辛垣城(からかいじょう)

辛垣城の基本情報

通称・別名

西城

所在地

東京都青梅市二俣尾4-1025

旧国名

武蔵国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

三田綱秀

築城年

永禄年間(1558〜1570)前期

主な改修者

主な城主

三田氏

廃城年

永禄6年(1563)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(辛垣城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

勝沼城(東京都青梅市)[5.2km]
藤橋城(東京都青梅市)[7.3km]
今井城(東京都青梅市)[8.5km]
阿伎留城(東京都あきる野市)[8.6km]
戸倉城(東京都あきる野市)[9.8km]
中山家範館(埼玉県飯能市)[10.7km]
檜原城(東京都西多摩郡)[11.8km]
戸吹城(東京都あきる野市)[12.0km]
二宮城(東京都あきる野市)[12.7km]
高月城(東京都八王子市)[14.1km]

辛垣城の解説文

辛垣城(からかいじょう)は、東京都青梅市にあった日本の城。青梅市指定史跡。

概要
三田氏により築かれた山城。上杉謙信の関東侵攻後後北条氏を離れ上杉方に付いた三田氏がその峻険な地形を頼んで拠り、名族三田氏の終焉の地となった。

歴史・沿革
永禄年間初期、三田綱秀によって築かれた。ただし、永禄年間以前より存在したという説もある。
永禄3年(1560年)の上杉謙信関東出兵後、城主の綱秀は後北条氏を離れ上杉方に付いた。
永禄4年(1561年)の上杉氏撤兵後、後北条氏と対立した綱秀が勝沼城から居を移した。
永禄4年(1561年)〜永禄6年(1563年)頃、北条氏照に攻められ落城した。

構造
雷電山から延びる尾根上に聳える、独立性の高い円錐形様の辛垣山山頂付近に郭を重ねる。北方を除く三方の尾根上には郭が認められ、特に南に延びる尾根上には馬洗い場と呼ばれる比較的大きな郭が設けられている。

考古資料
遺構
山頂付近に郭、空堀、土塁、縦堀等の遺構が残るが、江戸期以降採石場として利用されたため、一部遺構は旧態を失っている。

観光
アクセス
JR二俣尾駅下車。...

辛垣城の口コミ情報

2020年09月30日 あと2城副将軍マイリバ
楯の城[辛垣城  周辺城郭]

『新編武蔵風土記稿』や『武蔵名勝図絵』によると、田辺清右衛門やその子孫が住んだ場所と伝えられています。
それぞれの地誌の中で、移住時期や経緯について説明が若干異なっているため、詳細は明らかになっていません。
東方の勝沼城と西北の辛垣城、桝形山城の中間におる楯の城は、番所や狼煙等の合図の中継点になったと考えられています。

企画展 中世青梅の城館跡 ~静かに眠る杣保の城~ パンフレットより

2020年08月25日 あと2城副将軍マイリバ
矢倉台[辛垣城  周辺城郭]

解説板より↓
『市指定史跡物見櫓(矢倉台)
青梅地方、かつての杣保(そまほ)に拠点を置いた豪族三田氏は、代々、市内東青梅の勝沼城に居住していたが、北条氏照の八王子滝山入城による多摩地方の情勢の変化をうけ、永禄年間(1558~1569)の初め頃、二俣尾の辛垣山(からかい)に城を築いたといわれる。物見櫓(矢倉台)は、この辛垣城(別名西城)から南東約三キロメートルに位置し戦略上重要な物見の場所であったという。「武蔵名勝図会」には「柵跡、ここには二俣尾の城より峰続き、三田氏居城のころ、この山に砦を構えて遠見の地なりしゆえ、この地をまた櫓台という」と書かれている。
昭和四十六年十一月三日指定 青梅市教育委員会』

2018年04月30日 三ツ鱗【⏣⏣⏣】
辛垣城

車でリア攻め…と思いきや、近くに有料無料の別無く駐車場はありません。路駐するスペースもありません。青梅線を利用し、二俣尾駅下車での攻城が宜しいかと。

2017年07月10日 カーネル
辛垣城

城へのルートは沢山ありますが、一番近い。と思う青梅線の二俣尾駅から

北にある長泉院から登山道があるのですが、駅の北西の道へ行ってしまい、道がわからずウロウロしてたら地元のおじさんが声を掛けてくださり、それに従ったら伐採の林道の分岐に2回くらい騙されて行ったり来たりをしながら、尾根を直登すると鉄塔作業の整備道に合流し、さらに尾根を登り続けると、雷電山と辛垣城の間の道に出れました

少し進むと、二俣尾駅への看板。おじさんが教えてくれた道はこれか?と思いつつさらに東進

山の斜面を削った高低差のない道を進むと城の案内があるので、それに従い山頂を目指す

頂上はハイキングの人でにぎわってました

帰りは道標に従って尾根を下り長泉院に出ました。こっちから来てれば迷わなかったと思います

荷物が軽かったこともあり、1時間半で駅に帰ってこれました

2013年12月27日 中務卿一之介
辛垣城

城主にも就任していたので、2度目の登城。
去年倒木で通りにくかったところは、片付けられていました。
縄張図付きの説明板へは、主郭跡に行く登り坂ではなく、そのまままっすぐ進みます。この分岐点から5分ほど、ハイキングコース沿いにあります。この説明板の前には、城のものに見える石垣がありますが、残念ながら江戸期から大正期にかけての採石施設の跡です。ただ、これはこれで貴重な遺構だと思いますが…。

今回、主郭跡に行ってとても不愉快になりました。遺構の説明が書かれている説明板に「何も無い!」との落書きがあり、近くの木にも城主の豪族を罵倒した落書きがありました。両方とも同じ輩の仕業と思われます。
こういうことをする奴には、「お城が好き」とか、「武将は○○が好き」などと言ってほしくないです。

2012年11月10日 中務卿一之介
辛垣城

青梅線二俣尾駅が最寄り駅です。ところどころに案内板が立っているので、山道ですが、迷うことはありません。
途中にかなり急で足場が悪い坂道があるので、滑らないように気をつけてください。
でも、主郭跡にたどり着くと、疲れも吹き飛びます。解説にあるように、遺構は分かりにくいですが、約450年前の雰囲気が感じ取れます。

2010年09月06日 あと2城副将軍マイリバ
辛垣城

杣保(そまのほ)と呼ばれた奥多摩地方の盟主・三田氏と武蔵に進出した新興勢力・後北条氏の最後の戦いの舞台となった城です
後年の採石により、遺構に手が加えられているのが非常に残念ですが、訪れる人も少ない主郭に立ち、土塊だけが知っている東京の片隅で行われた合戦の記憶に触れれば、それなりの充実感を得られるはず
軍畑駅の付近には、討ち死にした両軍の兵を埋葬したと云われる「鎧塚」もありますので、時間があれば立ち寄って手を合わせていってください

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore