神辺城(かんなべじょう)

神辺城の基本情報

通称・別名

神辺道上城、黄葉山城、楓山城、村尾城、紅葉山城

所在地

広島県福山市神辺町

旧国名

備後国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

型式不明[3重/築年不明/解体]

築城主

朝山景連

築城年

建武2年(1335)

主な改修者

山名理興

主な城主

朝山氏、山名氏、杉原氏(毛利氏家臣)、福島氏

廃城年

元和8年(1622)

遺構

曲輪、横堀(空堀)、石垣、移築門

指定文化財

再建造物

周辺の城

福山城(広島県福山市)[5.7km]
志川滝山城(広島県福山市)[8.9km]
桜山城(広島県福山市)[10.9km]
相方城(広島県福山市)[11.1km]
笠岡城(岡山県笠岡市)[11.9km]

神辺城の解説文

神辺城(かんなべじょう)とは広島県福山市神辺町にある南北朝時代から江戸時代初期まであった備後国の山城である。別名として神辺道上城、紅葉山城、楓山城などがある。

概要
本城は神辺平野を見通せる黄葉山に築城された備後国を代表する城のひとつである。昭和時代までは南北朝時代から備後国の守護所が置かれていたとされていたが、近年は研究が進み神辺地方に守護所はないことが確実視されるようになり、現在では神辺城も備後国の政治の中心からは外れた存在であったと見なされるようになっている。また、南北朝時代に築城された城は現在の場所から北東約700mに位置する「古城山」にあったと考えられており、現在の位置(黄葉山)にあるものは、室町時代の1443年(嘉吉3年)に山名氏よって築かれたのが始まりと思われる。黄葉山の神辺城は度々の改修を受け、江戸時代になると福島氏により近世城郭として整備されるが、福島氏に替わり入封した水野勝成は新たな城(福山城)を築いて神辺城を廃城とした。このとき、建物や石垣の殆どが福山城に転用されるなどしたため、神辺城跡には山頂や尾根を削った曲輪や掘割などが現存するのみとなっている。なお、黄葉山に隣接した山上にある城郭風建築物は福山市神辺歴史民俗資料館で昭和時代後期に建てられた城の遺構とは無関係の施設である。

沿革
城山
城山の城は高屋川に隣接する丘陵上に位置する小規模な城で、「備後古城記」によると南北朝時代の建武2年(1335年)に備後守護職に任ぜられた朝山次郎左衛門尉景連によって築かれたとされる(ただし、備後古城記の成立は江戸時代に入るので、南北朝時代に関する記述の信憑性は疑問視されている)。嘉吉の乱により1401年(嘉吉元年)から山名氏が備後守護代の地位に就き、1443年(嘉吉3年)に新たな城を築いたことにより、廃城となったようである。

黄葉山
黄葉山の城は1443年(嘉吉3年)に山名氏によって築かれたとされるが、当初の規模や様子はよくわかっていない。山名氏は天文7年(1538年)に備後南部の豪族である杉原理興に追われ、杉原氏は神辺城を備後地域の要所として修築した。以後、毛利氏と尼子氏の勢力争いの前線として幾たびもの戦乱に巻き込まれた。

安土桃山時代には毛利氏の支城であったが、関ヶ原の戦いの戦後処理により所領が没収されると、替わりに福島正則が入封して、神辺城には筆頭家老であった福島丹波守正澄が3万石で置かれた。しかし、福島氏は元和5年(1619年)に改易され、水野勝成が入封する。水野氏は西国の外様大名を監視するために配置された譜代大名であったため、その役割を担う城としては神辺城は規模が小さく不便であるとして、芦田川河口の常興寺山に新たな城(福山城)を築いて神辺城は廃城とされた。

遺構
現在の神辺城の本丸付近は石垣は撤去されているが、かつての堀切や城郭や井戸のあとが残されている。福山築城の際に神辺城にあった石垣の石材だけでなく多くの櫓を移築している。すなわち、神辺一番櫓(三層)、神辺二番櫓(二層)、神辺三番櫓(二層)、神辺四番櫓(二層)であるが、いずれも現存しない。そのため神辺城にあった建築物の遺構として現存しているのは、福山市北吉津町の実相寺に城門が移設されたものが残っているほか、明王院に書院、庫裡として使われている建物のみである。いずれも広島県重要文化財に指定されている。

神辺城の口コミ情報

第1空挺団様[2016年09月04日]
電車で行かれる方は要注意です。
駅前を直進されますと神社に突き当たり、
「神邉城順路」とありますが、
人が登った形跡の無い、落ち葉に埋もれたプラスチックの丸太階段があり、
どう見ても猪か獣が通った跡を見ないフリして登っていくと、
丸太階段の終わりは草ボーボーでした。

どうしてもリア攻めしたい方は
アプリの神辺城からMAPを信用して行くのが無難です。
その代わり車のための道路ですので、蛇腹道でクネクネ曲がりながら登って行きます。
歩きで疲れたら、歴史博物館で休憩されると良いと思います。

もう1箇所、登り口がありますが、
そちらの方が良いように思えますが、書き方が難しいのと、この道が一番無難に思えます。

㊤きたぴょん備後守様[2011年03月01日]
神辺城から北吉津町の日蓮宗実相寺に移設された城門をアップしました

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore