造海城(つくろうみじょう)

造海城の基本情報

通称・別名

百首城

所在地

千葉県富津市竹岡字城山4492-1他

旧国名

上総国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

真里谷信興

築城年

寛正2年(1461)

主な改修者

正木氏

主な城主

真里谷武田氏、正木氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

空堀、石垣、曲輪、土塁、井戸、堀切

指定文化財

再建造物

周辺の城

佐貫城(千葉県富津市)[8.6km]
勝山城(千葉県安房郡)[10.9km]
浦賀城(神奈川県横須賀市)[11.3km]
飯野陣屋(千葉県富津市)[12.9km]
佐原城(神奈川県横須賀市)[14.8km]

造海城の解説文

造海城(つくろうみじょう)は千葉県富津市竹岡にあった城。

概要
造海城は、真里谷氏によって築かれた山城。里見氏の支配下に入った天文6年(1537年)以降、里見氏の対北条氏最前線として重要な役割を果たした。

歴史・沿革
寛正2年(1461年)、真里谷信興により築城された。
天文3年(1534年)、真里谷信隆と信応の間に家督争いが起こると、信隆の子信政が拠った。
天文6年(1537年)、信応に付いた里見義堯に攻められ開城し、里見氏方の正木氏が入った。
天正18年(1590年)、小田原の役の後、里見氏が安房一国に減封され廃城となった。
江戸時代末期、城内の北端及び南西端二箇所に台場が設けられた。

構造
浦賀水道に面した南北に伸びる独立性の高い丘陵上に占地し、西面を浦賀水道、北面を白虎川に守られた天然の要害である。

郭は尾根上に四郭を設け、西側に伸びる支尾根上及谷の上部に郭が重ねられている。東側の地形は西側に比べて起伏に乏しいが、三柱神社脇の尾根筋及び外部へと繋がる尾根筋に普請が認められる。後者は灯篭坂大師から伸びる大手道を、後者は延命寺・三柱神社にあったと考えられている居館をそれぞれ守る目的で設けられたものと考えられる。この他に、大手尾根の付け根付近に木出根と呼ばれる場所があり、腰郭が設けられている。

考古資料
遺構
山上の遺構はほぼ完全に残っており、空堀や石垣、土塁、及び井戸が残る。ただし、後に台場が設けられたため、幕末期の遺構も混在する。

造海城の口コミ情報

いず上総介なおとし様[2013年08月01日]
ギャラリーの灯籠坂大師より尾根筋を進みますが、近年は崩落が進み、危険なところが増えてきました。初登城の場合はお一人で行かれるのは大変危険が伴いますのでご注意ください。一番危なかった縁のない深井戸は切岸の崩落石でちょうど蓋がされていました。その他も郭間の移動も大変歩きにくく滑りやすいので、ご注意願います。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore