浄福寺城(じょうふくじじょう)

浄福寺城の基本情報

通称・別名

新城、案下城、松竹城、千手山城

所在地

東京都八王子市下恩方町3259

旧国名

武蔵国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

大石信重?

築城年

至徳元年(1384)?

主な改修者

北条氏

主な城主

大石氏、北条氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

土塁、堀、堀切、竪堀

指定文化財

市史跡(浄福寺城跡(新城跡))

再建造物

説明板

周辺の城

小田野城(東京都八王子市)[1.5km]
八王子城(東京都八王子市)[2.1km]
初沢城(東京都八王子市)[4.9km]
戸吹城(東京都あきる野市)[5.7km]
阿伎留城(東京都あきる野市)[7.3km]

浄福寺城の解説文

浄福寺城(じょうふくじじょう)は現在の東京都八王子市下恩方町にあった日本の城(山城)である。

概要
中世山城である。新城(にいじょう)、案下城(あんげじょう)、松竹城(まつたけじょう)、千手山城(せんじゅさんじょう)など様々な別称で呼ばれていた。城の南側、陣馬街道に沿って、大石氏によって開基された浄福寺がある。この寺は、当時武将が待機する居館との説もある。一帯は八王子市の史跡となっている。八王子市教育委員会の説明板によれば、大石氏は系図(山木伊藤家伝)によれば木曾義仲の後裔が信濃国大石郷に住んでいたが、1356年(延文元年)入間・多摩に十三郷を得て多摩に移住し、二宮(現・あきる野市)から浄福寺城、高月城(長禄2年)、滝山城(大永元年)と次第に大豪族となり城を移したといわれ、大石氏の経緯を知る上でも貴重な城跡であるという。

なお、近年において齋藤慎一が同地域に関する古文書や浄福寺城の遺構に関する分析から、従来の大石氏に関する伝承を否定して、浄福寺城こそが後の「由井領」の由来ともなった大石氏の本拠である由井城(ゆいじょう)であり、大石氏を継承した北条氏照も当初はここを本拠としており、永禄10年(1567年)頃になって初めて滝山城を築いて本城を移したとする説を提示している。

歴史・沿革
1384年(至徳元年)大石信重によって築城されたと言い伝えられる。一方、『新編武蔵風土記稿』によれば、「大石源左衛門尉入道道俊と云もの当所に居城を構へし」(道俊は大石定久といわれる)との記述もある。

後北条氏の時代になると、八王子城の出城として使用されたとされる。

1590年(天正18年)の豊臣秀吉による八王子城攻め、落城とともに浄福寺城も落城、廃城となった。

考古資料
遺構
標高360m(比高約150m)の山の尾根上に曲輪、堀切や土橋,虎口, 土塁のなど遺構が残る。

観光
アクセス
JR八王子駅よりバス約25分,松竹橋下車。...

浄福寺城の口コミ情報

león伊豆守大途様[2015年12月11日]
先人の口コミのとおり、麓の浄福寺墓地から登りました。
浄福寺までのアクセスは、八王子駅から出ている西東京バスの大久保バス停もしくは恩方事務所バス停が最寄りです。

墓地から登った先にある観音堂から北側に小郭や竪堀があり、尾根沿いをさらに登ると主郭に至ります。電波塔がある小郭から主郭まで至る登り坂はかなり勾配があるのでご注意を。
主郭から北東にのびる尾根筋にはいくつか郭が配置され、郭を隔てる堀切の保存状態も良好です。
遺構はかなり良く残りますが、中でも城域北東に残る土塁が連続する畝状岨塁が特徴的でした。

八王子城築城後はその出城となってしまいましたが、単体としてもかなり規模の大きい山城です。
浄福寺城こそが武蔵守護代だった大石氏の居城「由井城」なのではないかと言う説もうなづけます。

kuwat大膳大夫aman様[2013年03月16日]
浄福寺の墓地の中程にある白山大権現の前を横切って山道の入り口があります.四国霊場巡りの石像を見ながら登って行くと階段がありその上の曲輪らしき場所に赤いお堂があります.お堂のなかには立派な仏像がありびっくり.頂上はすぐそこ.携帯のアンテナが立っています.

TODO右兵衛督様[2011年09月30日]
高尾駅北口からバス「タウン入口」。バス代片道220円。10分待てば概ねバスやって来ます

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore