九鬼城(くきじょう)

九鬼城の基本情報

通称・別名

志摩利城

所在地

広島県神石郡神石高原町小畠

旧国名

備後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

馬屋原正国

築城年

大永7年(1527)

主な改修者

主な城主

馬屋原氏

廃城年

天正年間(1573〜1592)

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

周辺の城

戸屋ケ丸城(広島県福山市)[11.9km]
志川滝山城(広島県福山市)[12.2km]
上下陣屋(広島県府中市)[13.0km]
有福城(広島県府中市)[13.8km]
楢崎城(広島県府中市)[14.5km]

九鬼城の口コミ情報

June02様[2012年04月13日]
余談です。
志摩利城の最寄りバス停(20分)となる『小畠』付近には役場(5分)があり、江戸中期以降に豊前中津藩の飛び領としての代官所が置かれ、松の木や代官所跡の石碑があります。
また、志摩利城築城以前からあった古屋城跡(⇒公園迄8分)があり、こちらは、かなり整備されていて麓の高台にある居館跡はつつじ丘公園(有)として活用され、山頂の本丸までの登城道もあります。志摩利城とは、かなり扱いが違います。
お時間に余裕のある方は、散策してみるのも楽しいかも知れません?(役場・案内板有)

June02様[2012年04月12日]
曲輪跡と竪堀多く、井戸跡?ある山城でした。
農道脇の小さな説明板ある登城口から竪堀跡経て、二段式の物見曲輪?と井戸曲輪が左右に控える虎口がありますが、道は途絶え、山斜面を登る途中には、大きな井戸跡があり、山頂の主郭は熊笹茂るものの結構な広さを感じます。でも、眺望は木々多く残念でした。
細道を進むと、斜面下に二郭、さらに一段下には三郭かな?と想わせる曲輪があり、城郭規模と熊笹の多さに驚きました。
写真は、志摩利城説明板がある登城口風景をアップします。
入口〜山頂迄30分程?。(可無)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore