真里谷城(まりやつじょう)

真里谷城の基本情報

通称・別名

真地野城

所在地

千葉県木更津市真里谷字真地

旧国名

上総国

分類・構造

丘城

天守構造

不明

築城主

武田信長

築城年

康正2年(1456)

主な改修者

主な城主

真里谷武田氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、堀切、虎口

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

久留里城(千葉県君津市)[6.5km]
佐是城(千葉県市原市)[6.5km]
笹子城(千葉県木更津市)[11.8km]
小田代城(千葉県夷隅郡)[12.2km]
庁南城(千葉県長生郡)[12.8km]
大多喜城(千葉県夷隅郡)[13.2km]
秋元城(千葉県君津市)[14.9km]
椎津城(千葉県市原市)[15.9km]
真武根陣屋(千葉県木更津市)[16.2km]
犬成城(千葉県市原市)[17.8km]

真里谷城の解説文

真里谷城(まりやつじょう/まりがやつじょう)は、現在の千葉県木更津市真里谷にあった日本の城(山城)である。真里谷城址は房総丘陵の山中の周囲の峰々と比較しても高い位置(海抜161m)にあり、現在、木更津市立少年自然の家(キャンプ場)として利用されている。

上総武田氏の祖武田信長が築城したとされており、真里谷城と庁南城(長南町)を拠点として上総国一帯に勢力を広げ、真里谷武田氏の政治・軍事的拠点としての役割を果たすが、1590年の小田原征伐の際に廃城となる。

歴史・沿革
1456年(康正2年)当時上総国は上杉政憲の支配地であったとされ、これを敵視する古河公方足利成氏の命を受けた武田信長が上総国に進出する。信長は上総国進出の足がかりとして真里谷城と庁南城と併せて築城する。上総武田氏は真里谷城と庁南城を本拠地とし、下総国に対する備えとして椎津城佐是城を、小櫃川流域支配のために中尾城笹子城久留里城、南部の里見氏に対する備えとして佐貫城造海城といった支城を拡げていき、上総経営に着手していく。

その後、武田信長の孫の中でも真里谷城に本拠地を構える武田信興から姓を「真里谷」に改める。真里谷氏は真里谷信興から信勝、信清の3代の間に最盛期を迎え、真里谷信清(入道恕鑑)の代には対立する原氏が拠る小弓城を攻略し、足利義明を迎えて(小弓公方)、信清自身は「房総管領」を称するようになる。

真里谷信興から数えて4代目真里谷信隆の代に異母弟真里谷信応との間で内争が発生する。信隆の父である信清から家督を継いだのは庶子の信隆であったのだが、それからまもなく信清の正室が信応を生んだことにより家臣を巻き込んだ後継者問題が発生する。「嫡子である信応が家督を継ぐのが正当である」と考えた信応派の家臣は足利義明、一族の有力者である真里谷全方の支持を得て、信隆から家督を奪う事に成功し、真里谷城に入城する。家督を奪われた信隆は北条氏綱庇護の下、椎津城に逃れた後、武蔵国金沢に逃れる。1538年(天文7年)の第一次国府台合戦の結果、小弓公方方は敗北したことにより信応は失脚し信隆がふたたび真里谷氏当主に返り咲くが、一族の争乱を収める事が出来ず北条氏に臣従するような状況となり、真里谷氏は上総地方の支配力を失う。この一連の事件を契機に真里谷氏の拠点が真里谷城から椎津城に移ったとされている。以降、上総国は後北条氏と里見氏の係争地となる。

1590年(天正18年)小田原征伐にて真里谷城は豊臣勢に攻められ落城し、廃城となる。

構造
城の位置と性質
真里谷城址は房総丘陵のほぼ中央、小櫃川支流の武田川上流域にあり、JR馬来田駅より南東方向へ約5kmほどの位置に存在する。城址周辺は、山々が連なっておりまさに天然の要塞といった様子が伺える。しかしその場所は山間部にあって、支配対象となりうる集落を形成するような平坦な土地が無く、農作物の生産拠点となる小櫃川や養老川流域からも外れており、その上交通の要所を抑えておらず、鎌倉街道など街道から外れた場所である事が確認できる。

そのような辺鄙な場所に真里谷城を築城した理由として、築城当時の武田氏の状況によるものと考えられている。武田氏は敵対する千葉氏とは異なり、古くからこの土地を支配していたのではなく外部からの侵略者という立場があり、外部だけでなく地元の豪族の動向にも気を配る必要がある。その事から常に内外からの襲撃に備える必要性があり、転じて敵の侵攻にも優位に働いてしまう交通の要所に拠点を置く事よりも敢えて平野部から少し奥にある山間部に拠点を置き、外部からの侵攻に備えたのだろうと思われる。また、この場所は小櫃川と養老川の両川流域の中間地点で小櫃川流域には約3km、養老川流域には約4.4kmの位置にあり、必要に応じてこれら生産拠点へに進出が可能である。また、武田氏のもう一つの拠点である庁南城とは約12kmの距離である。

上総武田氏は上総国のほぼ中間地点に当たるこの地に拠点を置き、支城との連携を密にする事で不測の事態にいつでも対応できるような領土経営を行ったと考えられる。
...

真里谷城の口コミ情報

2021年01月26日 eiki
真里谷城



久留里城からウオーキングで2時間30分かけて行きました。現在、コロナの影響で駐車場は閉鎖されています。城趾はキャンプ場で利用されており良く整備されてます。中心に城山神社が鎮座しそれを囲む土塁、郭は見事です。自然地形を巧く利用し切岸、堀で防御を固めた造りを見ることができる城趾です。帰りは小湊鉄道高滝駅まで1時間歩きました。


2021年01月10日 愛甲左京大夫【相模の狂人】
真里谷要害山城[真里谷城  周辺城郭]



先人の口コミに釣られて登ってみましたが、色んな意味でイっちゃってる…いや攻略の難易度も城自体の土木工事っぷりもケタ違いでしたw

アプローチは2ヶ所から可能と思われます。
1ヶ所は城郭西面の秋葉神社の裏から東を目指して尾根線を忠実に登って行きます。ヤブが物凄く(現在地も判らなくなるほど、笹中心のドSな…)、かつ2本の相当に鋭い空堀を登降する事になるので敬遠したいですが、もう一方から登って帰りにこちらへ侵入しようという気はもっと失せると思うので、往路はこちらから行くのが良いかと…。
もう1ヶ所は城郭南面の八幡神社から裏山に入り、最高所目指してひたすら登ってゆくと、主郭直下に出ます。かなりの急斜面ですが歩いて登降出来るでしょう。ヤブも少ないです。ただ斜面の中に遺構は見当たりませんでした。

先人の口コミの通り、土木量はハンパないです。城内では小規模な秋葉神社側の空堀2本から高さ10m級、主郭を半周する空堀と、北西の末端に3重の三日月堀が横たわっていますが、これらは近江の小谷城の大空堀に匹敵する規模ではないかと思われます。こんなものがヤブ山の中に忘れられたまま横たわっている有様に言葉を失います。
最大の特徴と言えるのがこの北西端の3重の三日月堀で、房総の他の城郭には見られないものです(私は縄張図からシャンパーニュケスタを連想しましたが💦実際には高低差がかなりありました)。
堀の周辺だけヤブが比較的少なく(倒木はあります)全貌が見やすいのもポイント高いです。登城した猛者を帰さないようにするワナとしか思えません。実際私は、主郭下の空堀見てて往路のヤブの存在を忘れてました。

今、千葉県は相当に気合を入れて山城の発掘、整備に力を入れているようですが、ここがターゲットになると重機は入れそうにないし、面積広く地形も急峻なので、相当に手間がかかるのではないかと心配になって来ます…💦

2020年12月28日 龍馬備中守【】
雀ヶ崎城[真里谷城  周辺城郭]



千葉県の市原市にある雀ヶ崎城☆築城、城主共に不明の城郭となっています☆
ただ、遺構としては間違いなく戦国期の顔をしていて馬出し状の物を持ちます♪もしかしたら…北条氏が真里谷氏、里見氏を狙う為に手を加えた城なのかもしれません☆それと台地続きには御園生館があるのですがこの御園生館は古く平安時代に大館氏の居館であったと伝わります♪
台地続きの御園生館✨台地の先端部に雀ヶ崎城☆先端部が引っかかりますね🤔もしかして…元々は1つの城だった❓  

御園生館の距離は雀ヶ崎城の西側200m位の位置にあります☆もしかしたら元々は1つの城郭で後に里見氏、真里谷氏を攻める為に北条氏が改修した✨そんな推理も面白いですね♪


2020年12月10日 龍馬備中守【】
音羽根城[真里谷城  周辺城郭]



千葉県の市原市にある音羽根城♪別名が音羽根城で♪大羽根城ですw
音羽根城の方が綺麗なんで此方で呼びます☆

この城は里見氏が北の千葉氏に備えた城と伝わります☆天正期時代の里見氏の城の造りをしています☆

千葉氏に対する☆う〜ん☆どうかな〜❓里見氏が北条氏に備えて築いた城という様に感じました☆内陸部に位置する為に岩盤ガリガリはやってませんが、その証拠はやっぱり5連続堀切、斜面に縦土塁状の土盛り☆堀切は現状は浅くなっていますが緊急的な切迫感が伝わります☆アレは(連続堀切)強大な力が攻めて来る前に築くやつ☆(私感です✨)高滝湖のそばには里見駅、里見小学校など里見氏に関する伝承がこの地域には根付いてます♪

主郭を南側に配置しそこから北に伸びる山上に郭を展開☆城内は非常に大きくて良く造り込まれてます☆
副郭と三郭は堀切で遮断し、三郭と四郭は仕切り土塁で区画を造っていて主郭を守ります☆北の先端部側は小さな小郭が断続的に麓へ伸びている為此方が大手側でしょう♪
主郭の背後には五重堀切を構え込み南側の侵入を警戒します☆主要部分の西側に帯郭、腰郭を取り付け兵の迅速な移動を可能にしています☆東側は急斜面の為、支尾根、縦土塁状の遺構が中心に西側が街道に面している為、東側を重点的に造り込みます☆


登城路は無いから西側の街道沿いの程よい所を直登して下さい♪登って行けばドッカの郭に到着します☆山のピークがもう城なので後はパラダイスです♪帰りは西側から程よい所から降ればまた街道側の西の道に辿り着きます♪東側は切岸斜面が鋭いので降りる場所として余りオススメしません☆
情報として入れておきます☆

2020年12月07日 龍馬備中守【】
真里谷要害山城[真里谷城  周辺城郭]



千葉県の木更津市にある真里谷要害城♪

天神台城とは武田川を挟み直ぐの場所にあります☆この真里谷要害城☆土木量が半端じゃ無いんです😂もうやる気しか感じない位スケールがデカイ😂

取り敢えず登り口が判らずwその辺を直登☆竹の餌食にwしかし要害感丸出しの城郭は素晴らしいです♪
特に主郭の背後の三重堀が圧倒的♪

向かいの天神台城にこの真里谷要害城☆2つ合わせたここじゃ無いかな〜?『真里谷新地城』今見る縄張りと実際に活用していた城域ってのは勿論場所にはよりますが本当に広いんです♪自分達が見ている縄張り図には描かれていない所も城域として活用してます☆
隣の山なんかあったとしたらそこも活用しているイメージです♪自分が殿だったら絶対に手を加えるだろうし😁
生き残る為には攻め手の有利にはさせません☆そんな気迫すら感じる真里谷要害城でした♪僕は天神台城とココ真里谷要害城を真里谷新地城だったんじゃ無いか?そんな疑問を残し後にしました☆
もう一つ思った事♪そもそもは真里谷武田方の城ではありますが、里見氏が…北側に位置する千葉氏を牽制する為に拡張したのか?
はたまた里見氏を房総半島へ閉じ込める為に北条氏が改修したのか?
いずれにせよあの土木量は異常。
大きな力と手が入った事は間違いないです♪

また近々行こう〜と♪

2020年12月07日 龍馬備中守【】
天神台城[真里谷城  周辺城郭]



千葉県の木更津市にある天神台城♪
北条氏綱書状に出てくる真里谷新地城(真里谷武田氏の本城の真里谷城)実はちゃんとした場所の決め手ある物は出て来ていません☆真里谷新地城は現、真里谷城の場所と言われていて武田信長が取り立てました☆
この天神台城を真里谷新地と言う説もあるケド謎を呼びます☆往時の事は誰も解らない…☆だから面白いんですね☆
天神台城と武田川を挟んだ北側に真里谷要害城☆更に天神台城の南側には真里谷城があります☆3つの城は本城を真里谷城として、この天神台城、真里谷要害城と城を構えました☆こんな至近距離にバシバシ城を造る真里谷武田氏の往時の緊張感がヒシヒシと伝わってきます☆天神台城は武田川と泉川が合流する地点の南東側にある丘陵に築かれています☆
この丘陵上が城郭で南北に大きな郭を展開します☆北に向かって少し張り出す様なイメージは☆逆Lの形☆堀切でこの郭を遮断し土橋で連結と言うのがスタンダードです☆城を見た印象としては郭の削平の甘さに…土塁が低い…土木量はあるモノノ割りかし簡単な造りとココが真里谷新地城と呼ぶには少し違う気がしました☆その後に対岸の真里谷要害城へ☆この真里谷要害城に関して最高だった♪土木量が違う♪天神台城、要害城の2つの城は直接距離で400m程度☆
最早、、これは…ここからは私感です☆
南側に位置する天神台城☆
大きな郭で構成された城です☆
人を溜めて居住するには持って来いな環境☆
北側に位置する真里谷要害城☆
土木量が凄まじく☆正に北側を守る要☆
天神台城を居住スペースとして真里谷要害城を戦闘スペースとしていた☆
つまり…一つの城だった☆
天神台城と真里谷要害城☆武田川を挟んで目の前が向かい合う形で両城構えます☆
こんな接近的に2つも城は要らないだろう〜?と思った事が一番最初に感じた事☆
天神台城も真里谷要害城も、遺構を見る限り同じ戦国時代を生きていた城である事は間違いないだろうから天神台城の北の要に後付けで真里谷要害城を造り込み構えたのかな〜?
情勢が圧迫して来たからには戦闘態勢に入らねばなるまい…真里谷武田氏が拡張したか?と言う印象を受けました☆
天神台城、真里谷要害城☆2つの城を合わせたモノを北条氏綱は『真里谷新地』と呼んだのかもしれません☆本当の事が判らない♪だからこそ面白いお城でした♪


2015年09月20日 STRADA
真里谷城

木更津市立少年自然の家キャンプ場を目指して下さい。キャンプ場が城址です。道は狭いです。

2013年05月18日 伊達常陸入道ねんさい近江守
真里谷城

小湊鉄道の高滝駅にレンタサイクルあり城跡まで行きは登り坂が多くて大変だった。途中から歩道がなくなったがそれほど車が通らなかった。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore