鶴首城(かくしゅじょう)

鶴首城の基本情報

通称・別名

成羽城、(成羽陣屋)

所在地

岡山県高梁市成羽町下原

旧国名

備中国

分類・構造

連郭式山城、(陣屋)

天守構造

なし

築城主

河村秀清、山崎豊治(陣屋)

築城年

平安時代後期、万治元年(1658)(陣屋)

主な改修者

三村家親

主な城主

河村氏、三村氏、岡氏、山崎氏(陣屋)

廃城年

元和3年(1617)

遺構

曲輪、堀切、石垣(陣屋)

指定文化財

市史跡(成羽陣屋跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

備中松山城(岡山県高梁市)[8.7km]
小笹丸城(岡山県井原市)[9.2km]
紫城(岡山県高梁市)[13.7km]
鬼身城(岡山県総社市)[15.4km]
矢倉城(岡山県加賀郡)[16.3km]

鶴首城の解説文

鶴首城(かくしゅじょう)は、備中国川上郡成羽(岡山県高梁市成羽町)にあった城。別名・成羽城

沿革
平安時代終わりの文治5年(1189年)に奥州平定に功績のあった河村四郎秀清が築城したと伝えられている。

天文2年(1533年)年、星田を本拠としていた備中の戦国大名、三村家親が、城郭を整備拡張した。拠点を鶴首城に移した家親は、勢力を拡大した。

永禄4年(1561年)三村家親、元親父子は、本拠を備中松山城に移した。その後は一族の三村親成、親宣父子が城主となった。

永禄9年(1566年)宇喜多直家によって三村家親が暗殺されると、備中兵乱が激化した。三村元親は織田信長に味方し、これに反対した親成父子は三村一族から離反して、毛利氏に味方し、鶴首城主には三村親重が城主となった。

天正3年(1575年)毛利氏により攻略され、鶴首城は落城。鶴首城は再び親成、親宣父子に安堵された。しかし、三村元親の毛利氏からの離反を止められなかったため、所領を削減された。

慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いの功績により成羽の地で7千石を得た岡家俊が入城した。しかし、慶長19年(1614年)大坂の役で家俊の長男岡平内が大坂方に味方したため、大坂落城後、家俊は切腹させられた。

元和3年(1617年)、成羽に移封された山崎家治が入部したが、鶴首山麓に御殿を築いたため、鶴首城は廃城となった。

鶴首城の口コミ情報

カーネル様[2016年05月27日]
成羽小学校の南に遊具が設置してある広場があり、ここを通過して林道を登ります。広場には縄張り図が入ったポストがありました
林道を進むと後ろから軽トラが来て、この運転手のおじさんと話をすると、この林道を切り開いたんだという(すごい)
今日は除草剤を撒きにきたとおっしゃってました。このお城が市史跡になるとうれしいと話してました

太鼓丸までは林道で、ここから登山道。ここにあと730mの標識があり、傾斜もきつくなる
おじさんと立ち話したのも含めて、麓から20分ちょい。城域は順路の看板もあって、見学しやすいです
登って降りて、鶴首城北の麓にある成羽美術館(成羽陣屋跡)に寄る。ここの石垣は現存でカッコイイですよ

全部で所要時間は1時間半強でした

芦屋兵庫頭虎吉様[2013年03月05日]
成羽小学校の裏山的な位置にあります。真夏に登ったせいか、昼間でも鬱蒼としていて薄暗く、虫と蜘蛛の巣だらけです。途中、登山道が崩れていたりもしながら、30分程度登ると本丸付近と深い堅堀に出会えます。遺構は多くないですが、道中しんどかっただけに格別でした。三村氏の往年の勢威がしのばれます。
駐車場はありませんが、成羽小学校裏手の公園に一台程度なら停められます。

権中納言M三郎様[2011年08月02日]
近世成羽陣屋は、鶴首山北麓に水谷氏が築き、讃岐國丸亀から転封となった山崎氏が拡張した一郭の陣屋です。拡張部にあたる中央部以東表面の石垣は、高さはわずか4m未満ですが、打込接無反りで急勾配。緻密に積まれ、虎口部や上端は切石で角を立て正確な直線に仕上げられた姿は、清潔感さえ感じるほどの逸品です。また、平面形も雁行させることで横矢掛により虎口の防御性を高め、大手口には桝型まであったといいます。旗本五千石でもさすが城作りの山崎氏、感動です。現在、この逸品を損わず城域を利用している工夫にも感謝です

この家は滅亡しました様[2010年08月29日]
国道313号線沿いにある石垣は江戸時代になって築城された屋敷のもので、戦国期の成羽城はその屋敷跡の裏山になりますのでご注意を(^.^)b

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore