新庄城(しんじょうじょう)

新庄城の基本情報

通称・別名

沼田城、鵜沼城

所在地

山形県新庄市堀端町6

旧国名

羽前国

分類・構造

輪郭式平城

天守構造

不明

築城主

戸澤政盛

築城年

寛永2年(1625)

主な改修者

戸澤政盛

主な城主

戸澤氏

廃城年

明治元年(1868)

遺構

曲輪、石垣、土塁、櫓台、横堀(水堀)

指定文化財

市史跡

再建造物

碑、説明板

周辺の城

鮭延城(山形県最上郡)[9.4km]
清水城(山形県最上郡)[9.6km]
岩鼻館(山形県最上郡)[10.3km]
金山城(山形県最上郡)[13.9km]
嘉門館(山形県最上郡)[16.9km]
小国城(山形県最上郡)[20.3km]
高坂館(山形県最上郡)[23.1km]
富並城(山形県村山市)[25.7km]
立谷沢城(山形県東田川郡)[26.0km]
延沢城(山形県尾花沢市)[26.8km]

新庄城の解説文



新庄城(しんじょうじょう)は、現在の山形県新庄市堀端町にあたる出羽国(羽前国)最上郡[1]新庄[2]にあった日本の城(中世の平城)である。別名沼田城(ぬまたじょう)、鵜沼城(うぬまじょう)と呼ばれる。新庄市指定史跡。

概要 

新庄城は、新庄藩6万石(のちに6万8200石)の本拠として寛永2年(1625年)、戸沢政盛により現在の山形県新庄市堀端町に築城された平城。本丸の南側に出丸のように小さな二の丸が並列状に配置され、その外側を三の丸が囲む形である。本丸及び二の丸、三の丸の堀の水は城の北を流れる差指野川(さすのかわ)から引かれた。三の丸堀(二の堀)の反対側に当たる現在の堀端町は、家老などが住む侍屋敷があった。 最上氏改易後に入封した戸沢政盛は当初真室城(鮭延城)に入城したが、手狭であることと、山城のための不便さから幕府に願い出て、当地に築城した。なお、縄張は同一時期に山形城に入封した鳥居忠政によるものである。

1636年(寛永13年)に、火災によって三層天守が焼失したが再建されなかった。

慶応4年(1868年)の戊辰戦争では戦闘の舞台となった。当初、新庄藩は奥羽越列藩同盟に参加していたが、久保田藩(秋田藩)が新政府側へ変節したのに同調し、奥羽越列同盟から離脱した。これに激怒した庄内藩は新庄藩へと攻め入り、庄内藩兵と新庄藩兵の間で攻城戦が行われたが新庄城は陥落して、その大部分が焼失した。当時の藩主、戸沢正実は久保田藩へ落ち延びた。新庄城は同年のうちに廃城となった。

現在は、新庄城の建物のほとんどが失われ、本丸址に戸澤神社、護国神社、稲荷神社、天満神社がある。このうち、天満神社は城を創建した戸沢氏の氏神で、藩政時代から現存している唯一の建造物であり、県指定文化財(昭和63年(1987年)8月25日指定)になっている。新庄市老人福祉センターや新庄市保健センター付近では三の丸堀跡も確認できる。本丸跡、二の丸跡を含めた城跡は最上公園として市民に開放されており、新庄市出身の折下吉延による心字池がある。

また、最上地方随一の桜の名所として知られ、毎年4月20日前後に見頃を迎え、「カド焼きまつり」の会場となる。夏は天満神社の縁の祭りである新庄まつりが開催される。

城郭 

本丸には御殿(三層天守は落雷で焼失)、三の丸には藩の政庁が置かれた。

本丸
設備:御殿、土塁、濠、三層天守(落雷で焼失)、二重櫓3棟
現在は、本丸跡に「新庄城天守台跡」の碑。
二の丸
設備:土塁、濠
三の丸
表御門
現在は、石垣の一部が残り、「表御門跡」の碑(本記事右の写真(囲み概要の画像)も参照)。

城下 

城下町は羽州街道に沿って商家が集まり、城下各地に職人町が造られた。羽州街道は元々「東の道」と呼ばれて神室連峰の山裾を縫っており、城域から少々離れていたが、築城を機に城下を通るように変更された。同様に庄内地方からの道路も、本合海から新田川の川沿いを通って宮野、角沢、鳥越に至るルートであった(源義経の「東下り」もこのルートである)が、新庄藩によって長坂峠(現在の八向中学校前の坂)越えの道が開削され、福田、二軒(仁間)から城下へと向かう道になった。

現在も城下町当時の町割が残る地域があり、城下町によく見られるような曲がり道や丁字路が多い。

定期市が立つ町
五日町(南本町)、十日町(北本町)
馬市が立つ町
馬喰町(馬口労町) 藩主が馬で城外に出る「御馬出口」もここにあった。
職人町
鍛冶町
城下で最も栄えていた商家街
北本町、南本町 新庄城の正門に当たる大手門には、北本町と南本町の間から入る構造であった。
その他
鉄砲町、御長柄町、茶屋町
街道
羽州街道

交通 

  • JR東日本・山形新幹線(奥羽本線)新庄駅から徒歩15分。
  • 東北中央自動車道・東根ICから約50分。

新庄城の口コミ情報

2022年07月10日 FUKU
新庄城

此処も暑い🔥☀️暑い🔥☀️
石垣跡、水堀が残る現在の最上公園内に戸澤神社、新庄護国神社、天満宮が鎮座してます。やはり城跡は有効利用して貰ったほうが私は嬉しいです。

2022年06月26日 うっきー
新庄城



新庄駅から歩いて登城。10分ほどで到着しました。本丸跡には戸澤神社が建てられています。また四隅のうちの三隅には櫓があったようで、櫓跡の標柱が建てられています。

2022年06月05日 大場掃部助まーP
大手広丁案内柱[新庄城  碑・説明板]

大手御門から南本町に出る大通りの案内です。

2021年07月24日 弾正少弼マックイーン
新庄城



駅からまっすぐ、タクシーなら5分、歩いて15分くらいでした。本丸が最上公園として整備され、戸沢神社があります(御朱印も何種かあります)。途中にも三の丸のニノ堀跡などの札が立っており散策しやすいと思います。新庄に行かれたら、立ち寄る価値はあると思います。

2020年12月13日 【城郭道】尾張守たっきー
新庄城

戊辰戦争で当初は奥羽越列藩同盟側(旧幕府)だった新庄藩は途中から新政府側に属しました。そのため、奥羽越列藩同盟に属していた庄内藩を中心に攻撃されました。そして、新庄城に籠城していた戸沢氏はついに態勢不利と見て城門に木札を掲げて火をつけ、城を放棄しました。

その後、庄内藩が落武者狩りをしている時、少年を捕らえましたが『武士の情け』で少年に旅費を与えて解放しました。その少年の名は小磯忠之輔といい、大東亜戦争時の内閣総理大臣である小磯国昭の甥でした。これを知った時、城というのは一つ一つに色々な物語があるんだと感じました。
だから人々は城が好きになれるんですね。

2020年09月27日 藤陸奥守重真
新庄城



現在はお城と言うより神社ですが、水堀や石垣が良く残っています。戸沢神社で御朱印を頂くことができます。

2019年08月06日 
新庄城

JR新庄駅から、歩いても15分くらいのところにあり
最上公園、あじさい公園としても有名です。
城跡には、戸沢神社、護国神社、天満神社が祀られています。
新庄駅内の観光案内所には、レンタサイクルもあり、
1日(9時~17時)、300円だそうです。
案内所には、レンタサイクルのモデルコースのパンフレットもありますので、
時間のある方は、周辺を散策してみるのも、楽しいと思います。
御朱印を頂ける神社なども、パンフレットに載っていました。

2010年06月08日 のぼちゃん陸奥守
新庄城

国道47から県道36で行くと『最上公園』があり、外堀にかかる橋を通り、中の駐車場に入れます。(無料)敷地内には、戸沢神社、護国神社があり、入口に案内板がありました。裏手には、空堀もみえました。残念ながら周辺の施設にはたちよらなかったので、情報がある方は、追加して下さい。

新庄城の周辺スポット情報

 表御門跡(遺構・復元物)

 本丸(遺構・復元物)

 大手門跡(遺構・復元物)

 内堀(遺構・復元物)

 南門(遺構・復元物)

 北門(遺構・復元物)

 小納戸櫓跡(遺構・復元物)

 武器櫓跡(遺構・復元物)

 新庄城絵図(碑・説明板)

 西丁案内柱(碑・説明板)

 南御門跡(碑・説明板)

 二の堀跡案内柱&時鐘堂跡案内柱(碑・説明板)

 大手広丁案内柱(碑・説明板)

 大手御門跡案内柱(碑・説明板)

 二の丸跡(碑・説明板)

 三の堀跡(碑・説明板)

 御馬出口(碑・説明板)

 石川丁案内柱(碑・説明板)

 北御門跡案内柱(碑・説明板)

 町奉行所跡(碑・説明板)

 藩校明倫堂跡(碑・説明板)

 大手口案内柱(碑・説明板)

 トイレ(トイレ)

 駐車場(駐車場)

 最上公園(関連施設)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore