小国城

(おぐにじょう)

通称・別名

所在地

山形県最上郡最上町本城

城郭構造
山城
天守構造
築城主
小国光基
築城年
天正12年(1584)
主な改修者
主な城主
蔵増(小国)氏
廃城年
元和8年(1622)
遺構
曲輪、土塁、空堀
指定文化財
再建物
説明板
周辺の城
新庄城(新庄市) 20.2km
一ノ城館(加美郡) 21.3km
金山城(最上郡) 21.4km
延沢城(尾花沢市) 21.5km
鮭延城(最上郡) 26.0km

小国城口コミ情報

逢瀬様[2017年05月02日]
近所の爺さんの話だと何十年前に山火事があって、それまでは畑になってたとか。
そのおかげか、段々畑?曲輪?形がはっきり残っていて登るとワクワクしてくるいい山城、楽しい。ただ杉杉してる。あと公民館の前の爺さんの畑に井戸が発見された模様。遺構かどうかはわからない、頼むと見せて見せてもらえる。

中務少輔きたろう三世様[2014年06月06日]
大手道の表示はあるが、いまいち分かりにくいので、大抵の場合は、十日町公民館から搦め手を登ることになると思う。途中から道が2つに分かれるが、山の神から登る道が本来の道だと思われる。主郭背後は浅い堀で区切られ、更に後ろの郭は大規模な切岸で遮断されているが、この造りは、同町内のにある支城の富沢楯にも共通している。

最上町内には、細川氏、最上氏関連の志茂ノ手館、太郎田楯、月楯など、良好な遺構が残る城址が多く、こちらもお勧め。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore