仁科城(にしなじょう)

仁科城の基本情報

通称・別名

森城、山田城

所在地

長野県大町市森

旧国名

信濃国

分類・構造

水城

天守構造

築城主

仁科氏

築城年

古代?

主な改修者

主な城主

仁科氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡

再建造物

説明板

周辺の城

牧之島城(長野県長野市)[14.4km]
麻績城(長野県東筑摩郡)[20.4km]
小岩嶽城(長野県安曇野市)[21.2km]
青柳城(長野県東筑摩郡)[21.7km]
松田家館(長野県千曲市)[23.7km]
虚空蔵山城(長野県松本市)[25.3km]
福平城(長野県長野市)[25.7km]
屋代城(長野県千曲市)[26.2km]
吉窪城(長野県長野市)[26.9km]
荒砥城(長野県千曲市)[27.6km]

仁科城の解説文

森城(もりじょう)は、長野県大町市に存在した平城。

概要
木崎湖畔に位置し、城の北部と東部を湖、西部を沼地に囲まれた半島状の地形を利用した城である。木崎湖の北岸に仁科氏の祖先と言われる阿倍氏に因んだ地名が存在することなどから、築城時期は古代にまで遡るとの説もあるが詳細は不明である。

平安時代後期には仁科氏が安曇郡一帯の国人領主となり、大町周辺の荘園「仁科荘」や「仁科御厨」を支配していたが、市内の舘之内に舘を築くと、この城は後詰めの城としての役割を果たした。さらに鎌倉時代には天正寺館に移り、大町市街地の原型となる市場町を形成した。

戦国時代に入り仁科盛政が甲斐国の武田信玄に討たれたことにより仁科氏の正統は途絶え、信玄は五男である盛信に仁科氏の名跡を継がせた。信玄は越後国の上杉謙信に対する軍事上の重要拠点としてこの城を見做して盛信を配置し、城郭を改修させた。1582年の武田氏滅亡後に、この地を治めた小笠原貞慶も上杉景勝に対する軍事上の拠点と見做して派兵したと記録されている(廃城の時期は不明)。

本丸跡には仁科氏や、明治時代以降の戦没者を祭る仁科神社が営まれており、境内の一画には1221年(承久3年)の承久の乱の際に朝廷側に付き鎌倉幕府軍と戦った仁科盛遠の顕彰碑や古い塚などが残されている。また城の北端にある本丸から一段低い土地には安倍神社があり、仁科氏の祖先とされ大和時代からの古代氏族である阿倍氏が祭られている。一説によると平安時代後期の前九年の役を戦った安倍貞任、安倍宗任の親子が祭られているとも伝えられるが、怠りであるとの指摘もある。

仁科城の口コミ情報

2021年08月18日 ライノ図書頭
仁科城



信濃木崎駅と稲尾駅、どちらからも歩けます。稲尾駅の方が遠いですが、木崎湖をめぐって歩けるので、お勧めです。
現在は、静かな神社になっています。

2021年04月02日 内記かずりヾ(・ε・。)
大崎城[仁科城  周辺城郭]



大崎城は仁科城(森城)の南方約7.5km、南北に延びる標高808mの山塊尾根上端部に主郭が存します。東麓からの比高は100m位でしょか。

築城年代、築城者は不明です。城主として仁科氏の被官、清水氏(別称で清水古城とも。)が伝えられていますが詳細は不明です。

行き方はGoogleマップに位置登録されている東麓の昭和電工常盤発電所を目標に設定して下さい。写真を見て頂けたら理解出来ると思いますが、東麓には発電所、尾根上の城域中間点には沈殿池が造られています。発電所の敷地北側の空地に電流がばりばり流れる獣柵ゲートがありますので、此処から沈殿池に通じる保安整備道を目指します。この整備道、立入禁止区域の発電所敷地内に付いてるものかと錯覚しますが、実はその外側に付いてますので堂々と登って下さい。沈殿池に到着したら北方へ少しだけ直登すれば主郭に至ります。

お城は尾根上城域中間点にある沈殿池によって事実上分断されています。従って城域南端を目指すには主郭から沈殿池西側の斜面をトラバースする必要がありますが、距離はそんなに無いので苦労と言う程ではありません。沈殿池施設内を通過すると楽なんでしょうが、施設に入るとたぶん警報が飛ぶようになってると思うのでやめときましょう。

お城は見た目の期待以上です。城域の破壊は沈殿池のみなので、他の部分の遺構はそのまま残っています。沈殿池に何があったのかとなると話は別物ですが…主郭には削れてますが土塁が付き、武者隠し的な小さな横堀もあったりします。主郭北側山側背後の尾根は段郭によって守りを固めていたようで、途中には数条の堀切なんかも確認出来ます。沈殿池から南側の尾根にも段郭が施され、此処には明瞭な堀切1条が確認出来ます。又、岩場を上手く利用して防御の一助としていたらしく、誰が何と言おうと虎口として利用していたであろう場所なんかもあったりします。

発電所建設によって遺構がどれだけ破壊されたのかは全く判りませんが、逆に言えばこの程度で済んだとも言えるかもしれません。お城のあった場所として一般に認知されておらず、この先どうなるのかは神のみぞ知るですが、珍しい変遷を辿ったお城の現況を皆様も是非確かめに来て下さいまし。

2021年02月28日 竹下半兵衛(^^)v
木舟城[仁科城  周辺城郭]



標高927m、比高約200m。
思わず「コリャスゲー( ⊙⊙)!!」と声が出てしまった。
ここの大堀切を見れば誰もがめんたま飛び出るでしょう♪

南城、北城と分かれて、さらに奥の標高970mまで行くと青木城まであるという巨大城郭です。
遺構は...行った人はわかるでしょうが、今まで縄張図しか見てなかったことを後悔したくらいです(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾

案内板は麓に仁科居館跡はありますが、山城にはありませんでした(2021`2月現在)
車は山下集落センター(いわゆる公民館)に止めました。
登城口はいくつもあるみたいです。
自分は常福寺北側から尾根によじ登り、2本南の尾根から下りました。

1日かけて歩き回りたいとこですよ~♡
♪ヽ(´▽`)/

2020年12月14日 内記かずりヾ(・ε・。)
丹生子城[仁科城  周辺城郭]



丹生子(にゅうのみ)城は仁科城(森城)の南東約8.9km、標高848mの山塊山頂に主郭が存します。西麓からの比高は130m位でしょか。振り仮名とか付けさせて頂きましたが、現地に赴くまでは「たんしょうし」と読んでました。

丹生子城は鎌倉時代からこの地に大きな勢力を保った仁科氏領分のお城ですが、築城年代、築城者は不明です。

行き方はGoogleマップに位置登録されているので西麓にある市道まで行きましょう。此処で周囲を見渡すと大町ふれあいバスの丹生子バス停を見つける事が出来ると思います。このバス停の裏手に墓地へ入る道が付いてますのでこれを進みます。が、途中で道が消えるので向かって右手に見える尾根に登りましょう。後は気合を入れて尾根筋を直登するだけです。結構急坂ですが比高はそんなに無いし辛くなったら尾根筋を外して適当に登っても城域に入ります。自分は通称3郭の西側に出て縄張図に入った事を確認出来ました。

お城は素晴らしいです。概ね3つの郭で構成されていますが、通称3郭周囲には帯郭や段郭が多数付き、通称2郭の北側には横堀状に二重の堀切+竪堀が付いて通称3郭を隔てています。又、この竪堀に並走する形で西側へ落ちる2条の竪堀も見られ、郭間の守りを一層厳重にしていたりもします。主郭には削れてますが土塁が付き、虎口も薄っすら確認出来ます。切岸には崩落石が散見される事から往時は土留めの石積があったかもしれません。そして主郭の東側山側背後は四重堀切、その中の3条には竪堀が付いてます。特筆すべきは主郭の北東側に短いですが4条の畝状竪堀があって四重堀切の竪堀と並走している感じですかね、単純に格好よいです。この辺りはぼっこぼこ、密度濃いです。

このお城、歴史的には村上義清に攻められそうになった事があるぐらいですが。仁科氏は桓武平氏の流れを汲む名門、大塔合戦では守護方をぼこり、塩尻峠の戦いではいち早く戦場を離脱して小笠原勢大敗の端緒となりました。後には信玄の信濃の名族懐柔策の一つとして五男の盛信が養子に入った事で有名ですね。信長の甲州征伐で唯一人名族の意地を高遠城で見せつけた仁科五郎盛信、リア攻め後に散らつく粉雪の中、北アルプスを眺めながらねぎ味噌おやきを頬張りつつ思わずこんな感慨に耽ってしまいました。

2020年10月31日 竹下半兵衛(^^)v
仁科城



猿ヶ城
標高1200m、比高約400m。

仁科城の北側の山にある狼煙台&見張の城。
猿とか鬼とか名前のつくトコって 登るのシンドイけど、ここは車で搦め手から行けた。
狼煙台は標高1290mで眺めバッッツグーン(^o^ゞ♪
遺構は連続堀切からの竪堀、段曲輪などなどナカナカの造り♬
案内板があって、途中の急な岩場はロープ張ってある親切な整備
(^-^ゞ
2020`10/31には葉っぱオレンジ色に染まってて歩くのが楽しかった🍁♪
まだら紅葉な遠景もカメラマンが何人かいる...

っって後ろの雪景色な白馬岳を撮ってたんかーい
( ̄▽ ̄;)
自分だけ反対方向撮ってるし...



2016年08月18日 【単騎駆】右衛門督かげちゃん
仁科城

仁科城の支城の西山城ですが、大町市から安曇野市(穂高町?)に行く広域農道沿いにあり、観光農園のそばに5台くらい止めれる駐車場があります。ただ、駐車場から出る時、見通しが悪くて特に安曇野市方面から来る車が見えなくカーブミラーも無いので細心の注意が必要です。

2012年03月03日 赤いRVR甲斐守@松本
仁科城

かつては木崎湖に突き出た半島に占地されていたようだが、西側は干拓されて水田になっている。本丸は先端部で、阿部神社の境内となっている。神社手前の道は、堀切の底部、その他にも、堀切、土塁といった遺構を見ることができる。周辺は民宿街。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore