稲村城(いなむらじょう)

稲村城の基本情報

通称・別名

所在地

千葉県館山市大字稲字城山他

旧国名

安房国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

里見義実

築城年

15世紀後期

主な改修者

主な城主

里見氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(里見氏城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

館山城(千葉県館山市)[4.7km]
岡本城(千葉県南房総市)[8.5km]
勝山城(千葉県安房郡)[14.1km]
山之城(千葉県鴨川市)[16.9km]
造海城(千葉県富津市)[23.8km]
秋元城(千葉県君津市)[29.6km]
佐貫城(千葉県富津市)[29.9km]
三崎城(神奈川県三浦市)[30.4km]
浦賀城(神奈川県横須賀市)[31.7km]
新井城(神奈川県三浦市)[32.1km]

稲村城の解説文



稲村城(いなむらじょう)は、安房国安房郡(現在の千葉県館山市稲付近)にあった日本の城である。2012年(平成24年)1月24日に岡本城(南房総市)とともに「里見氏城跡」として国の史跡に指定された。

概要 

館山平野・鏡ヶ浦を見下ろせる標高64メートルの丘陵上に築かれ、東西・南北ともに500メートル規模を持つと推定される。また、主郭部分の東側を削り、西側の尾根を盛土した痕跡がうかがえる。

伝承では文明18年(1486年)に里見義実が築城し、延徳3年(1491年)に完成したとされるが、確証はない。ただ、築城が15世紀後半と推定されること、里見氏最初の本拠地とされる白浜城との間で道が整備されていたことが知られていることから、一次史料からは確認されないものの、稲村城が里見氏当主の居城であったこと、また同時代の人々にそう認識されていたことは間違いない事実と認定できる[1]

稲村城に本拠を構えることで里見氏のその後の飛躍を決定づけた。稲村城の立地は国府一帯を一望できる絶好の構えであった。このことから稲村への進出は、まさに守護の掌握する国衙領=守護領及び国衙機構への守護支配体制を継承する意味を持つといえる[2]。しかし、戦国時代には国衙機能が喪失されていることから、里見氏の稲村城進出が国府を意識したものだと捉えるのは不適切とする反論もある[3]。また稲村城は、古代以来安房国内で最も生産性の高い地域、およびその水系を管理・掌握する位置にあったと推測され、館山平野の農業生産構造における稲村城の位置を重要視するべきとする指摘もある。

天文2年(1533年)から翌年にかけて発生した天文の内訌が「稲村の変」と呼ばれているように、同城が舞台となっていた(ただし、伝承として伝えられている内訌の経緯と現存の文献などから推定される内訌の経緯は大きく異なっている。詳細は稲村の変を参照のこと)。この内訌で稲村城主であった4代当主里見義豊は、従兄弟である義堯に滅ぼされて家督を奪われて稲村城もそのまま廃城となった。

参考文献 

  • 【書籍】「すべてわかる 戦国大名里見氏の歴史」
  • 【書籍】「千葉県の地名」

稲村城の口コミ情報

2022年02月27日 JA1Z安房守
堀切[稲村城  遺構・復元物]

水往来からこの堀切に至る道は、狭い尾根上の一本道で、面白い構造です。

2022年02月27日 JA1Z安房守
切岸[稲村城  遺構・復元物]

見事な切岸です。この先に横穴墓があるためか、石仏がいくつか置かれています。

2022年02月27日 JA1Z安房守
本丸[稲村城  遺構・復元物]

稲村城本丸からの眺めは絶景です! 安房国が一望に見渡せます。ぜひ訪れてご覧下さい。

2022年02月27日 JA1Z安房守
水往来(堀底道?)[稲村城  遺構・復元物]

かつて水を取るために往来した道なのでしょうか。周囲から見えないように見事な切り通しの道が作られています。

2022年02月27日 JA1Z安房守
水往来登城口(西)[稲村城  遺構・復元物]

わかりにくいですが、道から右上に上る溝のような登城口です。

2021年12月05日 相模守愛洲久忠
稲村城



先人の書かれた口コミ情報をもとに、防火水槽横のスペースに駐車させて頂き登城しました。

城跡までは防火水槽前から左手に向かって歩きます。道路はまず最初に左90度に曲がると、直進と左折の交差点にさしかかりますのでここを直進して下さい。いかにも民家の入り口のように見えて躊躇ってしまいそうですが、ブラインドの右カーブのすぐ先に稲村城の案内板が現れますからご安心を。

この地点からが東水往来という登城道です。余湖様のサイトを参照するとここがかつて城の大手だったようです。苔の付着した岩盤地質で、わずかですが流水があり滑りやすくなっていますので上り下りには細心の注意をお願いします。


写真① 東水往来頂部の削平地
写真② 腰郭
写真③ 主郭部から見た館山市の眺め
写真④ 主郭部南側の土塁
写真⑤ 主郭部西側の虎口
写真⑥ 東水往来虎口
写真⑦ 主郭南側堀切
写真⑧ 東水往来切り通し

2021年09月10日 相模守新九郎
稲村城



なかなかに登り口がわかり難いお城でした(^_^;)
行かれる方は、九重駅からの場合は南側から登るイメージで、看板がある貯水槽をひだりへ。館山駅側から行かれる方は「稲」の交差点の手前の踏切から道標が付いていますε-(´・`) フー
それでも主郭まで登り、これが里見の本城🏯かと感慨深く見学させて頂きました✨

2021年09月08日 カネゴン式部大輔
稲村城



前期里見氏の居城です。九重駅を出たら館山方向に10分ほど歩きます。途中、踏切が見えて そこからも行けますが…さらに進んでからのが案内板も見えて、わかりやすいです。遺構としては堀切・虎口・土塁など良好です。

2021年04月05日 装鉄城大膳大夫乱怒
稲村城



外房線九重駅から館山方面へ道路を進み、最初の踏切で左折。そのまままっすぐ進むと傍の山への登り口があります。大体入口から主郭まで10分くらいでした。

2021年01月03日 国府左京亮城介
山本城[稲村城  周辺城郭]



里見氏の重臣・山本氏の居城か

【歴史】
詳細不明。里見家家老の山本清七の居城の可能性もある。

【遺構】
稲村城の南西1.2kmの所にあり、竜渕寺と館野小学校の間にある台地上にあります。
竜渕寺の本堂脇から登城することを推奨します。(もう一つは民家の脇を通っていくので)
単郭の城で、北側の尾根側を分断するかなり大きな堀切があります。
その堀切がある北側の土塁はやや厚めで、東と南側にも土塁があります。
竜渕寺の登城口から更に奥へ進むと、おそらく腰曲輪と思しき場所に行くことができる。
その途中には、虎口らしき遺構も確認できるが、倒竹が激しく遺構の確認は厳しい。

【感想】
主郭は地元の人が定期的に整備しているのか、かなり綺麗で遺構の状態は見やすいです。
この城の一番の見所は、主郭北側にある堀切で、城の規模からしてもかなりの大きいです。
この堀切は、北側の尾根からの侵攻を防ぐ目的で掘られています。山本城の北に何があるかというと稲村城があります。ひょっとすると、稲村城と敵対していた頃に築城されていたのかなと…あくまでも想像ですが。

【アクセス】
①館山駅からバスで、国分寺前バス停で下車し、徒歩5分程。
②稲村城から徒歩で約30分。

【写真】
1:竜渕寺(左側の台地が山本城の先端部分)
2:東登城道(竜渕寺側から
3:西登城道(民家側から)
4:主郭
5:堀切
6:腰曲輪の虎口?

2020年11月08日 大竹大和守
稲村城

稲村城、11月現在、倒木が多くありましたが、主郭まで登城することができました。
貴船神社脇、坂道から登城。

2020年10月24日 あーさん
稲村城

立ち寄って見ましたが10.24現在も入れないようです

2020年03月22日 国府左京亮城介
稲村城

R2.3.22現在、稲村城の登城口が土砂崩れのため、立ち入り禁止となっています。

2019年04月06日 えんちゃん
稲村城

夕暮れに登城しました。主郭からは夕焼け
と鏡ヶ浦、その後の夜景がとても綺麗でした。ここから里見殿も見ていたのでしょう。2回の内紛があった場所、今は静かにたたずんでいます。
眺めは綺麗ですが夕方は足元が見づらく、
やはり日中の登城をお勧めします。


2018年02月22日 雑賀
稲村城

駐車スペースについて

館山市役所のホームページより抜粋
『稲村城跡の見学者は稲村城跡案内看板の付近に駐車してください』とのことです。

3、4台分ほどのスペース有り。登城口までは徒歩3分程度の距離になります。

2015年09月20日 STRADA
稲村城

線路を越えて矢印の先に『駐車場が無くてゴメンナサイ』の看板。繁忙期で無ければソコに停められる?突き当たりは右かな。

2015年08月31日 ⛫武蔵の近江守の謙
稲村城

国道128号線、稲交差点(スーパーマーケットおどや九重店が目印)を県道187号線千倉方面に曲がると直ぐに踏切がある。それを渡り、最初の交差点(ここに案内有り)を右折し、少し進むと稲村城の案内板が有る。


案内板のそばの防火水槽の周りに車三、四台の駐車スペースがある。

2014年12月30日 三日陸奥守落人
稲村城

里見氏の壮絶な内紛劇「稲村の変」の舞台となった城です。

城跡は感動の一言。
農地利用されてる部分が多いようですから探索には配慮が必要ですが、ほとんど遺構地形をそのまま利用しているようで、戦国前期の遺構がほぼ完存と言えるんじゃないでしょうか…

特に主郭部からの眺め、大土塁や虎口などは必見。
ただ、駐車場はなく、登城口も入り組んだ宅地を入ったところにあります。
農地への配慮とあわせて注意が必要です。

時間があれば、犬掛という所にある「里見氏の墓」と「犬掛古戦場」を併せて見学されると理解が深まるように思います。





2014年08月12日 ひとりもん
稲村城

東側には駐車場や駐車スペースはありませんでしたが。。。

稲村城の周辺スポット情報

 水往来登城口(西)(遺構・復元物)

 水往来登城口(東)(遺構・復元物)

 水往来(堀底道?)(遺構・復元物)

 本丸(遺構・復元物)

 本丸虎口(遺構・復元物)

 切岸(遺構・復元物)

 堀切(遺構・復元物)

 中郭(遺構・復元物)

 平松城 説明板(碑・説明板)

 平松城 標柱(碑・説明板)

 説明板(碑・説明板)

 説明板(碑・説明板)

 山本城(周辺城郭)

 平松城(周辺城郭)

 駐車可能スペース(駐車場)

 登城口(その他)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore