二宮城(にのみやじょう)

二宮城の基本情報

通称・別名

二宮館

所在地

東京都あきる野市二宮2252(推定地)

旧国名

武蔵国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

大石信重

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

主な城主

二宮氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

都旧跡(二宮神社並びに城跡)

再建造物

説明板(二宮神社並びに城跡)

周辺の城

高月城(東京都八王子市)[1.6km]
滝山城(東京都八王子市)[3.1km]
戸吹城(東京都あきる野市)[3.4km]
阿伎留城(東京都あきる野市)[7.0km]
横山党館(東京都八王子市)[7.6km]

二宮城の解説文

東京都あきる野市にある二宮神社(にのみやじんじゃ)には、鎌倉時代、大石氏中興の祖とされる信重が城館を構え、5代にわたって居城としたとの記録があり、 この二宮城の所在を探るため、昭和47年(1972年)に二宮神社境内の一角が発掘調査されたが、関係する資料を得ることはできなかった。

しかし、昭和58年(1983年)の秋川市教育委員会(当時)による調査で、神社東側段丘上の「御屋敷」と呼ばれる地点から、14世紀の豪族の居館跡が発見された。周辺に土塁や空堀跡も確認され、神社境域及びその周辺は室町時代にこの地域に勢力を持った大石氏の城館であった可能性が指摘されている。

※地図は東京都の旧跡指定地である二宮神社周辺を指しています。

二宮考古館
境内には、あきる野市の郷土資料施設、二宮考古館があり、市内の発掘調査で出土した土器や石器を中心に約150点の考古遺物を展示している。(入場無料)

参考資料
東京都文化財情報データベース

交通
五日市線 - 東秋留駅下車、徒歩3分(駐車場なし)

二宮城の口コミ情報

まー武蔵守様[2016年05月31日]
帰り道に寄ったため鳥居前の駐車出来るスペースへ路駐し高台にある神社へ行くと手水舎に案内板があります。登城時資料館は定休日のため見れませんでしたがお城を知るためには訪れたほうがよろしいかと。

おかっぴき様[2015年03月02日]
あきる野市の資料によれば二宮城は現在の二宮神社か同じ市内の小川町ではないかと言われてどちらかわからないと言われています。小川町の場所は現在、地主の方が売却していまい宅地になって遺構の確認は出来ません。神社も少し変わってしまい土俵があったのに無くなってしまったんですね。残念です。二宮城の資料を見たい方は、神社に隣接している二宮考古館においてあります。

やっさん様[2014年04月01日]
地元です。二宮神社では夏に生姜祭が開催されます 学生時代迄はよく行きました。昔は境内前の急な階段を神輿を担いで登るという怪我人続出なイベントがありましたが、昨今ではやらなくなった様ですな。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore