楯岡城(たておかじょう)

楯岡城の基本情報

通称・別名

舞鶴城

所在地

山形県村山市楯岡楯山

旧国名

羽前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

前森今嶺

築城年

承元2年(1208)

主な改修者

主な城主

前森氏、本城氏、楯岡氏、中山玄蕃、山野辺義忠、鮭延愛綱、多田氏

廃城年

元和8年(1622)

遺構

曲輪、石積、横堀(水堀)、横堀(空堀)、切岸、堀切

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

長瀞城(山形県東根市)[3.5km]
東根城(山形県東根市)[5.0km]
富並城(山形県村山市)[7.6km]
谷地城(山形県西村山郡)[9.5km]
中堀館(山形県天童市)[10.9km]

楯岡城の解説文

楯岡城(たておかじょう)は、山形県村山市楯岡楯(旧・北村山郡楯岡町)にある中世の山城跡。

歴史・沿革
承元2年(1208年)、前森氏の築城とされる。

弘長元年(1261年)に本城氏が入り、応永十三年(1406年)に最上満直の四男、楯岡満国が入った。

のちに最上義光の弟楯岡光直が城主となるが、光直は義光の死後最上家家臣と跡目相続で対立し、それが原因で元和8年(1622年)に最上氏は改易となり、楯岡城も廃城となった。

現在は、一部が東沢公園として整備され、ハイキングコースとなっている。

構造
根小屋式山城である。

山城部分は、東西400メートル、南北200メートルに及ぶ西楯山と、東西200メートル、南北150メートルの中楯山からなり、周囲を断崖絶壁で囲まれた要害である。

根小屋となる城主居館は山の南側、現在村山市立楯岡小学校がある地域にあったらしい。

考古資料
遺構
山の頂上部とその周辺に郭が存在し、南側斜面に石垣が残っている。...

楯岡城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore