水溜めにしてはこの規模のお城としては破格の大きさです。

この高所に意外にも技巧的な縄張でびっくりしました。行くのは少し面倒ですが、頑張った分のご褒美は貰えるお城だと思います。又、情報だと南側支尾根からの登城が楽な様に書かれる事が多いですが、北側支尾根からの方が全然楽なので注意して下さいまし。

2021年04月01日 内記かずりヾ(・ε・。)
西山城[小岩嶽城  周辺城郭]



西山城は小岩嶽城の北方約9.9km、標高1093mの大洞山から東方へ延びる尾根上、標高870.4mの支峰、城山山頂部に主郭が存します。東麓からの比高は220m位でしょか。

築城年代、築城者は不明ですが、室町時代以降の城主は仁科氏の被官、矢口氏と伝わります。

行き方はGoogleマップに位置登録されているのでダイレクト設定して下さい。国土地理院の地図にも城址として記載されています。お城は西山城址保存会の皆様によって丁寧に整備が続けられていて登城路完備、安心して主郭まで辿る事が出来ます。が、此処は長野県大町市…佐々成政のさらさら越えが立山ルートならほっと一息ついたような場所…主郭には城山神社という小社が建っていますが、何でも熊さんのステージダイブによって屋根が破壊された事もあったようでそういうお山ではあります。

お城は素晴らしいです。過度な整備も無く保存会の皆様には感謝感謝、通称三の曲輪には東家が建てられ、電気も通ってコンセントもあるので緊急時に充電出来る親切さ。圧巻なのは通称ニの曲輪背後の大堀切1条を含む二重堀切で実にマッシブ!更に1条の堀切を経て通称一の曲輪に向かいます。通称一の曲輪は土塁付き、堀切、竪堀、横堀、腰郭によって厳重な防御を構築しています。が、このお城変なところがあって、通称ニの曲輪と通称一の曲輪間が離れ過ぎ…距離にして約600mの間は何もありません。元々そうなのか、増改築したのかは知らんけど別城一郭と言ってもよいぐらい。又、登城路入口から城域北端までは登城路換算で1.55kmだらだら登らされるので面倒に感じたりはします。

全国的には知られていませんが、このレベルのお城が無名である事が信濃の良いところ…気持ち的には複雑ですが、次の無名城を期待してこの地に通ってしまう理由が此処にはあります。駐車場もちゃんとありますし、お近くに来る事がありましたら皆様も是非立ち寄ってみて下さいまし。堀切越しに見る北アルプスの山々はお城マニアにしか味わえない光景ですよ!


2021年03月26日 内記かずりヾ(・ε・。)
観勝院山城(大和田山城)[小岩嶽城  周辺城郭]



観勝院山城(大和田山城)は小岩嶽城の北方約8.6km、標高1093mの大洞山から南東へ延びる標高約810mの尾根上に主郭が存します。東麓の観勝院跡地からの比高は180m位でしょか。

築城年代は不明ですが、築城者は仁科氏の庶流、大和田氏と伝えられています。大和田氏はこのお城の周辺地域を所領としていたらしいですね。直近には布上城、西山城といったお城も存し、大和田氏所領だけでなく仁科氏本領への南方からの守りを固めています。縦深防御地帯と言ってもよいぐらいのお城の密度が安曇野市、大町市、池田町、松川村にはありますね。

行き方はGoogleマップに位置登録されているのでダイレクト設定して下さい。東麓の観勝院(永正年間に大和田盛氏が建立と伝わる。)跡地は駐車も余裕です。この跡地の獣柵ゲートから入れば1〜11までの番号が付与された案内板のある登城路が付いてます。が、登城路が荒れてる事に加えて案内板自体が肝心な場所で倒れているので追えません。たぶん案内板の4ぐらいで登城路を見失うでしょう。そんな状況になったら左右にある尾根筋を無視して気持ち真っ直ぐに直登して下さいまし。そうすると城域北端、最高所に存する物見郭にぶつかります。そしたら此処で現在地と方角を再確認しましょう。自分は物見郭背後の堀切に誘われてそのまま北西へ爆進、気が付いたら標高905mのピークに到達、無駄な体力を消耗しました。正解は物見郭から南方へ下るです。

お城はとっても素敵です。堀切と竪堀で区画された連郭式の妙を味わいましょう。郭間の繋ぎには土橋なんかもありますね。しかし何と言っても感動するのは郭間を隔てる竪堀脇左右に展開する段郭状の帯郭(腰郭でもある。)です。縄張図ではよく見られるこの形、現地に赴くと崩れてたりエッジを失くしてたり藪ってたりで、もぅ何が何だかよく判らねぃよみたいな感じになりますが、このお城でははっきりと5〜6段の帯郭が確認出来ます。お城の段々感(写真は非常に難しい…)が実に素晴らしいです。又、主郭部周辺の土塁の付き方にセンスを感じたりもします。

城域内の各所にあるお城の説明板は凄くしっかりしていて松川村に感謝なんですが、肝心の登城路が崩れています。ただ帰りはちゃんと追えるので行きの城域までを頑張りましょう。他では滅多に味わえない感動がきっと待ってますよ!




2018年05月06日 三尺坊右衛門督影ちゃんII号
小岩嶽城

小岩嶽城址近くの農産物直売所の隣に日帰り温泉施設【しゃくなげの湯】が出来てました。小岩嶽城をリア攻めの後に寄ってみては?


「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore