岡本城(おかもとじょう)

岡本城の基本情報

通称・別名

所在地

千葉県南房総市富浦町豊岡字要害

旧国名

安房国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

里見義弘

築城年

元亀元年(1570)

主な改修者

主な城主

里見氏

廃城年

遺構

曲輪、腰曲輪、石積、土塁、横堀(空堀・水堀)、土橋、虎口、掘立柱建物跡

指定文化財

国史跡(里見氏城跡)、市史跡

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

勝山城(千葉県安房郡)[6.4km]
館山城(千葉県館山市)[8.0km]
稲村城(千葉県館山市)[8.6km]
造海城(千葉県富津市)[17.2km]
山之城(千葉県鴨川市)[18.6km]
三崎城(神奈川県三浦市)[22.0km]
浦賀城(神奈川県横須賀市)[23.5km]
新井城(神奈川県三浦市)[23.6km]
佐貫城(千葉県富津市)[24.6km]
佐原城(神奈川県横須賀市)[25.1km]

岡本城の解説文

岡本城(おかもとじょう)は、千葉県南房総市富浦町豊岡にある日本の城。安房里見氏の居城。国の史跡に指定されている。

概要
里見氏は、戦国時代から江戸時代初頭にかけて10代170年にわたり房総半島南部(上総国・安房国)を支配した一族で、『房総里見軍記』などの軍記物のほか『南総里見八犬伝』など後世の伝奇小説のモデルになったことでも知られる。

岡本城は、里見氏家臣・岡本通輔の築城と伝わるが、里見氏第7代里見義弘が後北条氏に対抗する水軍拠点とするため岡本安泰より譲り受け、1572年(元亀3年)に改修した。義弘の死後は、1580年(天正8年)に嫡男の梅王丸と後継を争って勝利した弟里見義頼の本拠となった。1591年(天正19年)、義頼の子・里見義康が本城を館山城に移したことで廃城となった。

城跡は東京湾を望む標高66メートルの丘陵にあり、城域は東西600メートル、南北300メートルに及ぶ。山頂を中心とする8つの曲輪と腰曲輪からなり、山頂から北東に広がる曲輪は港としても機能していたと考えられている。発掘調査では、中国製陶磁器等の遺物や、高層掘立柱建物跡の可能性がある遺構が検出された。

1898年(明治31年)、城域東側の聖山の松の木を「里見公遺愛の松」として碑が建立された。1911年(明治44年)には、聖山を「里見義頼公ノ創建セラル岡本城跡」として、里見大権現が奉祀されており、地元の人々が特別な場所として崇拝していた。聖山の松の木は大正末年に枯れてしまったとされ、写真も現存しないとされていたが、2011年に、この松の木が写っている戦前の絵葉書の存在が確認された。

2012年(平成24年)1月24日、「里見氏城跡 稲村城跡 岡本城跡」として、稲村城とともに国の史跡に指定された。

参考文献
館山市立博物館 (1993年10月16日) “「岡本城」『里見氏の城と歴史』”

岡本城の口コミ情報

2020年06月08日 OROKA参議
滝田城[岡本城  周辺城郭]



滝田城は築城者や正確な時期は不明ですが、里見氏の城になります。

登り口は2つあり、南側のグー◯ルマップで「滝田城址駐車場」と登録されている地点(案内板あり)と、北側の「高月口」バス停の西側の道を入ったあたり(確か駐車スペースと案内板あり)です。
北側の登り口は遺構の集中した方面ですが登りが急で、南側の登り口は犬と姫の銅像を見ながらゆったり登る感じになります。
(まぁ、遺構を全部見ようと思うとだいたい2つの登り口を踏破する事になりますが)

遺構はガッツリ残ってます。そして、規模はかなり大きいです。
見所は館跡の背後を守るゴツくて明瞭な土塁、尾根に何度も出てくるザックリした堀切、斜面にエグい角度で設置され敵を迎撃する虎口など…
里見氏の城の中では、とにかく遺構が豊富で明瞭に残ってる印象です。

房総半島の中では、とにかく個人的にオススメしたい城ナンバーワンです!(´▽`)

2019年12月15日 ヒロフミさん
岡本城

台風15号の影響で倒木が酷く通行止めの標識。無視して山頂の岡本城址の碑へ。東山の道路上で地主さんから、御殿の場所を教えてもらう。元佐貫城城代の家系で18代目とか。一帯の琵琶や観賞用蘇鉄を栽培しているとのこと。


2016年02月24日 藤井伊賀守
岡本城

皆さんが石積みといってるものは、後世の、崩落防止か、耕作にともなうもので、遺構ではないと思います。

2014年12月30日 三日陸奥守落人
岡本城

安房里見氏の本城だけあって見所充実です。
北条氏と対峙しつづけた里見氏だけに、北を意識した縄張り、複雑な石積み。そして何より、ほとんど垂直に削りあげた絶壁のような切岸は圧倒的です。

ただ、登城口は2つありますがそれぞれ難物です。
ひとつは国道127沿いにみえる案内板にしたがって脇道に入り、古いトンネル横から上がる階段。
こちらが比較的分かりやすいんですが、コンクリの階段は急な上に踏みしろが研磨されたようにまるくなってて、雨の日なんか危なげです。

もうひとつは、城の反対側。老人憩いの家の裏から上がってゆく階段がありますが、こちらは分かりにくい上にまったく整備されてないようで、途中から落葉や枝で埋もれたようになってました。

いずれも駐車場はありません。
あと、曲輪まわりの切岸は落ちたら死ぬレベルです(-_-;)

素晴らしい城跡ですが、少し注意が必要ですよ~

2013年07月28日 いず常陸介なおとし
岡本城

市場側からの登城がお勧め。本郭から左奥の物見台からの景色は一見の価値ありです。本郭から降りて大堀切り辺りから石積が極端に多くなります。あとは枡ヶ池の南側にも素晴らしい遺構があるのでお見逃しなく♪ただし、ほぼ全部が農地ですので、くれぐれもご注意を。

2011年01月20日 足軽越中守一歩
岡本城

千葉は、どの城趾も景色が、良いですね!波形と階段の登り口が2ヶ所あり。 階段側は整備中のため表示はしないとのこと!!現在、公園として整備している途中なので空き地の状態であった。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore