小田野城(おだのじょう)

小田野城の基本情報

通称・別名

小野田館

所在地

東京都八王子市西寺方町

旧国名

武蔵国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

小田野源太左衛門

築城年

天正15年(1587)頃

主な改修者

主な城主

小田野氏(北条氏家臣)

廃城年

遺構

曲輪、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

浄福寺城(東京都八王子市)[1.5km]
八王子城(東京都八王子市)[2.0km]
初沢城(東京都八王子市)[3.9km]
戸吹城(東京都あきる野市)[5.3km]
横山党館(東京都八王子市)[6.6km]

小田野城の解説文

小田野城(おだのじょう)は、現在の東京都八王子市西寺方町にあった戦国時代末期の日本の城(平山城)である。

概要
案下道(現在の陣馬街道)を見下ろす丘に築城された八王子城の出城である。現在は城跡の直下にトンネルが通じている。

歴史・沿革
八王子城(1587年(天正15年)頃築城)とほぼ同時期に、八王子城主・北条氏照の家臣である小田野源太左衛門が築城したと伝えられる。「武蔵名所図会」では小田野氏の居館跡であるという。1978年(昭和53年)に八王子市教育委員会の実施した「深沢遺跡及び小田野城遺跡予備調査」でその実在が確認された。1590年(天正18年)の八王子城攻撃の直前、小田野城は上杉景勝の軍勢と大激戦の末、攻め落とされたとも伝わる。その後、小田野源太左衛門は小田源左衛門と改姓して水戸徳川家に仕官した。1983年(昭和58年)八王子城の一部として国の指定史跡となる。

考古資料
遺構
曲輪、空堀などの遺構が残る。

観光
アクセス
JR中央線・京王高尾線高尾駅よりバス15分

小田野城の口コミ情報

まー宮内卿様[2016年05月30日]
観栖寺台公園脇に路駐し公園内を散策すると小田野城の案内板有り。柵の中に入りたいと思いトンネル側に近づくと扉があるのでそれで中に入れます。公園脇の道路は結構車が路駐してるので車一台分開ければ路駐可。

león伊豆守大途様[2015年12月14日]
西東京バスのタウン入口バス停からすぐ、61号線美山通り小田野トンネル上が城址です。
トンネル入口を挟み南北にある公園か、もしくは法妙寺城山霊園の道沿いにある坂道から登城できます。
遺構として主郭の南に土塁、北側に櫓台のような削平地が残り、主郭を囲むような小郭や東側には堀跡も見受けられました。
また近くの心源院からは、向山北砦や大六天跡を経由して八王子城柵門台に至る尾根道があり、途中には見張台と思しき削平地や堀切、八王子城搦手方面に残る石垣跡が確認できます。
小田野城単体では何の変哲も無い小城ですが、浄福寺城や向山北砦との位置を考えると、八王子城搦め手の最前線としての重要性を感じられます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore