大胡城(おおごじょう)

大胡城の基本情報

通称・別名

所在地

群馬県前橋市河原浜町660-1

旧国名

上野国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

大胡氏

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

主な城主

大胡氏、益田氏(由良氏家臣)、北条高広(上杉氏家臣)、牧野氏、酒井氏

廃城年

元和2年(1616)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、虎口、土橋

指定文化財

県史跡(大胡城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

膳城(群馬県前橋市)[5.7km]
山上城(群馬県桐生市)[6.2km]
赤堀城(群馬県伊勢崎市)[7.1km]
前橋城(群馬県前橋市)[9.4km]
石倉城(群馬県前橋市)[9.9km]

大胡城の解説文

大胡城(おおごじょう)は、群馬県前橋市の大胡地区にある中世の平山城跡で、大胡氏(上泉氏)の居城であった。後に近世初頭に徳川氏の臣・牧野氏が入り城主になった。

天文年間(1532年 - 1555年)に築城されたとされ、元和2年(1616年)廃城となった。

概要
大胡城は大胡氏の居城であった。大胡氏は藤原秀郷の子孫であり、東毛地方で勢力を扶植していた豪族であった。「吾妻鏡」の建久元年(1190年)の記事には大胡太郎の名前が見えるので、鎌倉時代の初期にはすでにこの地域の有力な支配者であったと思われる。しかしこの頃の大胡氏の居館は、現在の大胡城ではなく、城の西300mほどの所にある養林寺の辺りであったのではないかと推定されている。また、現存の城趾には近世大名牧野氏の城主時代の縄張りや構造が認められる。

歴史・沿革
南北朝時代、観応の擾乱に際して大胡氏は山上氏らと共に足利尊氏に与し、足利直義方の桃井直常、長尾景忠と笠懸野で戦って敗れたが、やがて尊氏は勢力を回復し直義を自害に追い込んだ。

その後しばらく大胡氏の動静はつかめないが、享徳の乱のさなかに古河公方足利成氏は配下の岩松持国に赤堀・大胡・深津氏を攻撃させているので、この大乱において大胡氏は上杉方に加担していたものと思われる。また、文明元年(1469年)に川越城で行われた太田資清主催の連歌会に大胡城主とみられる大胡修茂の名が見えている。

子孫の牛込氏の伝えによれば、天文10年(1541年)、金山の横瀬氏(由良氏)の勢力が強大となってきて、圧迫されるようになったため、大胡氏は当地域をすてて江戸に赴き、牛込城に移ったといわれる。少なくとも永禄2年(1559年)以前には江戸へ出ており、既に後北条氏配下にあった(『大胡町誌』)。大胡氏がどうして遠く離れた牛込に移ったのかよく分からないが、あるいはそこに飛び地を持っていたのであろうか。しかし大胡氏の一族はなお当地方に残っていた模様で、永禄年間、上杉謙信に従う者を書き連ねた「関東幕注文」には大胡氏の名前が見える。しかし大胡氏に大胡城を維持するだけの実力はなく、新田金山城主横瀬国繁方となった大胡城には、配下の益田氏(大胡氏と同じ秀郷系藤原氏と伝)が居城したという。益田氏系図略記および益田氏菩提寺の縁起(『大胡町誌』収録)によれば、益田行綱が大胡城を築城し、行茂(嘉吉元年戦死)、修茂(享徳年間に横瀬国繁に属す)と続いたが、4代目の茂政のとき大胡城が落城し新田へ移住、横瀬景繁の娘を娶り続いたとある。大胡一族の上泉氏の家伝や上泉氏子孫の上泉信綱関連の書物によれば、信綱や上泉氏一族などが城主だったともいわれる。

その後、上杉、北条の抗争の中で、大胡城も転変にさらされていく。横瀬氏が北条方に寝返ると、上杉謙信は大胡城を攻め落とし、配下の北条高広を城主として入れた。しかしこの北条高広も後には謙信を裏切ってしまう。謙信に攻撃されたこともあったであろう。後に越・相同盟が成立すると、北条高広は謙信に許され、厩橋城(前橋城)に復帰した。高広は前橋城を子の景広に譲り、自身は大胡城に隠居したと言われている。

天正6年(1578年)、上杉謙信が急死すると、その跡目を争って長尾氏系の景勝と、北条氏政の実子で謙信の養子になっていた景虎とが抗争を繰り広げた。(御館の乱) この戦いで北条氏と親しい高広は、景虎を支援した。しかし結果は景虎の敗北となり、厩橋城主の景広は越後で戦死、高広自身も武田氏の下へ逃走した。

それ以降、大胡城がどのような状況にあったのかはっきりしないが、天正8年(1580年)、武田勝頼が当地域に侵攻すると、大胡城も武田氏の支配下に置かれたのではないかと思われる。

しかし天正10年(1582年)、その武田氏も織田信長に攻められて滅亡し、その後信長の家臣滝川一益が厩橋城(前橋城)に入りこの地方を支配したが、本能寺の変で信長が殺害されると織田氏の勢力も一掃されるというように、めまぐるしく事態は展開した。しかし滝川氏が去った後はこの地方は完全に北条氏の支配下に置かれることとなる。...

大胡城の口コミ情報

牢屋見廻り同心マダオ様[2015年11月01日]
大胡城周辺史跡

養林寺:堀越町1259
大胡氏の居館跡で後に牧野氏が、この地に養林寺を建立。本堂裏に堀と土塁現存。牧野氏の菩提寺であり牧野氏墓所があります。(トイレ有)

長善寺:堀越町1240
大胡太郎左馬助開基の寺。伝大胡太郎の墓がある。山号「豊国山」は豊臣秀頼公真筆書に由来。

長興寺:茂木町26-1
大胡城主牧野氏の重臣で伊勢崎藩主の稲垣氏の菩提寺。牧野氏家老山本氏や前橋藩酒井氏家老大河内氏の墓があります。

正円寺(正圓寺):堀之下町162
大胡城北門が移築されています。

西林寺:上泉町1145
剣聖上泉伊勢守墓所。

上泉城:上泉町1168-1
現上泉町自治会館。会館駐車場に上泉伊勢守銅像と顕彰碑、説明板あります。

荻窪城:荻窪町字屋敷
大胡城の支城。平城で堀が現存しています。説明板あり。

参議一之介様[2014年01月03日]
規模の大きい空堀、土塁、土橋など多くの遺構が残っています。「現在の登城口」であるトンネルの脇に「大胡城跡」と掘られた石碑がなければ、城跡だとは気づきません。

平山城で群馬県指定の史跡なのに、案内板は一つだけ。それぞれの遺構を紹介するプレートくらい立てればいいのに、と思いました。

田部朝臣土持左衛門佐様[2013年12月10日]
現状、比較的それほど広い面積のある方ではない城にしてはしっかりといろいろ遺構が残っています。  駐車場に関しては、城の中に乗り込む事が出来、駐車場?といえない事もない 場所があるので大丈夫です。それにしても、だれが城の横っ腹にトンネルを掘ったのでしょうね?アクセスは容易になっていますが、本来の攻城ルートが惑わされてわかりづらくなっています。それだけが残念。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore