上山城(かみのやまじょう)

上山城の基本情報

通称・別名

月岡城

所在地

山形県上山市元城内3-7(月島公園)

旧国名

羽前国

分類・構造

平山城

天守構造

型式不明[3重?/築年不明/破却(廃城令)]、独立式望楼型[3重5階/1982年築/RC造模擬]

築城主

武衛義忠

築城年

天文4年(1535)

主な改修者

松平(能見)重忠

主な城主

上山氏、小簗川氏(伊達氏家臣)、武衛氏、里見民部(最上氏家臣)、能見松平氏、蒲生氏、土岐氏、金森氏、藤井松平氏

廃城年

明治6年(1873)

遺構

曲輪、石垣、土塁、空堀

指定文化財

市史跡(上山城跡)

再建造物

模擬天守、石碑、説明板

周辺の城

長谷堂城(山形県山形市)[6.1km]
上野館(山形県山形市)[6.3km]
成沢城(山形県山形市)[6.5km]
中山城(山形県上山市)[6.6km]
平清水館(山形県山形市)[10.5km]

上山城の解説文

上山城(かみのやまじょう、Kaminoyama Castle)は、山形県上山市にあった城である。別名、月岡城。江戸時代には上山藩の藩庁が置かれた。

概要
もともと上山には天童氏(最上氏庶流)の一門上山氏が城を持っていた。1508年に伊達氏がこの城を攻め落とし、城主上山義房は滅亡。伊達家臣小簗川貞範がこの地に入った。その後、上山義房の子武衛義忠が城を奪還。義忠によって改めて築城された平山城が現在の上山城である。以後城主は武衛義節、そしてその子上山満兼と続く。この頃天童氏は主家最上義光と次第に対立。満兼も天童一門として義光に従う事を拒否し、伊達氏とともに山形を攻めるなどした。しかし1580年義光は里見民部を寝返らせて上山城を攻め落とし、城主満兼は討死。代わって里見民部が上山城主になった。江戸初期に最上氏が改易された後は、没落した諸大名が3万石から4万石で入部し、城主を務める氏族がめまぐるしく変わるが、上山藩自体は幕末まで存続した。本丸を囲んで一段低く周囲に二の丸があり、外濠が取り巻いていた。藤井氏時代は天守はなく、二の丸に居館が設けられていた。

金森家が転封された際に一度破却されたが、破却前は本丸に三重の天守や各所に櫓門がある近世城郭であり、月岡・天神森にそびえるその壮麗な城郭は「羽州の名城」として広く知れ渡っていた。

藤井松平家が封じられた際に上山城は再興されたが、二の丸に居館を設けた程度の城構えであり明治を迎えた。

歴代藩主は上山藩に詳しいが、能見松平家2代(4万石)、蒲生家1代(4万石)、土岐家2代(2.5万石、後3.5万石)、金森家1代(3.87万石)と目まぐるしく藩主が入れ替わった後、藤井松平家が封じられた。その後明治維新まで藤井氏が当地を治め、10代(3万石)信安の代まで居城として用いた。しかし明治時代に入ると廃城令の影響で1873年より取り壊されたり、払い下げられたりして廃城となった。

現在城跡は月岡公園および月岡神社境内となり、1982年に二の丸跡に3層の模擬天守が建立された。模擬天守の内部は、郷土歴史資料館として利用されており、季節によって、雛人形展や鎧などの収蔵品展、刀剣展といった催しが行われている。

遺構等
遺構
本丸西側に西内堀が残り、この他、土塁、石垣の一部と庭園が現存している。
移築建造物
建造物としては、薬医門形式の門が山形県南陽市の旅館「いきかえりの宿 瀧波」に、城内にあった兵糧米保管庫の籾蔵が市内御井戸丁の鈴木家に、それぞれ移築され現存している。

上山城の口コミ情報

毘沙門天山城守乱丸様[2013年01月20日]
開館時間9:00~17:15(最終入館16:45)
大人400円
学生350円
子供 50円
1階~3階展示室、4階展望台
かみのやま温泉駅から徒歩10分ちょっと。
駐車場月岡神社前に30台くらい駐車可。
近くの月岡神社と小学校の間辺りには内堀確認、また月岡神社周辺に当時の石垣確認でき、武家屋敷も残ってました。
また↓のとおり、天守閣北側にかみのやま温泉の湯を利用した足湯があり6:00~22:00までつかれます(^_^)b
今の季節でもながくつかれば汗をかきます(^^;)

傾奇揚げ仙兵衛様[2010年08月12日]
城の隣に足湯があって(無料)売店に足湯用のタオルが売ってます100

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore