滝山城(たきやまじょう)

滝山城の基本情報

通称・別名

所在地

東京都八王子市丹木町

旧国名

武蔵国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

大石定重

築城年

大永元年(1521)

主な改修者

北条氏照

主な城主

大石氏、北条氏照

廃城年

永禄12年(1569)〜元亀3年(1572)頃

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸、馬出、虎口

指定文化財

国史跡(滝山城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

高月城(東京都八王子市)[1.5km]
二宮城(東京都あきる野市)[3.1km]
横山党館(東京都八王子市)[4.6km]
戸吹城(東京都あきる野市)[4.7km]
立川氏館(東京都立川市)[6.8km]

滝山城の解説文

滝山城(たきやまじょう)は、現在の東京都八王子市丹木町にあった戦国時代の日本の城である。

歴史
1521年(永正18年)山内上杉氏の重臣で、武蔵国の守護代大石定重が築城し、高月城から移ったという。1546年(天文15年)、北条氏康が河越の夜戦(河越城の戦い)で扇谷上杉氏を滅ぼし、山内上杉氏の勢力を武蔵から排除すると、大石定久は北条氏康の三男・氏照を娘婿に迎え、事実上、大石氏は北条氏の軍門に下った。1558年(永禄元年)頃、北条氏照は城の大改修を実施した。

1569年(永禄12年)、小田原攻撃に向かう武田信玄軍2万が滝山城の北側の拝島に陣を敷き、別働隊の小山田信茂隊1千が小仏峠から進入、これに対し北条方は廿里で迎撃したが一蹴され(廿里古戦場)、滝山城三の丸まで攻め込まれ落城寸前にまで追い込まれたが、2千の寡兵で凌いだ。しかしこの戦いは、滝山城の防御体制が不十分であることを痛感させ、八王子城を築城し移転するきっかけとなったといわれている。

なお、近年において齋藤慎一が1561年(永禄4年)春に上杉謙信が小田原城を攻めた際に滝山城下を経由した形跡があるのに合戦が起きていないこと、同年7月に北条氏康が三田氏を攻めた際に滝山城よりも遠い由井城(浄福寺城とみられる)に本営を置いていることなど、滝山城が存在していれば起こり得ない事例を挙げて、同年当時滝山城はまだ存在していないとした。齋藤は、小田原城から由井の北条氏照への棟別銭免除の指示を示した朱印状が出された1563年(永禄6年)4月より北条氏照が滝山城への年貢納入を命じた発給文書が出された1567年(永禄10年)9月までの4年余りの時期に上杉謙信の南下に対抗するために滝山城が築城されたとする説を提示している。

2017年(平成29年)、続日本100名城(123番)に選定された。

構造
多摩川と秋川の合流点にある加住丘陵の複雑な地形を巧みに利用した天然の要害で、関東随一の規模を誇ったという。

現在、遺構として本丸・中の丸・千畳敷跡空堀などが残っており、国の史跡に指定されている(1951年(昭和26年)6月9日指定)。大部分が東京都立公園「滝山自然公園」となり桜の名所である。

観光
京王八王子駅・JR八王子駅北口から「戸吹(ひよどり山トンネル経由)」行きバスで約20分、「滝山城址下」下車徒歩5分
拝島駅から西東京バス杏林大学行き乗車約15分、「滝山城址下」下車。

滝山城の口コミ情報

五瓜ニ唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月21日]
バスで行けますよ。
バス停の前が城の入口です。
その隣は駐車場なので自家用車無料で停めれます。

なお上記入口の他にもあと二ヶ所入口あります。

トイレは城郭内奥地の国民宿舎があった場所付近にあるので、駐車場にはないです。
入口前でトイレ行きたければコンビニがあるのでそこで借りて下さい。

駐車場は夏場夜六時、冬は四時で自動でチェーンが上がるみたいなのでその前に出口から出庫しましょう。

縄張内は無料アプリの看板があり、スマホで説明が聞けます。

んな摂政な!マイリバ様[2017年04月09日]
続日本100名城選出を祝して、初代城主として書き込み(^^ゞ
「丹木町三」交差点の滝山観光駐車場の利用時間は8時~18時(11月1日~2月末は16時)までです
時間を過ぎると、出庫できなくなるので、お気をつけください
駐車場には加住地域に残る三つの戦国山城・滝山城、高月城、根小屋城の「滝山三城」とアプリ「AR滝山城跡」のパンフレットが設置されていますので、入手をお忘れなく

ばくりんこ右京大夫様[2016年12月07日]
都立滝山自然公園となっていますが、中世の城郭跡として空堀や土塁、曲輪からの視線など大規模に遺構が残っており城マニアには(城マニアにしか)たまらない城跡です。

石畳治部少輔三成様[2016年11月08日]
先日ガイドさんに滝山城を案内して頂きました。一般には武田信玄に三の丸付近まで攻められたと言われてますが、氏照の書簡を見ると実際は城外で戦があったそうです。八王子城に移ったのは、城内で比高さが余りなく鉄砲に対応出来ないからだそうです。滝山城の堀は発掘調査が行われていませんが、畝堀や障子堀がある可能性が高いとか。実際に堀底を歩くと波があるのが分かります。

紗璃さり様[2016年05月27日]
地元でもあまり知られていないのですが
桜の名所であり約5000本の桜(3000本との紹介もあり)が植えられていて、桜の季節の城攻めもおすすめです。


各遺構には説明板もあり、城知識の乏しい私でも比較的分かりやすいのですが、滝山城跡群・自然と歴史を守る会のホームページ「よみがえる滝山城」でも同じものを確認することが出来き便利です。

他に、城攻めのコース等も紹介されています。


最近知ったのですが、
「AR滝山城跡」という無料アプリがあり、ダウンロード出来ます(私はandroidなのでiPhoneは未確認です)

カメラ機能を利用し、450年前の城の様子をアニメーションで体験できたり、城跡についての情報が含まれていてるのですがアプリの容量は大きめです(汗)

私もまだ現地で使用していないので、是非再訪し試してみたいと思ってます



león伊豆守大途様[2015年07月14日]
八王子駅、拝島駅からバスで滝山城址下で下車。アクセスはしやすいと思います。

築城時期は上杉氏の下で武蔵守護代であった大石氏を継いだ北条氏照が由井城(浄福寺城か?)から拠点を移して築城された説と、大石氏の代からあった城を氏照が改修した説があります。
どちらにしても八王子城築城までの間、後北条氏の支城制で滝山領を形成した重要拠点であり、それに見合うとにかく広大な土づくりの平山城です。

土塁・桝形虎口・堀・馬出と遺構も多く残っており、かなり楽しめました。
千畳敷の東側や二の丸の東側・南側には後北条氏の築城に多く見られる角馬出が残ります。
小宮曲輪から山の神曲輪までの各曲輪や、本丸北側の出丸や馬出曲輪等、公園として整備されてない場所にもはっきりした遺構がありました。
しかし、未整備の場所は薮がしげりクモの巣や虫だらけなので、夏場に登城される方は充分な準備を。
土づくりの城が好きな方にはかなりオススメです。

ひな相模守ひな⭐️様[2015年05月06日]
とにかく広い!マニアにとってはまるでテーマパークのよう。八王子城とはまた違った趣で楽しめました。
駐車場や登城口にパンフ設置BOXがあるのですが空で、中の丸でようやく入手。
最初に山の神曲輪まで行ったのでかなり迷ってしまいました。
案内板がもう少し増えるといいですよね。

待雪民部少輔おこわ様[2015年04月01日]
滝山街道沿い丹木町3丁目交差点傍に30台ほど停められる駐車場完成しました!開門は9:00〜17:00までで無料で利用できます。大手口まですぐで非常にアクセスいいです!

雑賀様[2014年07月20日]
加住市民セの方に確認しましたが、空いている限り駐車OKだそうです。バスの際はバス停前が入口。遺構は自然の中で守られており,そのまま保全し自然景観を中心に遺跡を活用する重要な事例。表面観察で構造がよくわかる滝山城ならではとの事。とにかく各所見応えありです。【東国戦国時代No.1の名城】とうたった資料もあり!

おかっぴき様[2014年06月20日]
加住市民センターに車を置いて行くのが良いでしょう。小宮曲輪を見学しながら本丸まで行くのがベストじゃないかな?私はそう思います。

すかんぴん杉丸美濃守様[2013年04月22日]
駐車場が無いのが最大のネックになってます。
近くのコンビニに停めさせてもらう方が多いようです。
その場合は天野坂から、すぐ登城できます。

他には道の駅・滝山も利用出来ると思います。
少し歩きますが、伝カゾノ屋敷、信濃屋敷側から登るルートです。

すかんぴん杉丸美濃守様[2013年02月23日]
2013年2月現在、公園の整備中です。
木を伐採して見やすい状態になってます。
ただ中の丸から本丸への橋を修理していて、直接行くことは出来ません。
中の丸のトイレは使用出来るようです。
整備終了は3月下旬の予定。
縄張り図の載ったリーフレットが置いてありますが、図は少し古いかもしれません。

参議一之介様[2013年02月09日]
倒木のために、遺構の堀が崩れたのですが、八王子市は補修もせずに、一年半も放置していたようです。役所内の課の間の意志疎通がうまくいっていなかったため、とか…。国の史跡でもあるのに、あまりにもひどい!

(情報元:2013年2月7日付 東京新聞 地方面)

野舘宮内少輔サラマンダー様[2012年04月07日]
2012年4月7日12時45分(120分)
花見の為に家族で行きましたが、まだ二割位しか咲いていませんでした
新しく設置されていた解説版には、地形図と復元イラストで説明があり、初心者の私にもとてもイメージしやすくなっていました
解説版は9箇所見つけましたが全部で幾つかは不明です…
子供と池址や馬出しなどを走り回りましたが、雑草等が刈り取られ綺麗に整備されていました
来る度に新たな発見が出来るとても良い山城です
明日4月8日はイベントがあるようです

新田様[2012年03月19日]
今日訪問して来ました 平日の月曜日なので、人は疎らでした。

曲輪などの解説板の設置が始まってるみたいで、あちこちに置いてありました。
シートが被さっていて見えませんでしたが…
てゆーか、有名な城址なのに今頃設置だなんて…遅すぎです
でも、今度はそれを見に行かなきゃです

歩いて見ても飽きない遺構ばかりで、小宮曲輪の堀は特に素晴らしかったです

野舘宮内少輔サラマンダー様[2011年11月26日]
2011年11月26日13時半頃
駐車場が無いので南側の滝山城祉下バス停近くにあるファミリーマートに話して停めさせて頂きました
ありがとうございました〜
道は舗装されていて、本丸迄のんびり歩いても30分位
途中の引橋は渡るのがちょっと怖い深さです
本丸に今も残る井戸は直径2m位、深さは10m以上ありそうです
都の方が金比羅杜からの見晴らし改善の為に来ており、何とか駐車場を完備したいと話していました
子供と一緒に戦いごっこをしながら楽しめるとても良い公園でもあります

ピカドラ様[2011年08月17日]
北に多摩川を外堀に死角が生じぬ様バランス良く各曲輪を配置している。武田信玄、勝頼率いる強兵で聞こえた甲軍すら攻めあぐねた縄張りに納得してる。山の神曲輪から西方に高月城が指呼の間に眺望出来るのも嬉しい

んな摂政な!マイリバ様[2010年10月13日]
今年は11月3日の文化の日に都立東大和南高校の公開講座として『戦国史の古城を歩く~武蔵滝山城跡の見学~』が開催されます
詳しくは同校もしくは東京都のホームページをご参照くだされ
ちなみに募集期間は10月15日まで・・・って、明後日なのね

んな摂政な!マイリバ様[2010年09月14日]
日本名城ならぬ『日本名城百選』なるものに選定されています
『戦国のカテナチオ』ともいうべき二の丸集中防御はキルゾーン満載
この二の丸を巡る攻防で寄せ手の武田勝頼が城方の師岡山城守将景と一騎討ちに及んだと云われていますが、蛮勇ではなく、二の丸の固さを実感した勝頼なりに突破口を開こうと考えた結果だったのかもしれません(贔屓目かな?)
都内唯一の道の駅・滝山では滝山城に関する資料『よみがえる滝山城』や『滝山城戦国絵図』を購入できますので、キャッスリングのお供にどうぞ

侍従えっき様[2010年08月07日]
車で攻城しようという方は注意

公園になっているにも関わらず、パーキングはなく、何カ所も看板はあれど狭い道路を進まされた挙げ句、バックで戻らなきゃいけないはめになります

何とかしろ!八王子




「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore