嘉門館(かもんのたて)

嘉門館の基本情報

通称・別名

角川館

所在地

山形県最上郡戸沢村角川字元屋敷

旧国名

羽前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

角川与次郎

築城年

不明

主な改修者

主な城主

角川氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、空堀、堀切

指定文化財

再建造物

周辺の城

清水城(山形県最上郡)[7.7km]
岩鼻館(山形県最上郡)[8.1km]
立谷沢城(山形県東田川郡)[12.4km]
新庄城(山形県新庄市)[16.9km]
狩川城(山形県東田川郡)[20.1km]

嘉門館の解説文

角川と長倉川の合流地点の北で、北方に張り出した丘陵の尾根に位置している。元屋敷の裏山となる。

この村の草分けである、早坂嘉門の先祖がいた館で、代々元屋敷に居を構えて今に至っているという。

くの字状に延びている尾根を巧みに利用している。主郭はくの字状の曲がりの部分に造っている。ここから北方への尾根に堀切、土塁で画し、曲輪が続く。さらに北端には、三条の土塁、堀切で遮断している。主郭の西側東側それぞれの急斜面の上に竪堀を造っている。南東部は二条の土塁と全部で五条の堀切で遮断している。傾斜のある尾根上に、堀切と土塁を多用している館である。

情報提供:山形県教育委員会

嘉門館の口コミ情報

中務少輔きたろう三世様[2014年08月02日]
地本の方の話。

この城は、庄内軍(武藤氏?)に攻められたが、山頂付近の攻防で撃退したとのこと。

城の周囲の川の上流には大きな屋敷が昭和の初期~中期?辺りまであったという。その家には厚さ10㎝以上もある古文書があり、城を含め地域の様々な事が書かれていたが、東京の大学の人に渡してしまったという。。

貴重なお話をありがとうございました。

中務少輔きたろう三世様[2014年08月02日]
大手口は、城跡を管理されている城主の子孫の方の敷地内にあるので、そちらに断ってから登城した(地元の方に聞けば、場所はすぐにわかる)。比高はそれほどでもないが、結構斜面は急。遺構は完存している上に、草刈り等でしっかりと管理されており、往時そのままの山城を堪能できる。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore