小国城(おぐにじょう)

小国城の基本情報

通称・別名

所在地

山形県最上郡最上町本城

旧国名

羽前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

小国光基

築城年

天正12年(1584)

主な改修者

主な城主

蔵増(小国)氏

廃城年

元和8年(1622)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

新庄城(山形県新庄市)[20.2km]
一ノ城館(宮城県加美郡)[21.3km]
金山城(山形県最上郡)[21.4km]
延沢城(山形県尾花沢市)[21.5km]
鮭延城(山形県最上郡)[26.0km]

小国城の解説文

小国城(おぐにじょう)は、山形県最上郡最上町本城にあった日本の城。形式は山城である。

歴史・沿革
城が建立されたはっきりとした年は分かっていないが、戦国時代に現在の最上町域(小国郷)を支配した細川直元が「岩部の館」を築いたとされ、これが小国城の起源と言われる。

細川直元は、天童城主天童頼澄と同盟して、最上義光に敵対していたが、義光が天童氏を滅ぼすと、天正8年(1580年)に小国郷にも攻め込んできた。山刀伐峠を越えて攻め込んだ最上軍に対し、赤倉温泉付近にある平原、万騎ヶ原で迎え撃つがあえなく敗退、直元は討ち死にして細川氏は滅亡、小国郷は最上氏の領地となった。

義光は、万騎ヶ原の戦いで戦功があった家臣の蔵増光忠(くらぞう あきただ、蔵増安房守)に小国郷を与えた。蔵増光忠の嫡子光基は、家督を受け継ぐと地名を取って改姓し小国光基(おぐに あきもと)と改名し、岩部の館を改修して小国城となった。

その後、小国氏の居城として使われていたが、主家・最上氏が家督相続にまつわるお家騒動(最上騒動)で元和8年(1622年)に改易されると、小国氏も佐賀藩鍋島家預かりになって小国郷を去り、小国城は廃城となった。

構造
絹出川の南側に延びた標高290mの丘陵に位置している。山の北端を頂点にして本丸とし、南側に階段状に斜面を削って各郭を置いている。北端の背後には、尾根を利用した空堀とし、東側の谷にも郭を配置している。山麓には城下町を置いて、その周りを柵で囲っていたとされる。

アクセス
陸羽東線最上駅から徒歩20分程度。いわゆる向町地区の東端に当たる本城地区の裏山が小国城である。

小国城の口コミ情報

逢瀬様[2017年05月02日]
近所の爺さんの話だと何十年前に山火事があって、それまでは畑になってたとか。
そのおかげか、段々畑?曲輪?形がはっきり残っていて登るとワクワクしてくるいい山城、楽しい。ただ杉杉してる。あと公民館の前の爺さんの畑に井戸が発見された模様。遺構かどうかはわからない、頼むと見せて見せてもらえる。

中務少輔きたろう三世様[2014年06月06日]
大手道の表示はあるが、いまいち分かりにくいので、大抵の場合は、十日町公民館から搦め手を登ることになると思う。途中から道が2つに分かれるが、山の神から登る道が本来の道だと思われる。主郭背後は浅い堀で区切られ、更に後ろの郭は大規模な切岸で遮断されているが、この造りは、同町内のにある支城の富沢楯にも共通している。

最上町内には、細川氏、最上氏関連の志茂ノ手館、太郎田楯、月楯など、良好な遺構が残る城址が多く、こちらもお勧め。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore