五稜郭(ごりょうかく)

五稜郭の基本情報

通称・別名

柳野城

所在地

北海道函館市五稜郭町本通1

旧国名

蝦夷国

分類・構造

稜堡式

天守構造

なし

築城主

徳川幕府

築城年

元治元年(1864)

主な改修者

主な城主

旧幕府軍(蝦夷共和国)

廃城年

明治2年(1869)

遺構

石垣、土塁、横堀(水堀)

指定文化財

特別史跡(五稜郭跡)

再建造物

箱館奉行所、石碑、説明板

周辺の城

四稜郭(北海道函館市)[3.4km]
弁天台場(北海道函館市)[5.1km]
志苔館(北海道函館市)[6.4km]
茂別館(北海道北斗市)[12.9km]
戸切地陣屋(北海道北斗市)[13.1km]

五稜郭の解説文

五稜郭(ごりょうかく)は、江戸時代末期に現在の北海道函館市に建造された城郭および当時日本で建造された星形の城郭の通称。長野県佐久市の龍岡城(未完成)も五稜郭として知られるが、一般的に「五稜郭」といえば函館のそれを指す。

当時の正式名称は亀田役所土塁(柳野城とも)。国の特別史跡に指定され、「五稜郭と箱館戦争の遺構」として北海道遺産に選定されている。

概要
日米和親条約締結による箱館開港に伴い、防衛力の強化と役所の移転問題を解決するために徳川家定の命により築造された。設計を担当したのは洋式軍学者の武田斐三郎。大砲による戦闘が一般化した後のヨーロッパにおける稜堡式の築城様式を採用し、堡を星型に配置している。総面積、74,990坪(約247,466平方メートル)、施工は土工事を松川弁之助、石垣工事は井上喜三郎、奉行所の建築には中川源蔵が請け負った。

当初は外国の脅威に立ち向かうために築造が計画されたが、脅威が薄れていくとともに築造の目的が国家の威信になった。

構造
費用不足もあって、当初の計画は縮小された。半月堡も大手口に一箇所しか造られなかった。本来のヨーロッパの稜堡式の築城様式なら、半月堡は二重、三重に築かれ縦深防御を構成したが、たった一箇所の半月堡ではかなり見劣りがする。また箱館開港時に政庁箱館奉行所がおかれた。背の高い建造物は大砲の標的になるために築かないので、政庁を置くスペースがなく、純軍事施設として建造されるのが、本来の稜堡式の築城様式であり、それに反している。

当時の日本の城郭は、政治的変化や戦争と銃砲の発達を経験したヨーロッパと異なり、居住施設である宮殿と軍事施設である要塞の分離がほとんど行われておらず戦国時代以前の日本の伝統としては、朝鮮半島式の軍事施設(山城)と居住施設の分離だが、戦国時代の鉄砲伝来による防御力の増大により、居住施設と軍事施設の一体化へと発展していった。その後ヨーロッパでは逆に大砲の発達による居住施設と軍事施設の分離の方向へと発展していったが、日本では戦国時代の終焉により軍事技術が停滞した。また、一国一城令などによって一部の例外(仙台藩の要害や薩摩藩の根小屋など)を除いて純軍事施設としての城郭は破棄され、残った「一国に一つ」の城は、居住施設を兼ねるものがほとんどになった。、居住施設(五稜郭の場合は役所)と軍事施設を兼務していた。そのため見かけだけの西洋式築城であるという評が一般的である。五稜郭以外に洋式築城が用いられたのは龍岡城や明治維新後の松尾城などであり、このほかに前橋城が部分的に擬似洋式築城を用いている。また、松前城や五島石田城など純和式の城郭に砲台を追加したものなども築造された。そのような旧式の城郭が大砲を備えた近代戦の攻防戦の舞台となればどういう目に遭うかは、会津若松城白河小峰城の休戦後の写真を見ればわかる。

実際、箱館戦争の際、写真にあるように箱館奉行所の建物の天辺にある楼閣が、官軍の軍艦の艦砲射撃の格好の的になった。それを知った旧幕府軍は慌てて楼閣部分を撤去したが、射撃角度をかなりの精度で知られてしまい、要塞内に次々と着弾。最早この時点で要塞としての機能は麻痺していた。

防御壁としては土塁を築き、砲弾のショックを吸収するのが稜堡式の築城様式の特徴である。しかし、五稜郭の場合は土塁を築こうにも北海道の寒冷な気候に適合せず、冬の間に凍った土塁が、春に温かくなると崩壊するという困難に直面した。そのためわざわざ石垣を築き、その上に土を盛るという手間をかけている。なお、土塁に固執しなくとも、南北戦争のサムター要塞のように、柔らかい煉瓦を使うという方法もあった。

一番の問題としては、既にヨーロッパでもこのような稜堡式の築城様式は、いささか旧式化していたことである。堡塁を重ねるのは小銃を防御兵器として用いるための方式であり、当時のヨーロッパでは大砲を掩体壕に据えての防御へと移行しつつあった時期である。現に同時期の普仏戦争において、フランスの稜堡式の要塞はプロイセン王国軍に簡単に突破・攻略され、要塞形式として旧式化していることを露呈していた(稜堡式の陣地を築いた例は近現代でもあるが、あくまで野戦築城であり、恒久的な要塞としての築城例は無い)。ちなみに同時期に東京湾に築かれた台場は、大砲を用いる要塞施設である。

歴史・沿革...

五稜郭の口コミ情報

五瓜ニ唐花紋右大臣や〜きみ様[2017年05月08日]
デカイです。
駐車場あり。
外郭お堀の外を一周もかなり時間が掛かります。
タワーを登って上から見てもそこそこ時間が掛かります。

縄張りのなかも広いし、建物内部(庁舎跡)の展示はかなりハイテクで案内人のスタッフもかなり教育されてる感じで、館内城郭内も歩くとかなり時間を使います。
じっくり堪能すると半日位いてしまうかも。

まなやん1960様[2017年02月18日]
2016年10月24日に、函館北斗駅よりレンタカーにて訪問しました。

へルマン君様[2013年09月29日]
引っ越した友人宅訪問の際訪れました。桜~きれいでした!

函館陸奥守雄一郎様[2013年04月29日]
桜はまだつぼみも出てない状態です。GWには間に合いそうもありません。

函館陸奥守雄一郎様[2013年04月01日]
今年の桜開花予想日は4/30です♪

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月11日]
復元中の箱館奉行所に拭かれている瓦は、福井産の越前赤瓦。事前の発掘調査で赤瓦が出土したことから。
会津若松城も旧来の赤瓦に拭き直し。寒冷地に強い赤瓦です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore