神辺城(かんなべじょう)

神辺城の基本情報

通称・別名

神辺道上城、黄葉山城、紅葉山城、楓山城、麓城、村尾城

所在地

広島県福山市神辺町川北

旧国名

備後国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

型式不明[3重/築年不明/解体]

築城主

朝山景連

築城年

建武2年(1335)

主な改修者

山名理興

主な城主

朝山氏、山名氏、杉原氏(毛利氏家臣)、福島氏

廃城年

元和8年(1622)

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)、移築門

指定文化財

再建造物

周辺の城

福山城(広島県福山市)[5.7km]
志川滝山城(広島県福山市)[8.9km]
桜山城(広島県福山市)[10.9km]
相方城(広島県福山市)[11.1km]
笠岡城(岡山県笠岡市)[11.9km]
戸屋ケ丸城(広島県福山市)[13.5km]
高越山城(岡山県井原市)[14.5km]
鞆城(広島県福山市)[17.1km]
鴨山城(岡山県浅口市)[17.9km]
青佐山城(岡山県笠岡市)[18.7km]

神辺城の解説文

神辺城(かんなべじょう)は、広島県福山市神辺町にある南北朝時代から江戸時代初期まであった日本の城(山城)である。別名として村尾城、神辺道上城、紅葉山城、楓山城などがある。

概要
本城は神辺平野を見通せる黄葉山に築城された、備後国を代表する城のひとつである。昭和時代までは、南北朝時代から備後国の守護所が置かれたとされていたが、近年は研究が進み神辺地方に守護所がなかったことが確実視されるようになり、現在では神辺城も備後国に於ける政治の中心からは外れた存在であったと看做されるようになっている。また、南北朝時代に築城された城は、現在の場所から北東約700mに位置する「古城山」にあったと考えられており、現在の位置(黄葉山)にあるものは、室町時代の1443年(嘉吉3年)に山名氏によって築かれたのが始まりと思われる。

黄葉山の神辺城は度重なる改修を受け、江戸時代になると福島氏により近世城郭として整備されるが、福島氏に替わり入封した水野勝成は新たな城(福山城)を築いて神辺城を廃城とした。このとき、建物や石垣の殆どが福山城に転用されるなどしたため、神辺城跡には山頂や尾根を削った曲輪や掘割などが現存するのみとなっている。なお、黄葉山に隣接した山上にある城郭風建築物は福山市神辺歴史民俗資料館で昭和時代後期に建てられた、城の遺構とは無関係の施設である。

なお、神辺城(黄葉山)の城名は廃城後(16世紀末以降)に付けたれたものであり、歴史上は「村尾城」が正確な呼称である。

沿革
城山
城山の城は高屋川に隣接する丘陵上に位置する小規模な城で、「備後古城記」によると南北朝時代の建武2年(1335年)に備後守護職に任ぜられた朝山次郎左衛門尉景連によって築かれたとされる(ただし、備後古城記の成立は江戸時代に入ってからなので、南北朝時代に関する記述の信憑性は疑問視されている)。嘉吉の乱により1401年(嘉吉元年)から山名氏が備後守護代の地位に就き、1443年(嘉吉3年)に新たな城を築いたことにより、廃城となったようである。

黄葉山
黄葉山の城は1443年(嘉吉3年)に山名氏によって築かれたとされるが、当初の規模や様子はよくわかっていない。その後、「但馬村岡山名家譜」によると、山名煕之の嫡男山名氏明が神辺城主であったと伝わり、天文7年(1538年)までに山名理興が城主となっていることがわかっているが、氏明以外には理興以前の城主は明らかではない。天文12年(1544年)頃に神辺城は大内氏に攻められ(神辺合戦)、理興は約7年間持ちこたえるが、天文18年(1549年)に落城する。山名理興は逃亡し、大内氏は神辺城を直轄城とし青景越後守を城番に置くが、大内氏が滅亡し勢力基盤を毛利元就が継承すると毛利氏は臣従した山名理興に神辺城主復帰を認めた。弘治3年(1557年)に理興が死去すると、家老の杉原盛重が神辺城主となる。これに異を唱えた理興の旧臣藤井皓玄が謀反をおこし神辺城を占拠するが、すぐに鎮圧され皓玄は備中国に逃亡し自刃した。永禄7年(1564年)に盛重が西伯耆の尾高城に移ると、神辺城は盛重の二男杉原景盛が引き継ぐが、天正12年(1584年)に兄の元盛を謀殺したことで毛利氏に討ち取られたことから、神辺城は毛利氏の直轄城とされた。天正19年からは毛利元就の八男毛利元康が城主となる。

毛利元康は慶長3年(1598年)に神辺城から南に位置する海辺に新たな城(王子山城)を築いて移り住んだ。しかし、慶長5年に関ヶ原の戦いの戦後処理により元康の所領が没収されると、替わりに福島正則が入封して、神辺城には筆頭家老であった福島丹波守正澄が3万石で置かれた。福島氏は元和5年(1619年)に改易され、水野勝成が入封する。水野氏は西国の外様大名を監視するために配置された譜代大名であったため、その役割を担う城としては神辺城は規模が小さく不便であるとして、芦田川河口の常興寺山に新たな城(福山城)を築いて神辺城は廃城とされた。

遺構
神辺城は最終的に石垣を用い多数の櫓と天守を有する近世城郭として整備されていたが、福山城築城の際に解体され、石垣や櫓の多くは福山城に移されたといわれている。このため、現在、山上部に残される遺構は曲輪跡や部分的な石垣、堀切、井戸などのみである。平野部は発掘調査により堀の石垣などが検出されている。福山城に移された櫓は神辺一番櫓(三層)、神辺二番櫓(二層)、神辺三番櫓(二層)、神辺四番櫓(二層)などであるといわれている。ただし、これらはいずれも明治初期に解体されたため現存せず、事実の確認は困難である。現在まで残る神辺城の建築物の遺構といわれているのは、福山市北吉津町の実相寺の山門のほか、明王院の書院、庫裏などである。
...

神辺城の口コミ情報

2020年09月22日 ゆきにこふ備後守
神辺城

歴史民俗資料館の手前まで自動車で行くと、かなり楽に回れると思います。鬼門櫓跡からの福山市神辺の景色はすばらしいです。

2020年05月23日 OROKA参議
要害山城[神辺城  周辺城郭]



皆さん大好き要害山城です。とはいえ、今回は山梨県にあるあの城ではなく、まさかの広島県にある要害山城でござる。

この要害山城は神辺城の川を挟んだ北部に位置し、何と毛利勢が山名氏の神辺城を攻めるためにこの山に陣を敷いたというではありませんか。(元就さんが建てて、かつ使用したかは不明)

アクセスですが、麓の徳田天満神社に参拝ついでに車を停めさせてもらい、そこから本殿奥の道を進むことたった5分で到着します。

陣城とあって、規模も小さくシンプルで可愛いものですが、楕円形の郭を二重の空堀と土塁で守っています。また、こんなミニチュアのくせに生意気にも枡形虎口も設置されております。

あっさり見れる割にはガッツリ遺構、可愛さの中にもしっかり者の面もありギャップにやられます。

神辺城に行くなら、絶対に行った方が良いですよ~、損はさせません。(何なら神辺城よりオススメ…)

2018年07月03日 カーネル
神辺城

福塩線 神辺駅から

東口に降りましょう。東の正面に見えるこんもり山が神辺城です
時計回りに山を半周して反対側に行かねばなりません。近いけど遠い

駅から東に100mくらいで、国道313号線を左折。右に山肌を見ながら歩くのですが、国道が山から離れるところに「吉野山公園歴史民俗資料館入口」の白い看板があるので斜め右の生活道路へ

100mほど先にまた「吉野山公園→」の看板があるので、右折して南下。あとは舗装路の1本道を黙々と登る

途中から車道を外れ、山道を登れるはずが、完全に藪に覆われてたので、車道を歩きました。

本丸下まで車道があり車で来れます

駐車場からはすぐに、堀と曲輪に出ます。他にも井戸跡がいい感じで残っております

帰りは来た道を戻り、城の北側の天別豊姫神社に寄ってから、駅に戻って90分でした


2017年11月13日 大納言織田晃司
神辺城

福山市内から国道313号線を北上し、神辺駅を過ぎた辺りから神辺歴史民俗資料館の看板があります。そこを右折してください(見落しやすいので気をつけてください)
駐車場は公園前とさらに上の神辺歴史民俗資料館前にあります。

福山城築城の際、神辺城の櫓や石垣を転用したので建物はありません。石垣がほんの僅かに残る程度です。

惣門が北吉津町実相寺に移築されてあります(広島県重要文化財)

神辺本陣や廉塾が神辺の観光になります。

神辺城リア攻めの際「ラジャ」のステーキを!
並んで待つようにはなりますが、リーズナブルで美味しいステーキが食べれます。

席によっては泳いでいる人を横目に食べるようになりますが…

2016年09月04日 (*¯ ³¯)っ旦
神辺城

電車で行かれる方は要注意です。
駅前を直進されますと神社に突き当たり、
「神邉城順路」とありますが、
人が登った形跡の無い、落ち葉に埋もれたプラスチックの丸太階段があり、
どう見ても猪か獣が通った跡を見ないフリして登っていくと、
丸太階段の終わりは草ボーボーでした。

どうしてもリア攻めしたい方は
アプリの神辺城からMAPを信用して行くのが無難です。
その代わり車のための道路ですので、蛇腹道でクネクネ曲がりながら登って行きます。
歩きで疲れたら、歴史博物館で休憩されると良いと思います。

もう1箇所、登り口がありますが、
そちらの方が良いように思えますが、書き方が難しいのと、この道が一番無難に思えます。


2011年03月01日 きたぴょん治部卿
神辺城

神辺城から北吉津町の日蓮宗実相寺に移設された城門をアップしました

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore