長谷堂城(はせどうじょう)

長谷堂城の基本情報

通称・別名

亀ヶ城、楯山

所在地

山形県山形市長谷堂

旧国名

羽前国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

なし

築城主

最上氏

築城年

16世紀前期

主な改修者

主な城主

最上氏、志村氏、坂氏

廃城年

元和8年(1622)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

成沢城(山形県山形市)[4.5km]
上山城(山形県上山市)[6.1km]
山形城(山形県山形市)[6.8km]
平清水館(山形県山形市)[7.2km]
上野館(山形県山形市)[7.7km]

長谷堂城の解説文

長谷堂城(はせどうじょう)は、山形県山形市長谷堂にある中世の山城跡。山の形から「亀ヶ城」とも呼ばれていた。

概要
長谷堂城は、山形城に居する最上氏にとって重要な支城の一つであった。特に、置賜地方にあった長井氏を滅ぼした伊達氏との争いの中で重要な防御拠点である。1514年(永正11年)、伊達稙宗が当城を落としたとの記録が長谷堂城の初見である。この合戦により、最上氏は不利な条件で和議を結び、伊達氏の風下に立つこととなる。

歴史・沿革
歴史上、最も当城が注目されたのは1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いとほぼ同時期に発生した長谷堂城の戦い(出羽合戦)(西軍の上杉景勝が東軍の最上義光を侵攻したもの)の頃である。当時、福島県会津地方及び山形県庄内地方と置賜地方、合わせて150万石と言われた上杉勢は西軍に与しており、東軍に付いた最上氏(約24万石)を制圧するため、現在の山形県置賜地方(最上領の南方)と庄内地方(最上領の西北)から、上杉景勝配下の直江兼続を大将として最上領攻略を図った。そして、その支城をことごとく開城または落城させていき、山形城攻略のための最終的な足場確保のために長谷堂城を攻めた。それに対し、最上義光の幕下で智将と言われた 志村伊豆守光安は約一千の手勢を従えて篭城しその攻撃に耐えた。また、長谷堂城の山裾の足場のぬかるみとなっており、この天然の要害にとまどい前進できない上杉勢を攻め立て悩ませた。この合戦において上杉勢は溝口左馬之助、上泉主水等の猛将が討ち死にするなど、損害を出し(城を見上げる水田の中に主水塚がある)、戦が長引く中石田三成率いる西軍が関ヶ原で敗北したことで、上杉勢は撤退を余儀なくされる。

戦後、長谷堂城は坂光秀に与えられ、光秀没後は子の坂光重が継いだ。しかし、1622年(元和8年)に最上騒動により、山形藩主最上義俊が改易されると、幕府は周辺諸藩に軍勢を出させ、各城の受け取りをさせた。長谷堂城の受け取りを担当したのは、皮肉にも上杉景勝であった。長谷堂城は収公後、破却された。なおこの時には、直江兼続は既に死亡しており、景勝も収公の翌年に没した。

構造
長谷堂城は標高229mの小さな山であり、現在は集落と水田に囲まれ、「城山」(地元では「館山」とも)と呼ばれている。この山全体が城址公園となっており、山頂からは敵将「直江兼続」が本陣を置いた「菅沢山」を俯瞰できる他山形城址を含む山形市と蔵王連峰を見渡すことができる。

長谷堂城の口コミ情報

カーネル様[2016年05月04日]
山形駅からバスもありますが時間が合わなかったので、奥羽本線の山形駅から1つ南の蔵王駅から徒歩

駅を出たら北に向かい、県道170号に出たら左折。西へ向かい山形道をくぐったらすぐに左斜めの道へ
ここから住宅街になり、標識も多数でくるのでそれに従います
登り口はいくつもありますが、私は大手門口から登りました

比高も小さいので5分ほどで曲輪を経て、東の帯郭へ往復し、西に戻り山頂への分岐で周辺の曲輪群を見てから右方向の北で本丸着

そこから西へ降り、春日神社、長谷堂観音にお参りしてから時計回りに本丸下の周回コースをたどると最初の帯郭に出て、東へ下り八幡崎口に降りました

山全体の写真を撮ってたら、なぜか地元の子供に爆笑された

蔵王駅方面に戻りますが、時間があったので成沢城へ
県道170号を奥羽本線・須川を超えて直進でT字に右折してすぐ左折すると成沢公民館があってそこに案内板があるので、これを参考に登ります
知識なしで行ったら広い。遺構もたっぷりで大満足で蔵王駅に戻りました。全部で3時間ちょいでした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

陸前守仙臺むすび丸JUN様[2015年07月12日]
まもなく始まる合戦イベント「慶長出羽合戦」前にリアル攻城しました。皆さんが書き込みされている国道348号線沿いの八幡崎口そばの駐車場は大型バス数台と乗用車50台くらいありそう。隣接する公園のトイレはとてもキレイであずまやもあり、登城準備ができます。公園の南向かいの商店前に自販機あり、ここが城攻め前最後の飲料水が手に入るところ。他に4つの登り口があり、内町口、八幡崎口から時計回りの順に観音坂口(館坂)、湯田口、西向口、御前清水口があります。
八幡崎口以外に駐車場は、観音坂口の麓(おそらく数台程度とトイレも)と、西向口(約10台)あります。
(つづく)

陸前守仙臺むすび丸JUN様[2015年07月12日]
(続き)
 写真入りでわかりやすい解説文のパンフレットおよび現地の解説板はとても参考になります。
 長谷堂観音と山頂広場に分かれるところにある案内板より下がる観音坂に沿ってたくさんのアジサイが咲いていました。城内は市民有志でヒガンバナを植えていて、サクラやシャガなど四季を感じる山として慕われているようです。
 あまり足を運ぶ人が少ないのか、城の西側、切岸付近の帯曲輪や、二重横堀付近は草が生い茂り藪になりつつあり、残念に思います。蚊やスズメバチもいたので、長袖長ズボンに虫除けスプレーした方がより安全です。
 西向口や湯田口がある城の西斜面は急斜面で当時もかわらなければ、攻めこみにくいでしょう。

大宰大弐道灌♪ヽ(´▽`)/様[2014年10月21日]
八幡口登山道から軽く息を切らしながら、横矢掛りを通って本丸へ、休憩ついでに山頂にある慶長出羽合戦の説明板を見ていると、本丸土塁付近に何かの気配が…。し…鹿…!!突然目の前あらわれた謎の生物に驚き、しばらく固まってしまいました。あれは野生なのか…それとも誰かが放し飼いしているのか…。
謎は深まるばかりです(⌒‐⌒)

常陸入道ねんさい美作守様[2012年09月16日]
城の北側の大きな駐車場にトイレ水道あり、説明板もあり、長谷堂城のパンフレットが置いてある。復元した空堀もある。山形駅から路線バスで行くのも可能。ただ本数が少なく、行きはバス、帰りは蔵王駅まで歩いた。

奥州王毘沙門天山城守乱丸様[2012年06月03日]
北側のR348沿いに大型駐車場有り大手口約10分弱、観音口15分強、そこから登城、本丸まで20分少々!

奥州王毘沙門天山城守乱丸様[2012年02月11日]
以前R458裏通りに路駐(家主にお願いして)登りましたが今はが整備してありました

山野辺外記義忠様[2010年11月06日]
今日現在、駐車場前の八幡崎口が工事中。
右手の内町口が迂回路になっていました。

軍師J万次郎マイリバ様[2010年09月05日]
追記です
には「長谷堂城跡公園散策マップ」と「やまがたし西部マップ」が備え付けられていますので、要チェックです
特に「西部マップ」の方には、位置はアバウトながら直江山城守本陣跡や主水塚、湯目の碑などの長谷堂合戦ゆかりの地が記されていますので、直江ファンの皆さんには、お宝アイテムとなるでしょう

軍師J万次郎マイリバ様[2010年09月05日]
以前は駐車スペースの確保に苦労しましたが、大河ドラマ・天地人の効果で沿いに完備の長谷堂城跡公園が設置され、便利になりました
帯曲輪群、曲輪、虎口等、7つの遺構にそれぞれ解説板が設置され、新しい道も整備が進みましたが、蚊の猛攻だけは相変わらず凄く、城を守ろうとする志村光安の魂が乗り移ったが如く、侵入者の前に立ち塞がります
主郭から指呼の間に望む山形市街までは、直線距離にして約7km!戦略とはいえ、ここまで攻め込まれた最上家の緊急事態ぶりが容易に想像できます

傾奇揚げ仙兵衛様[2010年08月12日]
長谷堂城址から望む山形市市内は格別 ただしぬかるんだ地質なので夏は蚊に注意

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore