初沢城(はつさわじょう)

初沢城の基本情報

通称・別名

椚田城、高乗寺城

所在地

東京都八王子市初沢町

旧国名

武蔵国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

椚田氏?

築城年

室町時代

主な改修者

長井氏、山内上杉氏

主な城主

椚田氏、長井氏、三田氏宗、北条氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

土塁、堀

指定文化財

都旧跡(初沢城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

八王子城(東京都八王子市)[3.1km]
小田野城(東京都八王子市)[3.9km]
浄福寺城(東京都八王子市)[4.9km]
片倉城(東京都八王子市)[5.4km]
横山党館(東京都八王子市)[5.8km]

初沢城の解説文

初沢城(はつざわじょう)は、現在の東京都八王子市初沢町にあった中世の日本の城(山城)である。別名を、椚田城(くぬぎだじょう)・高乗寺城(こうじょうじじょう)という。

歴史・沿革
鎌倉時代に片倉城に在城していた高乗寺開祖の長井氏によって築城されたとも伝わるが、諸説ある。「新編武蔵風土記稿」によれば、鎌倉幕府初期の御家人で武蔵七党の横山党の一族・椚田氏の居城と推測されている。

長井氏は鎌倉幕府初期の重臣・大江広元を祖先に持ち、横山党が1213年(建暦3年)和田合戦で滅亡すると、同地は大江氏に与えられた。長井氏は扇谷上杉氏の傘下となる。1504年(永正元年)、扇谷上杉軍が山内上杉軍を破った立河原の戦いの際、落城した扇谷上杉方の椚田塁に比定される。後北条時代、八王子城の出城の一つとされ、1590年(天正18年)の豊臣秀吉による八王子城攻め、落城とともに初沢城も落城、廃城となった。

現在はハイキングコースとして整備され、東京都の指定史跡である。

考古資料
遺構
標高294m(比高100m)の初沢山の尾根上に、曲輪、堀切、土橋などの遺構が残る。

観光
アクセス
JR中央線・京王線高尾駅南口から徒歩約20分。

初沢城の口コミ情報

相模守愛洲久忠様[2018年05月05日]
先人は麓のJR高尾駅から徒歩で登城されたようなので別のルートを使ってみました。
城跡の南側に造成された住宅地がありますが、こちらからの登城ですと、比高50メートルほどで山頂部の本郭に到達出来ます。町田街道沿いのバス停「北館ヶ丘」から拓殖大学八王子キャンパスを目指し、狭間町の桃源台公園で右折します。道なりに進むと初沢山登山口です。
アスファルト舗装を5分ほど登ると最初の分岐。細い道を右に行けば三の郭。本郭へは太い道を左へ進みます。やがて進行方向右側に東京都の給水施設が現れますが、裏側に回りこむと南郭へと通じていました。元に戻って来た道で本郭へ向かいます。初沢山の山頂部で初沢城跡の標注が目印です。広いスペースではありませんが、木製ベンチが設置されているので休憩には良いでしょう。
本郭の周囲の直下には藪で見通しが効きませんが、腰曲輪跡を確認することが出来ました。本郭から南側へ延びる尾根道を進むと、両側が削り取られた堅堀に挟まれた土橋を抜けて南郭に入ります。縄張り図によると南郭のさらに下段に、三の郭とされる削平地があるはずですが、藪化が酷く通じていそうな道を見つけられず探索を諦めました。

西沢岩代守修一様[2014年09月15日]
高尾駅の南口から歩いて10分くらいのみころも堂のそばから行きました。途中に菅原道真を祀ってる神社の裏手に行くと、天守に着きます。ただ山城なので、上りはきついです。天守は、大きな広場みたいで分かりやすいですよ。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。