立谷沢城(たちやざわじょう)

立谷沢城の基本情報

通称・別名

所在地

山形県東田川郡庄内町科沢滝ノ沢

旧国名

羽前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

安達時重?

築城年

14世紀

主な改修者

主な城主

安達氏

廃城年

遺構

土塁、空堀

指定文化財

再建造物

なし

周辺の城

狩川城(山形県東田川郡)[11.0km]
嘉門館(山形県最上郡)[12.4km]
藤島城(山形県鶴岡市)[12.5km]
平形館(山形県鶴岡市)[13.0km]
大網館(山形県鶴岡市)[14.7km]

立谷沢城の解説文

※この城郭は2017年4月6日に名称と位置が変更となりました。

立谷沢城(たちやざわじょう)は山形県東田川郡庄内町科沢にあった城である。

遺構
月山を水源とし羽黒山の東を流れる最上川の支流、立谷沢川沿いに位置する山城である。

ただし、『大系』によるとその所在地は「科沢説」「木ノ沢説」など複数あり、いずれの地にも空堀や土塁の遺構が残るという。

『大系』の「山形県城郭分布図」では、立谷沢城の他に立谷沢川流域には尼公館を記すのみであるが、『山遺』では木の沢城や中嶋館など約5箇所の城館を認めており、これらは『大系』のいう各地に残る遺構が近年になって別の城館に比定されたか、または便宜上の名称を付与されたものと考えられる。なお『山遺』では、庄内町科沢滝ノ沢の立谷沢川右岸丘陵部を立谷沢城の所在地としている。

他に『大系』では、立谷沢川流域の地形が築城条件に恵まれているため、それぞれの城館の集合体を“立谷沢城”と総称したのではないかとする説も紹介されている。

歴史
南北朝争乱の只中にあった貞和3年(正平2、1347)、奥州を追われた南朝方の北畠顕信(北畠顕家の弟)が守永親王を奉じて出羽国へ入り、羽黒山富田坊衆徒が固めていた立谷沢城に拠った(『山埋』)。

翌貞和4年(正平3、1348)になると、北朝方である結城氏らが大軍をもって立谷沢城へと攻め寄せた。顕信は天険を活かしてよく戦ったが最後は力及ばず、城は北朝方によって攻略された。

落城後、顕信は城から落ち延び、延文元年(正平11、1356)藤島城(山形県鶴岡市)で再び挙兵するも敗れ、これにより庄内地方の南朝方勢力は壊滅したという(『大系』)。

交通
JR東日本陸羽西線(奥の細道最上川ライン)清川駅から車で約30分

参考文献
『山埋』:『山形県埋蔵文化財調査報告書 第25集 庄内藤島城跡』山形県教育委員会、1979年10月。
『大系』:『日本城郭大系 第2巻』新人物往来社、1980年。
『山遺』:『山形県遺跡地図』山形県教育庁文化財保護推進課、2010年3月。

立谷沢城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore