鮭延城(さけのべじょう)

鮭延城の基本情報

通称・別名

真室城、真鶴城

所在地

山形県最上郡真室川町

旧国名

羽前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

鮭延貞綱

築城年

天文4年(1535)

主な改修者

主な城主

鮭延氏

廃城年

寛永2年(1625)

遺構

曲輪、空堀、土塁、竪堀

指定文化財

町史跡

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

金山城(山形県最上郡)[9.4km]
新庄城(山形県新庄市)[9.4km]
岩鼻館(山形県最上郡)[13.4km]
高坂館(山形県最上郡)[13.6km]
清水城(山形県最上郡)[16.3km]

鮭延城の解説文

鮭延城(さけのべじょう)は、山形県最上郡真室川町内町にあった城。形式は山城である。真室城とも言われていた。

歴史・沿革
室町時代〜安土桃山時代
永禄年間に建立されたといわれているが、城を築城したはっきりとした年は分かっていない。当城の主たる鮭延氏は、現在の山形県戸沢村にあった岩鼻館に居していた佐々木氏(近江源氏)といわれている。

さて、小野寺氏の戦国時代の中期頃の最大版図は出羽国中部、今で言う秋田県雄勝一帯、仙北地域南部、山形県最上地域北部あたりであり、さらには秋田県由利地域の由利十二頭などの周辺国人にも影響や脅威をもたらしていた。

天文年間(1532年〜54年)に小野寺景道の時代に、大宝寺氏(武藤氏)や最上氏と領有を争っていた最上地方全域の領有を図るため、佐々木貞綱(鮭延貞綱)を遣わし、当初は、鮭川と最上川が交わる岩花城(現戸沢村)に入ったが、永禄6年(1563年)の庄内合戦の時に、大宝寺氏との戦いの敗れて岩花城を落とされてしまったため、岩花の北方、真室郷まで後退し、天然の要害である鮭延の地に城を築いたとされる。鮭川を見下ろす山頂に城郭を築き、その周囲に濠や柵を構えた難攻不落の城であり、この築城を機に佐々木氏は地名に倣って鮭延氏と称する。鮭延城は、小野寺氏の南の拠点として、最上北部の領国経営を行うこととなった。

天正9年(1581年)、最上義光によって鮭延城を攻められる。城主であった鮭延貞綱の子鮭延秀綱は、一度は抵抗したものの最終的に降伏する。しかし、領土を安堵されたため最上義光に恭順、鮭延城は小野寺氏から最上氏の城へと変わり、最上氏の大宝寺氏・小野寺氏攻略の拠点となる。鮭延秀綱は最上義光に仕え続け、長谷堂城の戦いでは目覚しい活躍を見せたため、戦後の論功行賞により11,500石を与えられた。

江戸時代
江戸時代に入り、最上氏で家督相続にまつわるお家騒動(最上騒動)が起こると、元和8年(1622年)に最上氏は改易され、近江国大森藩に移された。鮭延秀綱は佐倉藩主土井利勝の元に預かりとなり、最終的に土井氏の国替えに従って古河へと去り、当地にて没した。

最上氏の知行地は分割され、最上地方には、常陸松岡藩主戸沢政盛が入部し、60,000石を賜る。当初は本城に入ったが、山城であったため狭隘かつ不便で、幕藩体制下の領国経営には適さなかったため、沼田の地にあった小城、沼田城を元に新庄城を築城し、それが完成すると新庄城へと移り、新庄藩を立藩する。これにより、鮭延城は廃城になり、城は破壊されて放置された。

考古資料
遺構
本丸跡とされる場所を示す石碑等が設置されている場所以外は藪や森林となっている。
...

鮭延城の口コミ情報

STRADA様[2016年08月13日]
近辺には狭い道路しかないので、やはり駐車出来るスペースは有りません。
県道を500メートル程北側へ進むと移転したホームセンターの駐車場跡が有るので、そこに置けなくも無い?

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore