飯野陣屋(いいのじんや)

飯野陣屋の基本情報

通称・別名

所在地

千葉県富津市下飯野833他

旧国名

上総国

分類・構造

陣屋(古墳利用)

天守構造

なし

築城主

保科正貞

築城年

慶安元年(1648)?

主な改修者

主な城主

保科氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

横堀(水堀)、土塁

指定文化財

県史跡(飯野陣屋濠跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

佐貫城(千葉県富津市)[6.8km]
真武根陣屋(千葉県木更津市)[8.1km]
造海城(千葉県富津市)[12.9km]
笹子城(千葉県木更津市)[13.1km]
浦賀城(神奈川県横須賀市)[15.4km]

飯野陣屋の解説文

飯野陣屋(いいのじんや)は千葉県富津市にあった飯野藩の藩庁が置かれた 陣屋である。

概要
飯野陣屋は飯野藩の藩庁が置かれていた、富津市の小糸川下流に広がる沖積平野上にある陣屋である。構造的には本丸・二の丸・三の丸がある東側の内邸(うちやしき)と西側の外邸(そとやしき)に分けられる。

創建年代については諸説あるが、飯野藩の藩主であった保科氏が加増の結果、大名となった1648年に創建されたとの説が有力である。総面積は約17万6000平方㎡と陣屋としては規模が大きく、日本三大陣屋のひとつとされており、また構造的に防衛を考慮された城郭的色彩が強い点などから、江戸時代以前に既存の城郭があって、飯野藩の成立後に増改築がなされたとの説もある。

廃藩置県後、飯野陣屋は一時飯野県の県庁として利用されたが、飯野県が木更津県に合併された後は利用されることもなく、陣屋内に居住していた旧飯野藩士もやがて離散し、遺棄された。
陣屋当時の建物はすでに無いが、濠と土塁は良く残されており、特に保存状態の良い内邸を囲む外濠が千葉県の史跡に指定(1967)されている。

飯野陣屋の構造
飯野陣屋は富津市の小糸川下流に広がる標高約7~8mの沖積平野上にある。後述するように飯野陣屋は古墳時代に築造された内裏塚古墳群の中に造られており、古代の古墳は沖積平野上に残るかつての砂丘跡である微高地に造られたと考えられているが、飯野陣屋全体としては築造当初、敷地の多くは低湿地帯であったと考えられている。陣屋の規模は南北約280m、東西約350mあり、陣屋としては大規模で、飯野陣屋は越前敦賀陣屋、 長州徳山陣屋と並んで日本三大陣屋の一つに数えられていたという。陣屋は大きく分けて本丸・二の丸・三の丸がある東側の内邸(うちやしき)と西側の外邸(そとやしき)に分けられる。

内邸
内邸は全体を千葉県史跡に指定されている幅5~6m、深さ1.2~2mの外濠が囲み、外堀の内側には高さ約2mの土塁が築かれている。この外濠と土塁は現在もかなり良く残っている。全体の面積は外濠の面積を含め約128000平方mである。元来、内邸への入り口は本丸東側の大手門、三の丸西側の搦手門、そして本丸南側の門の三ヵ所のみであったが、現在はもっと多く、7ヵ所から内邸部分に入ることが可能になっている。

飯野陣屋の本丸と二の丸、三の丸は主軸方向にずれが見られ、本丸と二の丸、三の丸はその築造時期が異なるのではないかとの説もある。

本丸
飯野陣屋東南部、東西約210m、南北約160mで、面積は約34000㎡ある。本丸の北部、西部を取り囲むように二の丸があり、本丸の東部、南部は飯野陣屋の内邸を囲む外濠と土塁に囲まれ、本丸と二の丸の間にもかつては内濠と土塁があったが、現在ほとんど消滅してしまっている。本丸内部には藩主が住む邸、藩庁があった。本丸の東側には大手門があり、また本丸南側にも門があった。
...

飯野陣屋の口コミ情報

藤井伊賀守様[2016年01月17日]
水堀、土塁が良く残っています。

まー武蔵守様[2015年05月04日]
道路を走っていると左手に水濠が見えてきます。何箇所か入り口を過ぎて水濠が終わりそうなところを左折すると石碑がいっぱいあるところに出ます。ここが大手門跡。さらに左折。砂利道を進んでいきますがここは本丸跡だそうですが住宅地と化しています。神社の前の案内板の前に駐車しました。途中細い道路を通過しましたがそこはかつての水路もしくは水濠だったようです。二の丸側の水濠はアスファルト舗装されています。物見台や藩校のあった古墳は歩いてみたものの藪化で歩きにくいし視界が悪かったです。陣屋跡というと石碑しかないところがほとんどのため水濠があるところは珍しいです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore