牧之島城(まきのしまじょう)

牧之島城の基本情報

通称・別名

牧ノ島城、琵琶城、(牧城)

所在地

長野県長野市信州新町牧之島

旧国名

信濃国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

香坂氏(牧城)

築城年

鎌倉時代(牧城)

主な改修者

馬場信春

主な城主

香坂氏(牧城)、馬場氏、芋川氏

廃城年

元和2年(1616)

遺構

曲輪、土塁、三日月堀

指定文化財

県史跡(牧ノ島城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

千見城(長野県大町市)[9.1km]
松田家館(長野県千曲市)[10.4km]
麻績城(長野県東筑摩郡)[11.2km]
屋代城(長野県千曲市)[12.2km]
吉窪城(長野県長野市)[13.1km]

牧之島城の解説文

牧之島城(まきのしまじょう)は、長野県長野市信州新町にあった日本の城。以前は牧城(まきじょう)という城であった。

牧城概要
築城年は不明で、鎌倉時代にこの地を領した香坂氏により築城された。香坂氏六代目の香坂心覚が建武3年(1336年)に南朝(北条残党)方として中先代の乱で挙兵し、村上氏や高梨氏など北信濃の北朝方と1月と6月に激しく争った。

戦国時代の当主香坂宗重は武田信玄に臣従(無血開城)し、弘治2年(1556年)に信玄の命により埴科郡に移り、代わって馬場信春が牧城に入城した。

牧之島城概要
牧之島城は、永禄9年(1566年)武田信玄が牧城の一部に、牧之島城を馬場信春に築かせ城代とした。天正3年(1575年)、信春が長篠の戦いで戦死した後は、信春の子の馬場昌房が城代になった。

天正10年(1582年)に武田氏が滅亡した後は、上杉景勝支配下の属城になり、芋川親正が城主となった。そして、慶長3年(1598年)景勝の会津移封後は、海津城主田丸直昌・森忠政、松平忠輝らの属城となった。

元和2年(1616年)、忠輝が改易されると共に牧之島城も廃城になった。

現在の牧之島城
堀跡、土塁跡とともに残された千人枡形(隠れ枡形)や三日月堀、丸馬出しなど甲州流築城術の特徴を現在に伝えている。付近には小規模ながら町並みがあり近世大名の城下町の原初の姿が示されているとされる。

昭和41年(1966年)県史跡の指定を受け、その10年後に公園として大規模に整備された。

また、普光寺の前には牧城跡の石碑が残り、香坂氏の居館跡であったことを伝えている。

牧之島城の口コミ情報

常陸入道ねんさい和泉守様[2014年11月06日]
丸馬出が駐車場になっている。本丸、二の丸の曲輪と曲輪間の空堀、水堀、丸馬出と馬出外側の三日月掘よく残る。
本丸は南側以外の三方向土塁に囲まれている。東と北側の二箇所に枡形が残っている。本丸西側に幅の広い空掘が残っている。

現在の城跡は遺構がよく残っているが、松代藩写の牧之島城古図によると、馬出は今もある馬出のすぐ北側もう1つ馬出があり、さらに馬出の外側、城の東側が大手口にあたり堀と枡形があったみたいである。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore