勝浦城(かつうらじょう)

勝浦城の基本情報

通称・別名

所在地

千葉県勝浦市勝浦字郭内

旧国名

上総国

分類・構造

海城

天守構造

築城主

武田信清

築城年

大永元年(1521)

主な改修者

正木時忠?

主な城主

真里谷武田氏、正木氏、植村氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、堀切、横堀(空堀)、切岸

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

小田代城(千葉県夷隅郡)[17.9km]
大多喜城(千葉県夷隅郡)[18.0km]
万喜城(千葉県いすみ市)[18.1km]
山之城(千葉県鴨川市)[26.1km]
久留里城(千葉県君津市)[26.3km]
一宮城(千葉県長生郡)[26.8km]
真里谷城(千葉県木更津市)[29.4km]
庁南城(千葉県長生郡)[30.0km]
秋元城(千葉県君津市)[32.1km]
佐是城(千葉県市原市)[33.9km]

勝浦城の解説文

勝浦城(かつうらじょう)は、千葉県夷隅郡勝浦(現在の千葉県勝浦市浜勝浦)に存在した日本の城。

概要
勝浦湾の東南端に突き出た天然の険しい崖の上(八幡岬)に築かれた海城(要害)で、築城経緯・時期などの詳細は不明だが、1521年(大永元年)に真里谷城の城主だった上総武田氏の一族の真里谷信興(真里谷信清?)が安房の里見義堯による北上阻止のために支城として築城されたという説がある。

その後、真里谷武田家の一族の居城となっていたが、真里谷武田家が内紛で勢力を弱めると、後北条氏と里見氏が上総に進出するようになった。

1544年(天文13年)、里見方の正木時茂が大多喜城の真里谷朝信を滅亡させ、朝信の勢力圏を里見氏の傘下に収めたとき、勝浦城も里見方となっている。以後は正木氏の一族の正木時忠が入り、勝浦正木氏と呼ばれるようになった。時忠は後に後北条氏に寝返ったが、里見氏は勝浦城に激しい攻撃を加えこれを取り戻している。正木憲時の乱が起きたとき、正木頼忠(お万の父)は里見義頼に味方したため、憲時の攻撃を受け、一時落城したといわれ、のちに「お万の布晒し」の伝承を生んだ。憲時の乱が鎮圧されると、頼忠は勝浦城主に復帰している。

1590年(天正18年)に徳川家臣の本多忠勝に攻められ落城後廃された。

城が存在した場所は現在、八幡岬公園となっている。

勝浦城の口コミ情報

2021年02月12日 わき☆安房守れーじ
勝浦城



城跡は八幡岬公園として整備されています。展望台からは太平洋の眺めが見事です。

2021年02月08日 国府左京亮城介
興津城[勝浦城  周辺城郭]



正木憲時の乱の舞台となった城の一つ

【歴史】
正嘉2年(1258)に、佐久間重吉・重貞が築城したといわれている。その後、真里谷武田氏を経て勝浦正木氏が支配下におく。天正8年(1580)、小田喜正木氏の正木憲時が里見義頼に叛旗を翻した「正木憲時の乱」では、ここを拠点に勝浦城などを攻略している。小田原征伐後に廃城となった。
別名:奥津城、ゆうげの要害

【遺構】
上総興津駅の北側900mほど山の中に位置するが、登城口は駅から北にぐるっと回りこんで上野集落から行く必要がある。かつて保養所が造られたおりに一部遺構が壊されたようではあるが、極めて良好に残っており、管理人によって整備もされているので、極めて見学しやすい。
城は1郭から3郭で構築され、各郭にはそれぞれ岩盤掘削して造られた防御設備が存在しています。1郭の東側には岩盤を垂直切岸にしたり、2郭には物見台があります。また、房総の城の特徴である岩盤掘削された堀切があり、特に1郭南にある堀切は圧巻です。

【感想】
まさに、房総の城という形容が相応しいお城です。岩盤切岸、岩盤堀切の見事さに悶絶レベルです(笑)
自分のような公共交通機関利用者の場合だと、駅からのアクセスに難点のあるお城ですが、その労苦に見合うだけのお城であることは保証します。房総の城が好きな人なら是非登城してみてください。

なお、多くの同好の士が利用しているであろう余湖さんの鳥瞰図が説明板に使用されています。

城内では、かなりの数の猿が生息しています。城内に生えているみかんを食べているようで、特に威嚇はせずに、人の気配を感じて逃げていくようですが、念のためのご注意を。

【アクセス】
上総興津駅から徒歩50分程。ただし、歩道がほぼないので、歩く際は車に気を付けてください。
車の場合は、瑞法殿付近に停められる。

【写真】
1:登城口
2:3郭にある余湖さんの鳥瞰図が使用された説明板
3:3郭の北側堀切
4:2郭の物見台
5:1郭と2郭の間の堀切
6:1郭の東にある垂直切岸
7:1郭南の大堀切
8:興津城から興津港の眺望

2021年01月11日 ファン主計允トム治郎
勝浦城



京とは真逆の方角である東の地の果て、荒海にそびえ立つ崖の上に築かれた砦。真里谷武田と里見の戦なんぞおおよそ、天下の大勢とは関係のないものだったろう。当時の房総海賊や里見水軍とはどんなものだったのだろう。暗闇せまる黄金色の波に想像を重ねる時間でした。

2021年01月01日 水天一碧
吉尾城[勝浦城  周辺城郭]

勝浦湾に面した台地上にあるお城です。東側には勝浦城をのぞみます。このお城は、とにかく尾根という尾根ををガリガリに削りまくり、北へ東へ西へと展開していきます。房総の城でおなじみの岩盤の遺構が一番の見所だと思います。一部にはしっかりと石垣が残っていたり、綺麗で丁寧な仕事ぶりの腰郭が連なるなど、見どころしかないです。先へと進むたびに、いちいち足が止まってしまう激しさと美しさを兼ねた素晴らしいお城でした。

2020年12月11日 龍馬太閤【備中の麒麟】
吉尾城[勝浦城  周辺城郭]



千葉県の勝浦市にある吉尾城♪好き過ぎて月1来ているw行き過ぎですね🤣

勝浦城の支城である吉尾城、興津城、葛ヶ崎城は西側から攻めて来る里見氏から身を守った真里谷武田氏の城郭となります☆

この港城は勝浦湾に突き出した複雑に枝分かれする尾根上に築かれています♪東側の勝浦城とは目と鼻の先で勝浦湾から攻めて来る水軍兵に東の勝浦城、西の吉尾城として睨みを効かせたのでしょう♪
城域としては生活圏内、街道動線を含んだらカナリの巨城です☆痩尾根上に展開される戦闘エリアである山城は兵を沢山溜める事は難しいながらも、平時は生活圏内である平地、港側で生活して居たと思われます☆(私感です✨)高台に位置する城が巨大な防塁の様な形でグルリ生活圏内、港、平地を守り込みます♪所謂、鎌倉城の様なイメージが近いかな〜☆

普段、縄張り図の場所以外にもグルグル歩くのですが、吉尾城の場合は生活圏、戦闘圏という様な見方をする方が合っているかと思いました☆行ってみたらその2つの様子がよく分かる☆往時の武将や町人達はどんな生活をしていたのかな〜♪何度も足を運ぶ事で見えてくる事ってやっぱりありますね♪

見所は郭、動線に削り残した岩盤土塁♪
大きめの郭の下に必ずある無数の段郭♪良い仕事してますね〜w更には痩尾根を加工した綺麗な土橋♪更には更には複雑に入り組んだ支尾根を利用した迷わせる縄張り✨まだまだ在るけど一旦これ位に♪また近々行こう🤣

2020年11月30日 龍馬太閤【備中の麒麟】
吉尾城[勝浦城  周辺城郭]



千葉県の勝浦市にある吉尾城♪
真里谷武田氏が築城したと伝わります☆別名・吉宇城とも呼ばれます☆
東側の勝浦城とは湾を挟む位置関係にあり勝浦城の有力な出城、支城であった事が分かります☆
痩尾根を駆使して削り残した岩盤土塁を配置し痩尾根の斜面には腰郭を造り込む☆岩盤土塁、岩盤堀切、切通し等々、見所満載でした〜♪
プロフの大好きな城に一気に入って来たw

2019年07月21日 田部朝臣土持安房守
木戸跡[勝浦城  寺社・史跡]

岬の先端部は所謂詰めの城で、この場所に木戸を設けていたそうです。左右の高台上に郭を並べて谷間を城内、浜勝浦が軍船の港兼用との事。現在公園の所だけ見るととても狭いと思ってしまいますね。

2016年10月30日 まー刑部卿
勝浦城

駐車場まで道路は路駐車が居て車一台通れるくらいでトンネルを抜けると駐車場です。公園内は人は居らずとも駐車場は10台くらい駐車していました。八幡宮の参道のところに城址石碑あります。御萬の方の像は更に進むと突端に建っています。近くには勝浦灯台や官軍塚があります。

2014年05月31日 鎮玄斎
勝浦城

三方を断崖に囲まれているため見晴らしが最高!公園内もきれいに整備されており、トイレにはオムツ交換台も完備!

駐車場は車上荒らしが多いらしく警察が巡回していたのでご注意を。

主な遺構:断崖絶壁

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore