真田本城(さなだほんじょう)

真田本城の基本情報

通称・別名

真田氏本城、真田山城、松尾新城、住連寺城、十林寺の城山

所在地

長野県上田市真田町長十林寺

旧国名

信濃国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

真田幸綱

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

主な城主

真田氏

廃城年

天正13年(1585)

遺構

曲輪、土塁

指定文化財

市史跡(真田氏本城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

真田氏館(長野県上田市)[1.3km]
横尾城(長野県上田市)[1.9km]
松尾古城(長野県上田市)[2.8km]
戸石城(長野県上田市)[3.4km]
上田城(長野県上田市)[8.2km]

真田本城の解説文

真田本城(さなだほんじょう)は、長野県小県郡真田町にあった日本の山城であり、戦国期に活躍する真田一族発祥の地である真田の郷にあった。別名「松尾城」。

概要
戦時用の山城であり、平時の政務機能は麓にある真田氏館に置かれた。真田盆地の対峰に要害の地戸石城を望み、更に周囲の峰々にも数多くの支城群が連なり、単体の山城ではなく真田盆地を取り囲む山城群の司令部的存在と考えられている。

別名「松尾城」とも呼ばれるが、その場合、鳥居峠方面にある支城「松尾城」は松尾古城と区別して呼ばれる。ただ築城時期を鎌倉時代とすると、松尾古城の方が古いという訳ではなくなり、はっきりしていない面が多い。

歴史
築城は天文年間(1532-55)(真田幸隆)と伝えられるが、発掘調査によると縄張りは鎌倉時代の古い様式が見られ、真田氏以前にも山城が存在していたと考えられている。

天文10年(1541年)に武田信虎、諏訪頼重、村上義清連合軍との戦い(海野平の戦い)により、滋野氏嫡流の海野棟綱と共に真田幸隆は本領を奪われる。この当時の真田本城については資料が残されておらず、不明な点が多い。ただ、村上氏が支城の一つである戸石城を小県郡支配の拠点として使っていた。

天文20年(1551年)に、武田信玄の命を受けた幸隆が戸石城を奪取して小県の本領を回復した後、幸隆・信綱・昌幸の三代に渡って真田本城およびその支城群が整備され、上田城に移るまで真田氏の本城であったと考えられている。

真田本城の支城群
松尾城松尾古城):鳥居峠(吾妻・上州)方面。鳥居峠を越えて岩櫃城沼田城と続く。
洗馬城・根小屋城・横尾城:地蔵峠(松代・北信濃)方面。洗馬城は真田氏最初の拠点。
伊勢崎城・矢沢城:上田方面
天白城・殿城山城:真田本城の後詰
内小屋城:平地に建てられた2代目の拠点。後背地に横尾城があるため、実質的には館と考えられる。
戸石城:実態は戸石城を中心とする山城群。村上氏時代に大幅に増改築された。...

真田本城の口コミ情報

如月外記シンタロー【桐】様[2016年12月18日]
大河ドラマ眞田丸で
きりと源二郎が座っている場面の
白い木が置いてあります。
しかし大河のような景色は
見れませんm(。≧Д≦。)m
改めて日本のCG技術は凄いと
思い知らされます。
ここは早朝に来ると..
落ち着きます。

土佐守紺タオル地むつ連銭様[2016年01月17日]
皆さんご存知とは思いますが、城跡から更に東側に長谷寺(ちょうこくじ) というお寺があります。この寺は真田家の菩提寺で、ここに真田幸綱、おばばさま、昌幸のお墓、信繁の供養塔があります。
真田の里へこられたら是非足をお運びください!

土佐守紺タオル地むつ連銭様[2015年12月23日]
近くの国道144号沿いに沢山真田グッズが売っている(もはや日本一では?)ゆきむら夢工房という施設があります!その横には美味しいケーキ屋さんがありますし、橋を渡ったところに真田温泉があります。山城を攻めたら湯治でもいかがでしょうか~

雪風薩摩守@第16駆逐隊様[2014年08月23日]
急坂ですが道が狭いのでレンタサイクルが便利です。
すぐ南に位置する天白城も真田本城と一緒に見ると、真田氏の城郭の素晴らしさに感動できます。
整備された真田本城と、本来の遺構の残る天白城を比較するのも面白いですよ(本郭後の巨大天然岩の切通しは一見です!)

león伊豆守大途様[2012年08月07日]
遺構等はあまり残っていませんが、山頂から見る真田の郷や付近の山々(戸石城等)の景色は綺麗でした。
車で山頂近くまで登れ、駐車場もあります。
車以外で付近を巡るには、観光案内所「ゆきむら夢工房」にて無料で借りれる電動アシスト付きレンタサイクルが便利でした
ただ、いくら電動アシスト付きとは言え、山あいの真田の郷を巡るには体力が必要です

傾奇揚げ仙兵衛様[2012年05月19日]
駐車場の脇に清水が涌いている。コップ有り

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore