万喜城(まんぎじょう)

万喜城の基本情報

通称・別名

万木城、万騎城、富山城

所在地

千葉県いすみ市万木字城山(万木城跡公園)

旧国名

上総国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

土岐時政

築城年

応永19年(1412)

主な改修者

主な城主

土岐氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸

指定文化財

市史跡(万喜城跡)

再建造物

城郭風建物(展望台)、説明板

周辺の城

大多喜城(千葉県夷隅郡)[8.0km]
一宮城(千葉県長生郡)[8.9km]
庁南城(千葉県長生郡)[13.8km]
小田代城(千葉県夷隅郡)[15.8km]
勝浦城(千葉県勝浦市)[18.0km]
真里谷城(千葉県木更津市)[20.1km]
本納城(千葉県茂原市)[20.8km]
佐是城(千葉県市原市)[21.3km]
久留里城(千葉県君津市)[21.5km]
犬成城(千葉県市原市)[24.7km]

万喜城の解説文

万喜城(まんぎじょう)は、上総国夷隅郡(現在の千葉県いすみ市万木)にあった日本の城。万木城・満喜城・万騎城とも表記された。

概要
東西と北側を夷隅川沿いの崖に囲まれた東西約500m・南北800m(推定)規模の山城で、東西40-80m・南北190m(推定)の主郭をはじめとする3つの郭から構成されている。

伝承では応永年間に摂津国から移った土岐時政が築いたとされている。だが、上総土岐氏の系譜は不明な点が多く、築城年代および築城者は不明である。明応年間前後に土岐頼元が活躍し、後に上総土岐氏の菩提寺となる海雄寺を創建したとされている。後年の小田原攻めの際には土岐氏の兵力は1000騎とも1500騎とも伝えられる。

具体的な活動が知られるのは土岐為頼の頃からで、為頼は里見義堯と婚姻関係を結んでいたが、第二次国府台合戦で里見氏が敗北すると、後北条氏と結んで離反し、以後一貫した北条方となった。このため、万喜城周辺はしばしば里見氏や上総武田氏の侵攻を受けた。特に土岐頼春(為頼の子)の代の天正16年(1588年)から同18年(1590年)にかけて里見氏による3度の攻勢が行われるが、いずれも土岐氏の勝利に終わっている(「万喜・長南合戦」)。だが、天正18年の小田原攻めにおいて北条氏に味方したことから本多忠勝率いる徳川軍に攻め落とされ、米蔵跡と推定される場所からは焼米が出土されている。

小田原攻めによって土岐氏は滅亡し、万喜城も廃城になったと考えられてきたが、近年になって本多忠勝が大多喜城に入る前に一時的に万喜城を居城としていたことを示す文書の存在が知られるようになり、実際の廃城は忠勝が大多喜城を居城としていることが確認される天正19年(1591年)頃とみられている。

参考文献
鶴岡節雄「万喜城」『千葉大百科事典』(千葉日報社、1982年)
日本歴史地名大系 12『千葉県の地名』(平凡社、1996年) ISBN 978-4-582-49012-1 P866-867

万喜城の口コミ情報

2020年09月20日 昌幸遠江守狼煙の行方
海雄寺[万喜城  寺社・史跡]



万喜土岐氏の菩提寺。
城の東側、尾根を下った所に、住職さんもいなく、ひっそりと佇んでいます。
海雄寺は元は岬町椎木(みさきまちしいぎ)にあったが、土岐為頼が城下の現在地に移し、僧侶・慧鑑を招いて開山しました。
万喜土岐氏については史料が乏しく、はっきりと確認できる城主は万喜少弼・為頼とその子・頼春の2代とのことです。

ここから城址までの道は「小鳥の道」として整備されたが、現在は倒木危険箇所があるため通行禁止になっています。
実はこの道は、小田原征伐での落城の際、頼春の娘・福姫が逃げた抜け道だったとのことです。
再び整備され、歴史をかみしめながら散策できる日が来るとといいですね。

【写真の説明】
①本堂
②万喜土岐氏の墓。中央は為頼公の墓。末裔の方がちきんと墓守りされているようです。墓の後ろは「小鳥の道」が通っています。

2020年09月08日 昌幸遠江守狼煙の行方
三光寺[万喜城  寺社・史跡]



万喜城の北側、一ノ谷に位置する。
切り通し道に妙見堂があり、そこには北辰妙見大菩薩を中心に、右に飯綱大権現、左に愛宕大権現が祀られている。
妙見大菩薩は万喜城の守護神、愛宕大権現は城主の守り本尊として常に戦場に持参したと伝えられている。
駐車場あり、妙見堂の中へ入り、御本尊の拝観も可能。

【写真の説明】
①お寺から見る妙見堂。
②妙見堂をアップで。
③お寺奥の一ノ谷。江戸時代の灌漑政策で溜池となっているが、当時は湿地であっただろう。谷を挟んで右手が主郭部方面、左手が尾根を使った防御ライン。

2020年07月30日 昌幸遠江守狼煙の行方
小浜城[万喜城  周辺城郭]



現在のいすみ市ほどの領地だった万喜土岐氏が、秀吉の全国統一まで勢力を維持できたのは、海賊集団を束ね、制海権を握ったからに他ならない。
小浜(こばま)城は、南側に丹ヶ浦という自然の船着場を持ち、北側には当時の夷隅川の河口があり、川を上れば万喜城に至るという絶好の位置に築城された。
城主は鑓田美濃守。
主郭部は現在、八幡神社が建立され、中腹には削平された大きな曲輪があり、居館跡(実務を行なっていた)と推測できる。

【写真の説明】
①大手門跡
②居館跡の虎口。この地域特有で岩盤を削っている。神社化のためコンクリートで固められているが…
③虎口上から居館跡と主郭を見る
④岩盤を削り残し、土塁と見立てた細尾根。万喜城でも見かけた。眼下には丹ヶ浦。
⑤細尾根先端から主郭を見る。居館跡下は段曲輪になっているようだ。
⑥主郭
⑦丹ヶ浦から見た小浜城

2020年07月30日 昌幸遠江守狼煙の行方
金山城[万喜城  周辺城郭]



万喜五支城の1つ。
別名は長志(ながし)城。城主は不明。
南方の境目の城として勝浦城正木氏や里見氏と対峙する位置にある。
写真は麓の薬師寺と城山。

万喜五支城はもう一つ「一坂城」があるが場所・城主等、詳細は不明である。

2020年07月30日 昌幸遠江守狼煙の行方
鶴ヶ城[万喜城  周辺城郭]



万喜五支城の1つ。
境目の城として一宮城正木氏と対峙し、鶴見弾正や佐々木駿河らが守ったとされる。
椎木(しいぎ)堰と中原堰に囲まれた地にある。
堰=江戸時代に造られた溜池であり、当時は湿地だったのではないか。

海雄寺(万喜土岐氏の菩提寺)の史料によると、「椎木より万喜に移った」との記述がある。
椎木城もあるが、城の規模を考えると、こちらの城の方が妥当であり、土岐氏が下行の際、最初に城を構えた所と考えて良さそうである。

現在は南側から入ることができるが、竹藪が酷く明確な遺構は見ることができなかった。

【写真の紹介】
①中原堰からの鶴ヶ城遠景
②椎木堰からの鶴ヶ城遠景

2020年07月30日 昌幸遠江守狼煙の行方
矢岳城[万喜城  周辺城郭]



万喜五支城の1つ。
城主は麻生主水助(あそうもんどのすけ)。
万喜城の北側、上総武田氏と対峙する位置にある。
1589年、里見氏の相模国攻めで北条氏に援軍を派兵していた万喜土岐氏。
手薄になった万喜城を里見方の上総武田氏に攻められるも、麻生主水助の奇襲で危機を救ったとされる。
ちなみに彼の兜は金の一文字をあしらった物で近隣では有名だったらしい。

2020年07月25日 甲府左京亮城介
いすみ市郷土資料館[万喜城  関連施設]



万喜城をリア攻めする前に、まずはこの資料館に来館してみてください。
万喜城のジオラマがあり、城の規模や見所ポイントの予習に最適です。
場所は、いすみ鉄道の国吉駅から、徒歩10分位の所にあり、ここから万喜城まで徒歩で3,40分位となります。
入館料は無料、駐車場もあります。
開館時間は、9:00~16:30となっています。

2020年06月04日 昌幸遠江守狼煙の行方
国府台城[万喜城  周辺城郭]



万喜五支城の1つ。
土岐為頼の娘を娶った三階(みはし)氏の居城。
万喜城の南側にあり、対里見の防衛拠点となっていたことだろう。
1590年の万喜城落城と運命を共にする。
主郭は現在、五柱神社となっている。
腰曲輪と横堀も確認できる。

2019年04月26日 下沼下総守雄信
駐車場[万喜城  駐車場]

大型車はここに駐車すること。

2019年04月26日 下沼下総守雄信
駐車場[万喜城  駐車場]

すれ違い不可の狭隘路を登る。途中に行き違い用の信号があるので絶対に無視しないように!

2018年11月05日 下沼下総守雄信
万喜城

投稿写真の通り、本丸跡に城の形の鉄筋コンクリート製の展望台があり、ここからの眺めは非常に素晴らしい。
展望台の直ぐ近くまで車で行けるがすれ違い絶対不可の狭隘路なので慎重な運転を。バック運転が非常に苦手な人は麓の駐車場へ。登坂途中に信号機があるので、赤で停車中に対向車が来たら迷わず横の駐車場へ待避し、降りてくる車を通してあげましょう。

2016年12月22日 下総守尾張の仕事人⚡️晋作
万喜城

万木土岐氏の系図には複数の説がある。

まずは頼元の子を為頼とする説。
海雄寺の墓誌を実際に確認する限り、初代城主とされる明応元年没の頼元(曽見院殿)と二代城主とされる天正11年没の為頼(慶含院殿)の没年差は91年。
親子であるならば為頼が91歳以上の長寿でないと辻褄が合わない。
同じ墓誌には頼元の嫡男(林叟幻華禅定門)が天正8年没とある。
やはり頼元の死から88年後に没ということは、この人物も88歳以上の長寿である必要が生じる。

一方で、頼元・頼房・頼定・為頼の順とする説もある。
頼房は頼元没の数年後の明応・文亀年間、里見義実の尖兵として上総真里谷城・佐貫城の合戦で活躍したとされる。
また、頼定は斎藤道三に美濃を逐われて上総に落ちた土岐頼芸とする説もある。

ともあれ、頼元と為頼の間に仮に頼房や頼定らが実在したとしても系図や城主に就任した事実は不明。
よって頼元が没してから為頼が家督相続するまでは城主不在とせざるを得ない。

為頼嫡子、三代城主の頼春の頃に小田原征伐の一環として本多忠勝に攻略され落城。
翌年、大多喜城に移るまで忠勝の居城でもあった。

2016年10月30日 まー刑部卿
万喜城

城山公園までの道のり車一台分の道幅で途中信号機があるが対向車が居ても避けきれない。この口コミを書いてる最中一台来ただけ。土塁はわかったが空堀は雨のためぬかるんでいるため確認出来ず。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore