高擶城

(たかだまじょう)

通称・別名

(高擶陣屋)

所在地

山形県天童市高擶

城郭構造
輪郭式平城
天守構造
築城主
高擶義直
築城年
応永年間(1394〜1428)
主な改修者
主な城主
高擶氏、天童氏、斎藤伊予守(最上氏家臣)
廃城年
嘉永元年(1848)
遺構
水堀跡
指定文化財
再建物
石碑、説明板
周辺の城
寺津城(天童市) 2.1km
天童城(天童市) 3.8km
中野城(山形市) 4.5km
中里館(山形市) 6.3km
寒河江城(寒河江市) 7.0km
山形盆地のほぼ中央、天童市南西部に位置し、今なお集落そのものが方形を呈し、その面影をしのぶことが出来る。

築城は、応永年間ともいわれるが、現在の形になったのは、文明年間の城郭整備によると考えられる。城の中央に守り本尊の大日堂(皇太神社)を設け、外郭には寺院を配置している。

城の整備時には、東、南、西を重要視しており、永正の乱や最上内紛、最上天童合戦に備えてであろう。

城の形態は、主郭を中心に外堀を含めると4重の水堀からなる輪郭式である。道路は、すべて鍵型路、丁字路、食い違い、屈曲路からなり、北側は、京川を改修して堀の役割をさせている。主郭の位置は定かではないが、元和の検地帳に字本丸とあり、6,504坪の面積の記載があることから、現在の楯の内のほぼ中央部であったと思われる。

虎口は、東に大手を、西に勝手口を設け、西楯と中小路の南と西に三の郭から別れる郭があり、そこには家臣たちが居住したと伝えられている。堀の幅は二の郭を回るもので幅8~14間で堀底には切り石を敷いたところもあるといわれている。

この城は、はじめ最上領の北を押さえるための軍事上の城であったが、その後天童氏の隠居城となったり、江戸時代初期には、最上家臣斎藤伊予守が5,500石で配置になり、政治的あるいは居城的な正確であったろう。

弘化4年には、館林藩高擶陣屋が置かれ、嘉永元年に廃止された。

情報提供:山形県教育委員会


高擶城口コミ情報

三沢出羽守伊兵衛様[2011年12月03日]
かつては、四重の堀がある立派な城だったらしい。今は堀は埋められ、遺構もないようですが、鍵形・丁字路などの道路は城跡の名残らしい。本丸跡は、皇太神社あたりで、近くのあかつき公園に築城600年の記念碑がありました。城址の石碑と案内板がある楯之内公民館は、ニノ丸大手門付近とのこと。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore