富並城(とみなみじょう)

富並城の基本情報

通称・別名

鬼甲城、富並楯

所在地

山形県村山市富並1

旧国名

羽前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

富並彦一郎

築城年

不明

主な改修者

主な城主

富並氏

廃城年

遺構

曲輪、腰曲輪、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

楯岡城(山形県村山市)[7.6km]
長瀞城(山形県東根市)[9.4km]
延沢城(山形県尾花沢市)[11.6km]
東根城(山形県東根市)[12.1km]
谷地城(山形県西村山郡)[12.6km]

富並城の解説文

南方に最上川の急流、難所があり、西方には深い渓谷、北は富並川の断崖に面した堅固な山城である。蝦夷館の特色を持つ古い城塞との説もあるが、遺構は完全に戦国期のもので、数次にわたって改造・拡張されている。

本丸である山頂曲輪の東側には数段にわたって帯・腰曲輪が設定されており、南東部に虎口があったと考えられる。南側には、二の丸・三の丸と呼ばれている広い曲輪が構築されており、大きな段差で守られている。西側にも大きな段差のある腰曲輪があり、下段には空堀があった。

北側は富並川の断崖である。比高30メートルほどの独立丘でありながら堅固な山城であったと考えられる。

城の南麓に1箇所、西の深沢集落には2箇所の寺屋敷跡がある。いずれも古く、また東の山麓には山王神社跡もある。

情報提供:山形県教育委員会

富並城の口コミ情報

磐城守景綱様[2010年06月08日]
『富並城』の名では地元の人でも知る人は少なく、『鬼甲城(オニカブトジョウ)』の名で通っています。
のぼちゃんの書き込み通り『鬼甲城跡』の矢印看板がありますが、雑草等であまり目立ちません。付近に『三郎兵衛蕎麦』の大きな看板があるので探す目印になると思います。

のぼちゃん陸奥守様[2010年06月07日]
国道347を走行すると『鬼兜城跡』の看板があり、細い道を入ってみると畑があり、そこから歩いて頂上にいくと石碑がありました。駐車場はなく、整備されていないので、わかりずらいですが、空堀は、確認できました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore