寺部城(てらべじょう)

寺部城の基本情報

通称・別名

寺部陣屋

所在地

愛知県豊田市寺部町1-1-1

旧国名

三河国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

鈴木重時

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

主な城主

鈴木氏、本多氏、田中氏、渡辺氏

廃城年

不明

遺構

曲輪、土塁、堀、移築門

指定文化財

市史跡(寺部城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

挙母城(愛知県豊田市)[2.6km]
古瀬間城(愛知県豊田市)[4.0km]
奥殿陣屋(愛知県岡崎市)[7.7km]
堤本地城(愛知県豊田市)[9.5km]
松平氏城館(愛知県豊田市)[9.6km]

寺部城の解説文

寺部城(てらべじょう)は、現在の愛知県豊田市寺部町にあった城(平城)。

歴史
寺部城は、文明年間に鈴木下野守重時によって築かれた。鈴木氏は、寺部城を本拠に高橋荘東部を支配していた松平氏と対立した。

天文2年には岩津城外で、鈴木重教は松平清康と戦い、永禄元年には鈴木重辰が 松平重吉・元信と戦うなど、松平氏との攻防を繰り返した。城は、永禄9年、織田氏の重臣佐久間信盛によって攻められ落城した。

その後、慶長15年に尾張徳川家家老の渡辺守綱が寺部に入封し、一万四千石を領した。守綱は、寺部城址に陣屋を構えて、以後渡辺氏が代々相続して明治時代まで至った。河内国伯太藩の大名渡辺家は分家にあたる。

現在
現在の城址は、寺部城址の森公園となっている。陣屋門が移築現存している。また、書院・又日亭は、豊田市内の七州城(挙母城)敷地内に移設復元されている。

寺部城の口コミ情報

うめさん治部少輔様[2017年08月28日]
城跡から東へ約400mに歴代寺部領主の菩提寺があります。初代守綱公の名と同じ守綱寺です。この寺のすぐ近くに家臣の松本家と遊佐家の長屋門があり、無料公開されています。内部は資料館となっています。松本家はガイドさんが詳しく案内してくれました。しかも渡辺守綱公が祖先の渡辺さん!遊佐家は子孫の奥方様が説明してくれます。無料パンフレットも頂けます。登城の折りには是非、行ってみて下さい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore