左沢楯山城(あてらざわたてやまじょう)

左沢楯山城の基本情報

通称・別名

左沢城

所在地

山形県西村山郡大江町

旧国名

羽前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

大江(左沢)元時

築城年

正平年間(1346〜1370)

主な改修者

左沢氏、最上氏、酒井氏

主な城主

左沢氏、最上氏、酒井氏

廃城年

元和8年(1622)

遺構

曲輪、帯曲輪、切岸、堀切

指定文化財

国史跡(左沢楯山城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

小漆川城(山形県西村山郡)[1.5km]
寒河江城(山形県寒河江市)[5.8km]
谷地城(山形県西村山郡)[9.9km]
寺津城(山形県天童市)[10.3km]
山野辺城(山形県東村山郡)[11.1km]

左沢楯山城の解説文

左沢楯山城(あてらざわたてやまじょう)は、出羽国村山郡寒河江荘左沢(山形県西村山郡大江町)にあった城である。

歴史
左沢(あてらざわ)は最上川の流れに臨み、五百川(いもかわ)渓谷を経て置賜地方と村山地方を結ぶ軍事上の要地であった。南方には鎌倉時代に築かれた富沢楯(大江匡朝築城)および対岸の伏熊楯(中山忠義築城:長崎中山氏の祖)があり、東には寒河江の平野が眺望できる楯山の上に左沢楯山城が築かれ左沢氏が入った。左沢氏初代元時は寒河江時茂の次男であり、時茂が南北朝の争乱に備えて白岩・柴橋・寒河江・溝延などに一族の子弟を配して守りを固めた際に、左沢に配置された。元時は応安元年/正平23年(1368年)最上氏との漆川の戦いで敗れ一族60数名と共に自害してしまうが、子孫は代々左沢楯山城を守る。

左沢氏から吉川宗家に養子として入った吉川政周が永正11年(1514年)に伊達氏との抗争で戦死して以後、左沢氏の系譜をたどることはできないが、天正2年(1574年)天正最上の乱で伊達側について立働く様子が見られる。天正12年(1584年)寒河江氏が最上氏により滅ぼされると最上氏の支配下にはいり、慶長出羽合戦では直江兼続配下の分隊による攻撃を受けたようである(『伊達家治家記録』『最上合戦記』)。元和8年(1622年)最上氏が改易になると左沢藩主酒井直次に引き継がれるが、寛永年間(1624年~1645年)小漆川(大江町左沢小漆川)に新城を築くまでその機能を果たした。

左沢楯山城跡は2009年に国の史跡に指定されている。

構造
本丸、二の丸、三の丸および三の丸北高地からなり、東西1300m、南北600mに及ぶ。本丸には城館と寒河江八幡宮から勧進された八幡社があり、鬼門にあたる東北部には巨海院が置かれた。二の丸頂上は千畳敷とよばれる平坦地になっており眺望がよい。三の丸は堀切により二の丸から切り離されており、堀切は左沢から寒河江・谷地・大石田へ通じる主要街道であった。三の丸南斜面および西端には寺社が配置され、現在でもその痕跡を見ることができる。

左沢楯山城の口コミ情報

常陸入道ねんさい和泉守様[2012年07月21日]
駅併設の交流センターで縄張り図入りのパンフレットがもらえる。城跡までは徒歩なら駅から線路沿いに東に歩き、線路の下をくぐり、北東に歩くと、公園入り口がある。少しわかりにくいが徒歩だとこれが最短で行ける。

山野辺民部丞義忠様[2012年05月26日]
本日、別のイベントで登城してまいりました。楯山公園までは車で乗り入れ出来ます。私は自然の家から歩きましたが

んな摂政な!マイリバ様[2010年09月06日]
国指定史跡となり、解説板も新しくなりました
その解説板が設置されている八幡平(三の丸)の楯山公園から八幡座(本丸)方面を眺めると、かなり距離があるように見えますが、実際は10分弱で到達できます
途中、八幡平(三の丸)方面を眺めると曲輪群の遺構がよく残っているのがわかりますが、肝心の八幡座には石碑等は設置されておらず、「ここだよね?」というカンジ今後の整備に大いに期待したいところです♪

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore