紫城(むらさきじょう)

紫城の基本情報

通称・別名

所在地

岡山県高梁市備中町平川

旧国名

備中国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

平川高親

築城年

延元元年〔南朝〕/建武3年〔北朝〕(1336)

主な改修者

主な城主

平川氏

廃城年

慶長5年(1600)

遺構

曲輪、土塁、堀切、横堀(空堀)、虎口、土橋、井戸

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

鶴首城(岡山県高梁市)[13.7km]
五品嶽城(広島県庄原市)[14.5km]
小笹丸城(岡山県井原市)[17.5km]
戸屋ケ丸城(広島県福山市)[17.8km]
九鬼城(広島県神石郡)[17.8km]
備中松山城(岡山県高梁市)[20.8km]
楪城(岡山県新見市)[23.7km]
佐井田城(岡山県真庭市)[24.2km]
志川滝山城(広島県福山市)[24.3km]
高越山城(岡山県井原市)[26.3km]

紫城の解説文

平川氏代々の居城で、標高約600メートルの山上に築かれた山城である。

曲輪、堀切、土塁などの跡がよく残っている。

紫城の口コミ情報

2020年01月26日 則天図書頭無功
紫城

城を攻めるには、広島側からが楽です。岡山側は険道です。

2015年04月16日 INO勘解由長官
紫城

登城口は南からです。
平川郵便局から西へ行ったところに説明看板と案内看板があり、そこから北へ点々と案内看板があります。
城郭手前に駐車場(スペース4~5台程度)もあります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore