館山城(たてやまじょう)

館山城の基本情報

通称・別名

根古屋城

所在地

千葉県館山市館山字城山2160他

旧国名

安房国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

型式不明[3重/築年不明/破却]、独立式望楼型[3重4階/1982年築/RC造模擬]

築城主

里見氏

築城年

天正8年(1580)頃

主な改修者

里見義康

主な城主

里見氏

廃城年

慶長19年(1614)

遺構

曲輪、堀切、横堀(空堀)、横堀(水堀)

指定文化財

市史跡

再建造物

模擬天守、石碑、説明板

周辺の城

稲村城(千葉県館山市)[4.7km]
岡本城(千葉県南房総市)[8.0km]
勝山城(千葉県安房郡)[14.3km]
山之城(千葉県鴨川市)[21.1km]
造海城(千葉県富津市)[25.0km]

館山城の解説文

館山城(たてやまじょう)は、千葉県館山市館山にあった城。

概要
天正19年(1591)に里見義康が居城とした。その後、1614年に里見氏は改易され、館山藩は取り潰しとなった。この際に館山城も廃城となり、破却された。後の1781年に、稲葉正明が館山藩主となって館山に入ったが城を再建することはなく、2代正武が城の麓に館山陣屋を構えて、そこを新たな政庁とした。

現在建つ天守は、丸岡城を模して1982年に再建された模擬天守であり、当時の天守の概要や外観については不明である。この天守は現在、館山市立博物館(八犬伝博物館)として利用され、周辺は城山公園となっている。

周辺の緑地などは城山公園となり、市民の憩いの場ともなっている。また、サクラや紅葉の名所、鳥を見物できる施設もあり一つの観光名所ともなっている。頂上までは70メートルと低いため、気軽な散歩として利用する人も多い。

交通
東日本旅客鉄道(JR東日本)内房線館山駅からバスで「城山公園前」停留所下車、徒歩3分

館山城の口コミ情報

左近衛中将うっちん様[2017年01月06日]
海が見渡せ、対岸に富士山もくっきり、絶景なお城です。

いず上総介なおとし様[2013年07月25日]
館山城の遺構が破壊され少なくなってしまったのは、太平洋戦争時に軍が山頂部分を3~5mほど平削して砲台を置いたためです。駐車場からの道路もその頃作られてしまいました。戦争さえなければ…

ビバちゃん様[2012年08月03日]
館山城は見た目にはとてもきれいで見晴らしも最高に良いので私は好きです。

ただ城の遺構や構造をより詳しく知りたい人には物足りません(笑)

城内部の資料は里見八犬伝の物ばかりなので里見氏の資料見たい方は城のしたにある博物館で見て下さい。

城と博物館共通券¥300でとてもリーズナブルです!

田部朝臣土持兵庫頭様[2012年03月26日]
 一寸だけ残念な城。整備して公園にしたのは良いとして、半端な手の入れ方をして返って遺構を壊してしまった感じ。
 特に頂けないのが天守と天守までの坂道。あれでは本来の登城ルートがまるで判らない。
 辛うじて腰郭等がおそらくそのままの姿だろうと判る程度。だが、全体としてみれば形が残されているので、これはいい方だと思う。
 駐車場有。それなりの台数が停められる。

左馬允もっくん様[2010年06月09日]
博物館本館では鎧兜の体験試着コーナー有り。
かなり本格的です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore