勝沼城(かつぬまじょう)

勝沼城の基本情報

通称・別名

師岡城

所在地

東京都青梅市東青梅6-92、93他

旧国名

武蔵国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

三田氏

築城年

鎌倉時代後期

主な改修者

主な城主

三田氏

廃城年

永禄6年(1563)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

都史跡(勝沼城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

藤橋城(東京都青梅市)[2.5km]
今井城(東京都青梅市)[4.0km]
辛垣城(東京都青梅市)[5.2km]
阿伎留城(東京都あきる野市)[7.4km]
二宮城(東京都あきる野市)[8.4km]

勝沼城の解説文

勝沼城(かつぬまじょう)は、東京都青梅市にあった日本の城。

概要
勝沼城は三田氏により築かれた平山城。築城年代は詳らかでないが、鎌倉時代から続く名族三田氏の居城として、16世紀半ばまで用いられた。三田氏が北条氏照により滅ぼされた後は師岡将景が城主となり、城名も師岡城と改められた。詳しい廃城時期は不明だが、1590年(天正18年) 豊臣秀吉による小田原征伐後に廃城になったと考えられている。

歴史・沿革
築城年代は詳らかでないが、三田氏により築かれたとされる。
永禄3年(1560年)の上杉謙信関東出兵後、城主の三田綱秀は後北条氏を離れ上杉方についた。
永禄4年(1561年)の上杉氏撤兵後、後北条氏と対立した綱秀が辛垣城を築き居を移した。
永禄4年(1561年)〜永禄6年(1563年)頃、北条氏照により三田氏が滅ぼされ、勝沼城も落城した。

構造
加治丘陵端の尾根上に占地し、本丸を中心に、尾根方面に三の丸、丘陵端方面に二の丸を配置している。この三郭を取り囲む様に横堀が全周に設けられ、二の丸には東面及び南面に馬出しが設けられている。また、二の丸及び三の丸には折れが設けられており、虎口及び馬出しを守る構造となっている。

考古資料
遺構
1925年(大正14年)に旧跡に、1976年(昭和51年)に歴史環境保全地域に指定されたため、一部が墓地として開かれているものの遺構は比較的よく残り、郭、空堀及び土塁が現存する。

観光
アクセス
JR東青梅駅下車。...

勝沼城の口コミ情報

参議一之介様[2013年09月21日]
青梅線東青梅駅から徒歩12,3分ほどです。光明寺と、妙光院というお寺の裏山が城跡になります。
光明寺側と妙光院側の二ヵ所から入れますが、妙光院側には「関係者以外立ち入り禁止」の立て札が…。一説では、墓地造成の際に何かトラブルがあった可能性がある、とのこと。

私は光明寺の左手の直進する道から行きました。200メートルほど行くと、道の左に水道施設があります。このちょうど向かい側から入山します。
山道を進むと、開けた場所に出ますが、ここが主郭跡なのでしょう。
側に立つ鉄塔の左の山道を抜けると、空堀、土塁が確認できます。

説明板は主郭跡と空堀前に同じものが立っています。

空堀をそのまま進むと、「立ち入り禁止」の立て札のところに出ました(汗)。

「勝沼城」の案内表示はまったくないので、光明寺を目指した方が確実です。

城主が同じの辛垣城同様、約450年前の雰囲気が感じ取れました。

すぐ近くに「吹上しょうぶ園」があります。菖蒲が咲く時期に、合わせて訪れるのもよいと思います。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore