山形城(やまがたじょう)

山形城の基本情報

通称・別名

霞城、霞ヶ城、吉字城

所在地

山形県山形市霞城町1(霞城公園)

旧国名

羽前国

分類・構造

輪郭式平城

天守構造

御三階櫓[3重3層/1622年築?/破却]

築城主

斯波兼頼

築城年

正平11年〔北朝〕/延文元年〔南朝〕(1356)

主な改修者

最上義光、鳥居忠政

主な城主

最上氏、鳥居氏、堀田氏、秋元氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)、移築門、移築御殿

指定文化財

国史跡(山形城跡)

再建造物

二の丸東大手門、大手橋、石碑、説明板

周辺の城

平清水館(山形県山形市)[3.5km]
山家城(山形県山形市)[3.7km]
中野城(山形県山形市)[5.8km]
成沢城(山形県山形市)[5.9km]
長谷堂城(山形県山形市)[6.8km]

山形城の解説文

山形城(やまがたじょう)は山形県山形市霞城町にあった城である。別名で霞城(かじょう)、霞ヶ城(かすみがじょう)と呼ばれる。また、吉字城とも呼ばれた。国の史跡に指定されている。

概要
おおよそ基礎は、最上義光の時代につくられ、鳥居忠政の時代に現在の形に整えられたものである。江戸時代には山形藩の政庁が置かれた。

現在は、そのほとんどが失われ、二の丸跡が霞城公園として残されている。建造物では、大手南門が、市内の万松寺山門として移築され現存する。また、市内八日町宝光院の本堂は、御殿の建物を移築したものといわれている。(県指定文化財)

山形市は、平成21年度(2009年)までに本丸一文字門の枡形および高麗門、本丸土塀を復元する計画である。しかしながら、本丸一文字門は写真資料、設計資料ともに残っていない。本丸北不明門の設計資料は山形市内に現存している。

歴史・沿革
近代以前
1356年斯波兼頼が羽州探題として山形に入部、1357年には、初期の山形城が築城される。
最上義光が、慶長年間に城郭を拡大、城下町を整備し、関ヶ原の戦いの功で得た出羽57万石の本城となる。
最上氏が転封された後、鳥居忠政により、改修がなされる。
鳥居氏以後、たびたび藩主の変更があり、改修もなされたが、山形藩を治める藩主の石高も減少したため、江戸中期以降は城の維持が困難になる。幕末には本丸は更地で、御殿も二の丸に置かれ、三の丸の西半分は田畑となっていた。

近代
明治時代、城が売りに出されると、山形市が購入し、陸軍の駐屯地を誘致した。歩兵三十二連隊の兵営敷地となり、城内の櫓や御殿は破却され、本丸は埋め立てられた。三の丸の堀も埋め立てられ耕作地として利用された。
日露戦争凱旋を記念して歩兵三十二連隊の帰還将兵が、明治39年に周囲にソメイヨシノを植林。以降桜の名所となった。

現代...

山形城の口コミ情報

やさぐれ征夷大将軍やなんちゅ様[2015年10月24日]
本丸内の公開
公開期間 4月中旬から10月下旬まで
公開時間 午前9時30分から午後4時まで
※時期によって閉鎖時間を調整します

山野辺外記義忠様[2015年07月30日]
現在も、三の丸堀跡付近(北と東)で発掘調査が行われています。
これは、道路拡張に伴うもの。道路工事が完全に終了してしまえば見られなくなります。
説明会等は無い模様です。
興味のある方は、今のうちです。

土佐守土佐っ子様[2015年01月01日]
城の東にある最上義光歴史館は、入場無料、ガイド無料です。ぜひご利用下さい。

那賀大蔵丞景業様[2013年12月13日]
長らく閉鎖されてた本丸に入れるようになってました。井戸跡などが見学できます。

はせちゃん弾正忠様[2013年08月06日]
8/31 発掘調査現地説明会が開催されるようです

コロ助様[2013年07月20日]
本丸一文字門の高麗門が完成していました。でも、近くには寄れないので遠目に眺めるだけです。
百名城スタンプを押しがてら二の丸東大手門櫓の方に聞いたら、最近完成したばかりだそうです。また、山形城には、昨日までの大雨の影響は特に出ていないそうです。

山野辺外記義忠様[2013年05月13日]
復元工事中の山形城本丸一文字門の高麗門が7月に完成予定です。桝形土塀が完成後、発掘調査中の本丸内を見学出来るようにするようです。
公園内の整備完了は20年後の予定。
山形新聞25年5月6日より

摂津守独眼竜梵天丸様[2013年05月02日]
現在本丸復原整備中であり、本丸一文字門の石垣も復原されていた。そこに櫓門でも造られるのか大きなシートに覆われていた。
二ノ丸東大手門櫓内は無料公開中であり4月から11月まで9時30分から5時までですので近くの最上義光歴史館と一緒にどうぞ。
また最上氏時代の三ノ丸位置や土塁と堀が櫓内の展示物で見れましたので現地確認、北門から200mほどの公園や山形駅正面大きな道路を国道13号に向け400mの所に土塁跡が確認できます。

山野辺外記義忠様[2013年01月09日]
ちょっと前の新聞を見ていたら、「天守閣造りたかったか?」との見出し。
慶長10年頃に書かれた5層の天守閣断面図があり、天守閣建造も計画したのかもしれないとの内容だった。
5層天守閣の山形城、想像が膨らみます。

常陸入道ねんさい和泉守様[2012年09月16日]
山形駅に無料のレンタサイクルがあるのでオススメ、今は復元した東大手門に入れる。城内にある野球場などの施設を撤去して、城跡を復元整備する予定、完成はだいぶ先との事。

はせちゃん弾正忠様[2012年07月06日]
7/7 10:30〜発掘調査現地説明会が実施されますよ

近くの方は是非どうぞ

さくら主膳佑にゃ〜様[2011年08月25日]
2011年8月27日(土)10:30〜現地説明会が実施される様です…が詳細も判らず知ったのも直前なので参加出来ず。無念(>_<。

山野辺外記義忠様[2011年05月18日]
霞城公園北側だけかと思ったら、城南陸橋から西進した所でも発掘調査していた。

山野辺外記義忠様[2011年05月18日]
最近、霞城公園二の丸北門の北側、文翔館から西進したところで三の丸堀跡を発掘調査中。道路拡張工事の為の緊急発掘だろう。

山野辺外記義忠様[2011年05月08日]
昨日、古い航空写真を見ていたら、霞城公園の野球場の位置がおかしいことに気付いた。昭和40年には、今の位置に工事中と思われる、内野席スタンドが見えた。戦後、霞城公園には2回野球場が造られている事になる。本丸跡北半分は壊滅したのではなかろうか。

可児おじさん正木丹波様[2010年09月05日]
山形県が「左を向いた顔」の形というのは有名な話ですが、地図を見ていると、堀で囲まれた現在の霞城公園も同じ横顔に見えてきます
その首元に位置する山形市郷土館の裏手には、1584年に最上義光が谷地城主・白鳥長久を謀殺した際にその首を乗せたと云われる首洗い石鉢が残っています
また、駅の西側にばかり目が向けられがちの山形城ですが、駅の東側にある山交ビルの近くには市街地にもかかわらず三の丸土塁が「どっこい生きてる」というカンジで残っています

磐城守景綱様[2010年08月19日]
最近新たに義光公の城下と思われる絵図が2枚発見され、2010年10月11日までの期間限定で山形城近くの『最上義光歴史館』で展示しています。
最上義光が築いた城下としてこれまでに伝えられている絵図よりも新たに発見された絵図は前の城下を描いていると推測されているそうです。

磐城守景綱様[2010年08月06日]
夏に相応しい?山形城に纏わる怪談話を…。
山形城にはその昔、最上義光に騙し討ちにあい満開の桜の木の下で絶命したという白鳥長久の『血染めの桜』があったそうです。
その桜は長久の怨念か桜の花は以来、血色の花を咲かせるようになったそうです。
桜の季節、ライトアップされた義光公の銅像付近にあるピンクの垂れ桜はまるで『血染めの桜』を想わせる幻想的な紅色に見えます。

磐城守景綱様[2010年07月27日]
7月18日の山形新聞より。
山形城二ノ丸発掘調査で巽櫓と太鼓櫓の跡が初めて確認されたとの記事が掲載。
記事に掲載された写真は巽櫓の遺構だそうです。

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月25日]
[武将像]最上義光像
二ノ丸東大手門内に騎馬像が鎮座。

伊達雅楽助あいり様[2010年06月11日]
歴史館にある義光の兜は長谷堂の合戦の際に被弾した跡が生々しいのが見物ですね。前立ては再現したものらしいですが。

のぼちゃん陸奥守様[2010年06月07日]
車ですと国道112(城北歩道橋の所)から中に入れます。(野球場の所に駐車場あり)最上義光の騎馬像や外堀、大手門、櫓があり、かなり大きいスケール感があります。本丸は、内堀と石垣があり、順次復元中です。天守は、図面がなく、再現できないようで探しているようです。最上義光記念館に長谷堂の戦い屏風と義光の鎧が展示されてます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore