茂別館(もべつだて)

茂別館の基本情報

通称・別名

所在地

北海道北斗市矢不来129他

旧国名

蝦夷国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

安東盛季

築城年

嘉吉3年(1443)

主な改修者

主な城主

安東氏、茂別氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

国史跡(茂別館跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

弁天台場(北海道函館市)[8.2km]
戸切地陣屋(北海道北斗市)[9.4km]
五稜郭(北海道函館市)[12.9km]
四稜郭(北海道函館市)[15.1km]
志苔館(北海道函館市)[18.0km]

茂別館の解説文

茂辺地川左岸の丘陵地南端(標高役34m)に、道南12館の一つである国指定史跡「茂別館跡」がある。

嘉吉3年(1443)、津軽の管領・安藤太郎盛季が南部義政に十三湊を攻略され、さらに小泊も奪われ蝦夷島に渡った時、館を造ったのに始まる。のち安東政季、茂別(下国)家政が守備した。

長禄元年(1457)5月、コシャマインの戦いの時、道南の10館は相次いで攻め落とされたが、ここ茂別館と上ノ国花沢館だけが堅く守って屈せず辛うじて残ったという。

この茂別館跡は、南の大館、北の小館から成り、自然の沢で区画されている。大館、小館とも北・東・南の三方に土塁を巡らしており、館内部には仕切状の土塁が認められる。道南に存在する同時代の館跡のなかでも最も雄大な館跡の一つであり北海道中世期の貴重な史跡である。

*道南いさりび鉄道「茂辺地駅」より徒歩約20分

情報提供:北斗市教育委員会社会教育課

茂別館の口コミ情報

イオニア大炊頭様[2016年11月06日]
茂別地駅近所の矢不来天満宮が跡地で城碑と説明板があります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore