戸吹城(とぶきじょう)

戸吹城の基本情報

通称・別名

根小屋城、二城城、新城

所在地

東京都あきる野市上代継/八王子市戸吹町

旧国名

武蔵国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

北条氏?

築城年

永禄12年(1569)?

主な改修者

主な城主

大石氏

廃城年

遺構

曲輪、横堀(空堀)、土塁、堀切

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

二宮城(東京都あきる野市)[3.4km]
高月城(東京都八王子市)[3.6km]
阿伎留城(東京都あきる野市)[4.4km]
滝山城(東京都八王子市)[4.7km]
小田野城(東京都八王子市)[5.3km]

戸吹城の解説文

戸吹城は根小屋城、二城城とも呼ばれる。

この城に関する史料は残っておらず、詳細は不明である。また地盤の崩落が激しく、明確な遺構も残っていない。

現地には案内板もあるが、城跡は険しい山になっており、立ち入り禁止の場所もあるので、訪れる際は注意が必要である。

戸吹城の口コミ情報

フー伊豆守【卍・兒】様[2017年11月19日]
エフピコと日清食品の工場を右手に見つつ、ベーカリーそら(ドックラン併設)方面に。途中私有地の表示がありますが入っていけます。戸吹城址の表示も何箇所かありますが、無ければ天狗山方面へ。車は登城口向かいに天狗山用の駐車場が有りますが、私が行った11時頃にはほぼ満杯でしたし、そこ迄の道は狭いです。登城口の写真はアップしておきます。急坂を登ると南廓の虎口に。
社があり、ハイキングコースが通っていますが、両サイドが崖なんで慎重に行動して下さい。主郭には行けません。進入禁止のロープは簡単に乗り越えられると思いますが、恐らく崩れやすい地質なんだと思いますので、大人の判断で引き返しましょう。削平地、堀切、土橋、地形を利用した竪堀などそこそこ遺構は残っています。私は戸吹ゆったり館(戸吹清掃工場の余熱を利用した温浴施設)に車を止めて歩いて登城口まで(約20分)。城址巡りは約40分位です。城メグ後、もちろん温浴施設で汗流しました(^o^)ご参考まで。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore