稲村城(いなむらじょう)

稲村城の基本情報

通称・別名

所在地

千葉県館山市大字稲字城山他

旧国名

安房国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

里見義実

築城年

15世紀後期

主な改修者

主な城主

里見氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(里見氏城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

館山城(千葉県館山市)[4.7km]
岡本城(千葉県南房総市)[8.6km]
勝山城(千葉県安房郡)[14.1km]
山之城(千葉県鴨川市)[16.8km]
金山城(千葉県鴨川市)[23.2km]

稲村城の解説文

稲村城(いなむらじょう)は安房国安房郡(現在の千葉県館山市稲付近)にあった城である。2012年1月24日に岡本城(南房総市)とともに「里見氏城跡」として国史跡となった。

館山平野・鏡ヶ浦を見下ろせる標高64mの丘陵上に築かれ、東西・南北ともに500m規模を持つと推定される。また、主郭部分の東側を削り、西側の尾根を盛土した痕跡がうかがえる。

伝承では文明18年(1486年)に里見義実が築城し、延徳3年(1491年)に完成したとされるが、確証はない。ただ、築城が15世紀後半と推定されること、里見氏最初の本拠地とされる白浜城との間で道が整備されていたことが知られていることから、里見義通・義豊が当主の時代には里見氏の本拠地となっていたとみられている。

天文2年(1533年)から翌年にかけて発生した天文の内訌が「稲村の変」と呼ばれているように、同城が舞台となっていた(ただし、伝承として伝えられている内訌の経緯と現存の文献などから推定される内訌の経緯は大きく異なっている。詳細は稲村の変を参照のこと)。この内訌で稲村城主であった4代当主里見義豊は、従兄弟である義堯に滅ぼされて家督を奪われ、居城も移された。その後は里見氏の居城として用いられることがなかったため、城の構造が改変されず、16世紀前半の姿をとどめているところに特徴がある。

稲村城の口コミ情報

STRADA様[2015年09月20日]
線路を越えて矢印の先に『駐車場が無くてゴメンナサイ』の看板。繁忙期で無ければソコに停められる?突き当たりは右かな。

武蔵の若狭守の謙様[2015年08月31日]
国道128号線、稲交差点(スーパーマーケットおどや九重店が目印)を県道187号線千倉方面に曲がると直ぐに踏切がある。それを渡り、最初の交差点(ここに案内有り)を右折し、少し進むと稲村城の案内板が有る。


案内板のそばの防火水槽の周りに車三、四台の駐車スペースがある。

三日陸奥守落人様[2014年12月30日]
里見氏の壮絶な内紛劇「稲村の変」の舞台となった城です。

城跡は感動の一言。
農地利用されてる部分が多いようですから探索には配慮が必要ですが、ほとんど遺構地形をそのまま利用しているようで、戦国前期の遺構がほぼ完存と言えるんじゃないでしょうか…

特に主郭部からの眺め、大土塁や虎口などは必見。
ただ、駐車場はなく、登城口も入り組んだ宅地を入ったところにあります。
農地への配慮とあわせて注意が必要です。

時間があれば、犬掛という所にある「里見氏の墓」と「犬掛古戦場」を併せて見学されると理解が深まるように思います。



ひとりもんの副将軍様[2014年08月12日]
東側には駐車場や駐車スペースはありませんでしたが。。。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore