志川滝山城(しがわたきやまじょう)

志川滝山城の基本情報

通称・別名

四川滝山城

所在地

広島県福山市加茂町北山145

旧国名

備後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

宮(高尾)義兼

築城年

明応8年(1499)

主な改修者

主な城主

宮氏

廃城年

遺構

曲輪、堀切、井戸跡

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

桜山城(広島県福山市)[7.3km]
戸屋ケ丸城(広島県福山市)[7.6km]
神辺城(広島県福山市)[8.9km]
相方城(広島県福山市)[9.1km]
九鬼城(広島県神石郡)[12.2km]

志川滝山城の解説文

志川滝山城(しかわたきやまじょう)は、戦国時代に備後国(現在の広島県福山市)にあった山城。

概要
志川滝山城が築かれたのは備後平野の北部、芦田川水系四川の水源地に近い急峻な山中であった。標高392mの山頂部の尾根に城郭を構築したもので、備後平野を一望できる位置にあった。この城の城主は戦国時代に備後国で一大勢力を誇っていた宮氏であった。『西備名区』等の郷土史書によると山野の戸屋ケ丸城主宮三郎義兼が明応元年(1462年)に築城したものとされている。

天文21年(1552年)、中国地方の覇権を掌握しようとした毛利氏が備後国へ侵攻し、志川滝山合戦が勃発した。宮氏は志川滝山城に篭城したが、毛利氏の軍勢は背後の尾根伝いに攻略し落城し、宮氏は滅亡した。

現状
志川滝山城跡の南側にある渓谷には現在四川ダムが設置されており、当ダムの貯水湖は滅亡した当城にちなみ「城山湖」と名づけられた。なお四川ダムまでは大きな道路が整備されているが、そこから直接城跡に行くのは急峻な崖であり難しく、さらに上流の大谷池(明治期の貯水池)の土手に行きそこから目指すしかない。

志川滝山城の口コミ情報

まるき〜遠江守様[2017年05月10日]
たまたまダムカードを貰いに四川ダムを訪れ、そこでポチったら志川滝山城が攻略できました。(^o^)/

城跡は四川ダムの真上に見える山の上とダム管理所の方が教えてくれました

城跡に行くにはダムの道からは行けず、山の裏(ひと山向こう)からでないと道がないらしいです。詳しくは聞いてませんが…

またこの地域に住んでらっしゃる方は毛利系の家臣が先祖って方が多いらしいですよ。

管理人さんは尼子氏の末裔だとか…

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore