高越山城(たかこしやまじょう)

高越山城の基本情報

通称・別名

高越城

所在地

岡山県井原市神代町

旧国名

備中国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

宇都宮貞綱

築城年

弘安4年(1281)

主な改修者

主な城主

宇都宮氏、伊勢氏

廃城年

遺構

曲輪、堀切

指定文化財

市史跡(高越城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

鴨山城(岡山県浅口市)[8.7km]
小笹丸城(岡山県井原市)[10.0km]
猿掛城(岡山県倉敷市)[10.8km]
笠岡城(岡山県笠岡市)[11.7km]
戸屋ケ丸城(広島県福山市)[13.7km]

高越山城の口コミ情報

カーネル様[2018年07月24日]
井原線 早雲の里荏原駅から

駅前に北条早雲のファンシーな石像があり駅前には高越城への地図もあります。車だと遠回りの道のりを、歩行者用の近道が書かれている親切設計です

なので看板に従い、駅から北上すると歩行者用に「歩く人(近道)」の案内があります。案内に従うと、角之池を超えたあたりから道が狭くなり、緩やかに登り始めます。駅から見えていた山の左裾を回りこんで奥の山へ山道を歩きます。5分ほどで舗装路になり高越城の南端に出ます

北上すると本丸で、いくつかの曲輪をへ経て冠門まで行けます。一段下の道から南下して駅へ戻りました

城は公園として整備されております。案内図にあった堀は、言われれば堀に見えますが、よくわからなかった。駅に戻って70分ほどでした

兵部卿織田晃司⑪③中国オフ様[2018年02月25日]
国道486号線からも看板があり迷う事なく行けると思います。

城跡は高越城跡公園になっており駐車場もトイレもあります。
冠門を抜け少し歩くと主郭に到着します。主郭付近にもトイレがあります。

主郭には北条早雲(伊勢新九郎)誕生の地の石碑。
一段下がると井戸跡があります。

地元で矢掛の壇と呼ばれる郭に向かう途中に堀切らしき跡があります。
矢掛の壇にも石碑がありますが古いため書かれてある文字は残念ながら読めません。

主郭下トイレ手前付近の斜面に石垣らしき跡がありました。
石切跡らしきものがありましたので私は高越山城の石垣かと勝手に思ってます。
なお急斜面になってるので決して無理はしないでください。

león☆様[2015年12月17日]
早雲の里荏原駅から徒歩で30分程
駐車場・トイレ完備、周辺には城址への案内板も多く設置されていました。
遺構は各郭が残る他、駐車場から冠木門をくぐり三の郭へ至る道の途中に空堀が見られます。

麓に広がる荏原庄は北条早雲こと伊勢宗瑞の生誕地とされ、周辺には宗瑞が祀ったとされる新九郎薬師堂や、宗瑞と父・伊勢盛定の墓と伝わる宝篋印塔が残る法泉寺があります。
また本郭には周辺の史跡を記した井原市観光協会のパンフレットが置いてあり、巡る際とても役にたちました。



この家は滅亡しました様[2012年04月24日]
北条早雲ゆかりの城跡です。城山東側の麓には早雲が寄進した薬師如来が祀られたお堂があります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。