延沢城(のべさわじょう)

延沢城の基本情報

通称・別名

霧山城、野辺山城

所在地

山形県尾花沢市延沢三日町

旧国名

羽前国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

延沢満重

築城年

天文16年(1547)

主な改修者

主な城主

延沢氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、空堀

指定文化財

国史跡(延沢銀山遺跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

楯岡城(山形県村山市)[11.1km]
富並城(山形県村山市)[11.6km]
長瀞城(山形県東根市)[14.6km]
東根城(山形県東根市)[15.1km]
一ノ城館(宮城県加美郡)[18.7km]

延沢城の解説文

延沢城(のべさわじょう)は、日本の城。霧山城や野辺沢城とも呼ばれた。国の史跡に指定されている。

概要
標高297メートルの丘陵の上にあった連郭式の山城。
城跡(本丸跡)には
 目通り7.35メートル、樹高26メートル、推定樹齢1,100年ほどの大杉(県指定天然記念物)
 櫓門跡や枡形門跡など。
 天人清水(小さな池)。

沿革
1547年(天文16年) - 初代城主延沢薩摩守満重によって築城されたと伝えられている。延沢氏は後に天童八楯の一員。
1622年(元和8年) - 仕えていた最上家取り潰しにより幕府に没収。
1667年(寛文7年) - 幕府の手によって城郭は破却されたといわれる。その際、三の丸にあった大手門を尾花沢市龍護寺に移築したものとされる。
1955年(昭和30年)10月25日 - 延沢城本丸跡の大杉が「延沢城跡のスギ」として山形県指定天然記念物となる。
1962年(昭和37年)11月27日 - 尾花沢市龍護寺の山門(旧延沢城三の丸大手門を移築)が尾花沢市指定有形文化財となる。
1985年(昭和60年)12月21日 - 「延沢銀山遺跡」の一部として国の史跡に指定される。

延沢城の口コミ情報

縫殿助剛太犬様[2016年10月16日]
規模が大きく、そこそこ登るので、ある程度の準備をした方がいいと思う。遺構は枡形や天人水近くの堀切に見応えがある。

三沢出羽守伊兵衛様[2012年05月04日]
常磐中学校への入り口に公民館駐車場があります。中学校の脇に本丸への登り口があり、途中で本来の大手道に合流しているようです。297mの古城山に築かれた山城で曲がりくねった急峻な道が続きます。頂上に本丸・ニの丸があり、連郭式の曲輪や桝形門跡などが残ってます。本丸跡には県天然記念物の大スギがあります。駐車場で近所のオジサンにパンフをいただきました。普段は公民館でもらえるとか。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore