和泉要害城

和泉要害城([万喜城  周辺城郭])

万喜城 に投稿された周辺スポット(カテゴリー:周辺城郭)、「和泉要害城」の地図・口コミがご覧頂けます。

「ニッポン城めぐり」アプリでは、スタンプラリースポットとなっている3,000城それぞれの地図に、周辺城郭や史跡など、様々な関連スポットを自由に追加できます。

和泉要害城の口コミ情報

2022年05月03日 真田右衛門佐持郎


自宅から見える山が城跡だったとは、まさに盲点でした。駐車場なしです。
【写真の説明】
❶東側より登城、伐採された斜面頂上より
❷更に上まで登れる
❸登れるがそこは竹藪で進まない
❹北東方面の細尾根
❺主郭の防御
❻竪堀のようにもみえる
❼東側麓には謎の穴
❽南側小浜城方面

東側の伐採された絶壁から攻め込んでみました。
ここは千葉市の企業が買収したらしく、ソーラーパネル設置工事が始まるようです。看板有
田舎の安い土地を買って都会の会社が自然破壊!
どうなのそれ⁉︎しかも城跡…如何なものか。
でも、登城しやすくしてくれてサンキュ!

伐採されたスペースを頂上まで登ると、段になるような防御になり、さらに上を目指せます。
しかし、竹藪で枯れた竹をバキバキ音を鳴らしながら突き進む事になります。
その音が響き近所の犬が即反応、わんわん!かなり吠えられました。笑
意外とすぐ諦めてくれる犬でした。

それはいいとして、竹藪を突き進み抜けると急激に降るスペースと北東側への細尾根、どちらに行くかの選択が現れました。
まず細尾根へ進む、しばらく歩くと二股に分かれ降ります、左は民家、右は東側の道へと通じる事を確認し、戻りました。
次、北西方向へ降りました。
また登りがあり進めば延寿寺辺りに出そうでしたが、とてもじゃないけど進む事の出来る状況ではなかったし、怖かったです。
そこで諦めて延寿寺へ向かう事に。
降りてしまうと登るのがかなり大変で、給水し休み休み登りました。
近いはずの伐採された絶壁がすごく遠く感じました、伐採スペースからの景色は、南側の大原にある小浜城と海から旧夷隅川を利用して万喜城攻めをしようと試みる敵の監視をしてたのではないかと、妄想してしまいます。

延寿寺に着き事情を話しましたが、良いお返事はありませんでした。
竹藪防御の真下まで確認しましたが、更に上まで登るのはかなり厳しいです。
まわり込むしかないですが…厳しそう。
延寿寺さんの管理敷地内の山で万喜城辺りを確認、重臣の吉野氏と万喜土岐氏はこの距離で何か合図を出し合ったのではとまたまた妄想。
和泉要害城、重要な役割をしてたのではないかと体感してきました。
登場の際はヘルメット着用してください。

2022年04月29日 真田右衛門佐持郎


【写真の説明】
❶南側からの城跡、山右切れた部分は細道。
❷延寿寺入口、山はびっしり竹で防御。
❸急な坂を登る延寿寺。
❹❺東側の細道沿いの側面、かなりの急勾配。

いすみ市岬町和泉にある延寿寺の背後で比高30m程の独立山にあった城。周囲は急崖に囲まれ藪化している、探索は冬場が良さそうだが、登城口はない。お墓参りを兼ねて延寿寺を訪問しましたが、見上げる範囲はびっしり竹で茂っていたので、ここからの登城は厳しいでしょう。東側の細い道路沿いが山の側面が伐採されていたので様子を見てそこから登ってみようと考えてます、また口コミ追加します。

城址周辺は吉野姓が多く、吉野氏は万喜土岐氏の家臣であると言う事で、吉野氏の居城と見るのが一般的な解釈である。土岐氏の重臣の居城としては、規模が小さ過ぎる気もする。吉野氏が土岐氏家臣団に編入される以前の古い時代の簡素な城とみるべきでしょうか。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore