中野城(なかのじょう)

中野城の基本情報

通称・別名

中野館

所在地

山形県山形市中野

旧国名

羽前国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

中野(斯波)満基

築城年

応永年間(1394〜1427)

主な改修者

主な城主

中野氏

廃城年

元和8年(1622)

遺構

横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

山野辺城(山形県東村山郡)[3.5km]
寺津城(山形県天童市)[4.4km]
高擶城(山形県天童市)[4.5km]
山形城(山形県山形市)[5.8km]
山家城(山形県山形市)[6.4km]
中里館(山形県山形市)[7.9km]
寒河江城(山形県寒河江市)[8.1km]
天童城(山形県天童市)[8.2km]
岩波館(山形県山形市)[10.3km]
長谷堂城(山形県山形市)[10.7km]

中野城の解説文



中野城(なかのじょう)は、山形県山形市中野にあった日本の城。

概要 

中野城は、室町時代から江戸時代初期にかけて存在した城である。

延文元年(1356年)出羽の南朝勢力に対抗するため斯波兼頼が陸奥国から下向し、最上郡を中心に勢力を広げる。3代最上満直の子中野満基が初めて中野(山形市)に館を築いた。中野は山形城の北方に位置し、六十里越街道(寒河江街道)と須川が交差する要衝に位置する。

その後拡張され、最終的には東324メートル、西360メートル、南200メートル、北300メートルの堀と石垣に囲まれていた[1]。堀幅は5メートルから10メートル。東西南北に門があり、南門が大手口である。西の堀のすぐ西側を逆川(さかさがわ)が流れており、逆川の西には侍町・七日市場などの地名が残る。また、北東には寺院(雲祥院:最上義定菩提寺)が配されている。

天正2年(1574年)より最上義守・義光父子による天正最上の乱が勃発すると、中野城は義守方の有力な城として兵を繰り出し、義光と江俣で戦ったという。乱の終結後義守が隠居すると、義光の下で直轄領となった。天正12年(1584年)、寒河江氏との戦いで寒河江方の将柴橋頼綱(橋間勘十郎)が中野城まで攻め寄せるが、伏兵により撃退した。慶長5年(1600年)慶長出羽合戦では、近隣の城が明け逃げを行う中防御に努め、上杉軍に攻められることはなかった。

元和8年(1622年)最上氏が改易されると、中野城は廃城となった。

なお、現在では城は完全に消滅し、跡地に建つ大郷小学校敷地に石碑が立っている。

逸話 

  • 天正最上の乱では、中野義時[2]が中野城に依り、兄の義光によって攻め滅ぼされたという説話もあるが、同時代の史料には中野城が攻められたとの記述は見られない。

歴代城主 

  • 中野満基
  • 最上満氏(最上家当主。山形城に居住。)
  • 最上義淳(最上家当主。山形城に居住。)
  • 中野義建
  • 中野義清
  • 中野義時

歴代中野城主別説 

  • 中野満基
最上氏直轄
  • 中野義建
  • 中野義清
  • 中野義政
  • 中野満兼
  • 中野義時
 最上氏直轄

出典 

  • 山形県教育委員会 『山形県中世城館遺跡調査報告書第2集(村山地区)』、1996
  • 北天の巨星 最上義光
  • 陸奥・出羽 斯波・最上一族
  • 奥羽斯波氏諸列記
  • 山形市史

中野城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore