二宮城(にのみやじょう)

二宮城の基本情報

通称・別名

二宮館

所在地

東京都あきる野市二宮2252(推定地)

旧国名

武蔵国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

大石信重

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

主な城主

二宮氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

都旧跡(二宮神社並びに城跡)

再建造物

説明板(二宮神社並びに城跡)

周辺の城

高月城(東京都八王子市)[1.6km]
滝山城(東京都八王子市)[3.1km]
戸吹城(東京都あきる野市)[3.4km]
阿伎留城(東京都あきる野市)[7.0km]
横山党館(東京都八王子市)[7.6km]
小田野城(東京都八王子市)[7.9km]
真福寺城(東京都武蔵村山市)[8.3km]
勝沼城(東京都青梅市)[8.4km]
藤橋城(東京都青梅市)[8.7km]
浄福寺城(東京都八王子市)[8.7km]

二宮城の解説文

東京都あきる野市にある二宮神社には、鎌倉時代に大石氏中興の祖とされる大石信重が城館を構え5代にわたり居城としたとの記録があり、 この城館の所在調査のため、昭和47年(1972)神社境内の一角が発掘調査されたが、関係する資料を得ることはできなかった。

しかし、昭和58年(1983年)の秋川市教育委員会(当時)による調査で、神社東側段丘上の「御屋敷」と呼ばれる地点から、14世紀の豪族の居館跡が発見された。周辺に土塁や空堀跡も確認され、神社境域及びその周辺は室町時代にこの地域に勢力を持った大石氏の城館であった可能性が指摘されている。

※地図は東京都の旧跡指定地である二宮神社周辺を指しています。

二宮考古館
境内には、あきる野市の郷土資料施設、二宮考古館があり、市内の発掘調査で出土した土器や石器を中心に約150点の考古遺物を展示している。(入場無料)

参考資料
東京都文化財情報データベース

交通
五日市線 - 東秋留駅下車、徒歩3分(駐車場なし)

二宮城の口コミ情報

2021年02月11日 内記かずりヾ(・ε・。)
法林寺館[二宮城  周辺城郭]



法林寺館は二宮城の南東約1.0kmに位置する法林寺付近にあったかもしれないとされる、誰のだか知らんけど、もしかしたら誰かの居館だったかもしれんと推測される場所です…文書はおろか里伝すらも残されてないので今となっちゃ何にも判らねぃよて感じですかね。

ただ此処には実に立派な土塁が残ってるんです。高さは平均で約1m位でしょか、フェンスで囲まれたクランクする土塁が住宅地にある姿はちょっと面白いですが、もしフェンスに意思があるならば「何でこの土盛りを囲んでいるのか理解出来ねぃよ…」て感じですかね。

この土塁のあるあきる野市小川東の地は武蔵七党の一つ、西党に属する小川氏の支配領域でした。西党は武蔵守、日奉氏を同一の祖とする武士団で、小川氏は官制の牧場、勅旨牧の小川牧を基盤に発展しました。一ノ谷の戦いでは源義経配下として小河小次郎の名が同じ西党内最大のヒーローである平山季重と共に記録されています。承久の乱において小川氏は薩摩甑島や肥後益城郡の一部を恩賞として賜り、本家とは別に小川氏の歴史を刻みました。そういえば城めぐの登録城である甑島の亀城は小川氏の改修によるものですね。ちなみに同時期に西党の一つ小宮氏(戸倉城築城者だとされる。)は伊予弓削島の地頭職を賜っており、ひょっとしたら西党関係者は島が好きなんでしょかw

実はこの法林寺には幼稚園が昔から併設されていまして4歳のかずりも入園しました。悪い事をするとお仕置きと称して「鼠の部屋」という暗い倉庫に閉じ込められるんですが、立派な多動児だったかずりは入牢率が極めて高く、幼な心にしっかりトラウマを植え付けてくれました。「今やったら社会問題だよ…」土塁の前でなめらかチョコクリームパンを頬張りながら思わずこんな感慨に耽ってしまいました。

2018年12月14日 内記かずりヾ(・ε・。)
二宮城

そもそも二宮神社の創建が平安時代にまで遡るなら、ここに居館を造るのは不自然に思うし、大石氏がこの地に入って時の権力者に尊崇されてきた神社を拠点にするとは信じられない等、謎だらけです。たぶん永遠に答えは出ないですねー

大石氏が高月城に移るまで本拠地であった二宮の地ですが、以前には武蔵七党のひとつ、西党に属する二宮氏、小川氏がこの付近に在地していて推測さえも困難にしているようです。

候補地としてはあきる野市小川も有力ですが、遺構は何も無く案内板すら消滅しました。それに加えてその南西数百Mの位置にある法林寺も有力になっているみたい。このお寺は高月城と指呼の距離で立地もさることながら、お寺には似つかわしくない立派な土塁が健在で謎はさらに混迷の度合を深めますw

2018年05月11日 野面積子
二宮城

地元です。駐車場が無いのは不便ですね。奥の手で、少し離れた所に、あきる野東部図書館エル、があり、そこなら大丈夫かと。車を停めて、踏切を渡り左に線路沿を歩くと5分位で着きます。散策の後に図書館も見て行って下さいね。月曜、祝日休館です。駐車場も停められません

2016年05月31日 まー刑部卿
二宮城

帰り道に寄ったため鳥居前の駐車出来るスペースへ路駐し高台にある神社へ行くと手水舎に案内板があります。登城時資料館は定休日のため見れませんでしたがお城を知るためには訪れたほうがよろしいかと。

2015年03月02日 おかっぴき
二宮城

あきる野市の資料によれば二宮城は現在の二宮神社か同じ市内の小川町ではないかと言われてどちらかわからないと言われています。小川町の場所は現在、地主の方が売却していまい宅地になって遺構の確認は出来ません。神社も少し変わってしまい土俵があったのに無くなってしまったんですね。残念です。二宮城の資料を見たい方は、神社に隣接している二宮考古館においてあります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore