真田氏館(さなだしやかた)

真田氏館の基本情報

通称・別名

所在地

長野県上田市真田町本原御屋敷2962-1他

旧国名

信濃国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

真田幸綱

築城年

永禄年間〜天正2年(1558〜1574)

主な改修者

主な城主

真田氏

廃城年

天正13年(1585)

遺構

曲輪、土塁、厩跡

指定文化財

県史跡(真田氏館跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

真田本城(長野県上田市)[1.3km]
横尾城(長野県上田市)[2.2km]
戸石城(長野県上田市)[2.4km]
松尾古城(長野県上田市)[4.0km]
上田城(長野県上田市)[7.2km]
葛尾城(長野県埴科郡)[13.7km]
岡城(長野県上田市)[14.2km]
小諸城(長野県小諸市)[14.7km]
塩田城(長野県上田市)[15.3km]
荒砥城(長野県千曲市)[17.0km]

真田氏館の解説文

真田氏館は、信濃の武将であった真田氏が居住した館。

真田幸隆が築き、その子である真田昌幸が上田城を築くまでの間に居館としていたとされる。

現在も同地は「御屋敷」と呼ばれており、跡地は御屋敷公園として整備され土塁などの遺構も確認することが出来る。隣接地には真田氏歴史館という施設も整備され、真田氏ゆかりの品々を見る事が出来る。

真田氏館の口コミ情報

2020年11月03日 来月Xデー副将軍マイリバ
伊勢崎城(虚空蔵城)[真田氏館  周辺城郭]

~ 上田ローマン橋下の解説板より ~

伊勢崎城跡

虚空蔵山山頂にあり、砥石城の前衛城として築かれ、伊勢崎砦とも呼ばれる。虚空蔵山脚下は深い谷で神川の急流が崖を食み、自然の要塞となっている。慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いの時、徳川秀忠率いる徳川の大軍が上田城を攻めてた折、真田昌幸は神川の水をせき止めて虚空蔵山に兵を隠し、神川のせきを切って徳川軍に大打撃を与えた場所とも伝わる。この城は、神川とともに上田城の東方を固め、ふるさと存亡の危機に、救国の一役を担ったのではないだろうか。今も土塁などが残り、城跡の面影を残している。

平成31年2月 神科まちづくり委員会

2019年05月26日 龍馬備中守【】
真田氏館



主郭全体を土塁で囲む☆(手前)厩跡を区画する☆搦め手側の西側の背後の山に真田本城を控える☆本拠地を上田に移す前の真田氏の居館☆

2019年05月05日 わる爺陸前守
西曲輪[真田氏館  遺構・復元物]



躑躅の花が咲く頃が一番。躑躅側が曲輪、中央横切る緑の線が土塁。直ぐ観える山が米山城跡、砥石城跡。

2016年05月25日 海平〜左衛門佐紺絹地六連銭
真田氏館

お屋敷の北側には真田歴史館があります。
資料館のなかには、大河ドラマで実際に使われた甲冑や草の者の武器等が展示してあり、真田太平記好きには堪らないスペースになっています!

2016年05月21日 海平〜左衛門佐紺絹地六連銭
真田氏館

5月中旬にはには躑躅の花が満開になりますよ!赤備えの大軍の如し(笑)

2012年02月23日 赤いRVR右京大夫@松本
真田氏館

四囲に土塁が全周する真田氏の本拠居館跡。近年西郭も整備されて、立ち入れるようになった。ここも周囲はマレットゴルフ場になっているが、大きな改変はなさそうです。東に隣接して、真田資料館(大人200円)があるので、こちらもどうぞ。ここで真田氏関連の情報をゲットできます。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore