青柳城(あおやぎじょう)

青柳城の基本情報

通称・別名

所在地

長野県東筑摩郡筑北村青柳字東山

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

青柳氏

築城年

戦国時代

主な改修者

武田信玄、小笠原貞慶

主な城主

青柳氏、松林氏(小笠原氏家臣)

廃城年

慶長元年(1596)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、堀切、竪堀、石積

指定文化財

県史跡(青柳氏城館跡)

再建造物

模擬櫓門、模擬冠木門、説明板

周辺の城

麻績城(長野県東筑摩郡)[4.3km]
荒砥城(長野県千曲市)[10.7km]
松田家館(長野県千曲市)[11.6km]
葛尾城(長野県埴科郡)[13.4km]
岡城(長野県上田市)[13.5km]

青柳城の解説文

青柳城(あおやぎじょう)は、長野県東筑摩郡筑北村坂北にあった日本の城。

概要
青柳城はこの地の豪族で、麻績氏の一族である青柳氏の城であった。

信濃守護の小笠原長時が武田晴信に敗れた後、小笠原氏に臣従していた青柳清長は武田氏に従った。

天文22年(1553年)の第1次川中島の戦いでは、晴信が一時ここに居城した。また、この合戦では長尾景虎(上杉謙信)は更級郡から筑摩郡へ進出し、青柳城に放火した。

武田氏滅亡後、青柳頼長は上杉景勝に従い、信濃府中を回復した小笠原貞慶と青柳城・麻績城を争い、後に和議を結んだが、天正15年(1587年)には深志城(松本城)で誅殺され、青柳氏は滅亡した。その後は小笠原氏の家臣の松林氏が在番したが、慶長年間には廃城になった。

現在は青柳城址公園として整備され、模擬城門などが復元されている。曲輪、堀切など遺構もよく残っており、一の曲輪には小笠原貞慶時代の布目積みの石垣を見ることができる。

館跡
現在の清長寺付近が館跡である。清長寺は、天正元年(1573年)、青柳城主・青柳頼長が父・清長の菩提を弔うために創建した。小笠原氏が青柳氏を滅亡させた後、居館跡の現在地に寺を移して整備した。

切通し
天正8年(1580年)青柳頼長が切り開き、麻績宿から青柳宿への通行を容易にした。

青柳城の口コミ情報

大宰大弐まぁちゃん様[2015年06月08日]
碩水寺の前を過ぎて少し走ると高台のキャベツ畑が。そのキャベツ畑を上に向かって進むと、小さな青柳城の方向示す看板が出てくるので、それに従って!!草が生い茂っていて、危ないので服装注意。あまり中も道案内がないので天気の良い明るい時間がオススメです。

赤いRVR弾正大弼@松本様[2013年06月07日]
もう一つ、青柳宿東の清長寺が館跡、その裏手から登城できます。ただし、寺までの道は狭い!

赤いRVR弾正大弼@松本様[2013年06月06日]
坂北小学校東のけん(石ヘんに頁)水寺というお寺を目指し、その前を過ぎて少し走ると高台、城の裏手に出ます。広い駐車場完備。模擬城門をくぐると、堀切を経て主郭へ。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore