野口城(のぐちじょう)

野口城の基本情報

通称・別名

川野辺城

所在地

茨城県常陸大宮市野口

旧国名

常陸国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

川野辺通直

築城年

正暦2年(991)

主な改修者

主な城主

川野辺氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

瓜連城(茨城県那珂市)[11.8km]
那珂西城(茨城県東茨城郡)[12.4km]
茂木城(栃木県芳賀郡)[13.4km]
山入城(茨城県常陸太田市)[14.0km]
南酒出城(茨城県那珂市)[16.5km]
太田城(茨城県常陸太田市)[16.6km]
千本城(栃木県芳賀郡)[16.8km]
長者山城(茨城県水戸市)[17.8km]
加倉井館(茨城県水戸市)[18.2km]
額田城(茨城県那珂市)[18.2km]

野口城の解説文

野口城(のぐちじょう)は、常陸国那珂郡野口にあった日本の城。現在の茨城県常陸大宮市野口にあたる。

歴史・沿革
正暦2年(991年)に鎮守府将軍藤原秀郷の流れを汲む藤原通直後の川野辺通直により築城され、以来、野口城は通直の後裔 川野辺氏が世襲にて領有された。別称を川野辺城ともいう。なお、通直の兄は太田城を築城して太田通延と名乗り、子孫は小野崎氏となっている。平安時代以降、常陸国北部は那珂で武門として名高い清和源氏の一家系 河内源氏の流れを汲む佐竹氏と藤原秀郷の流れを汲む藤姓の両武士団が勢力を誇り、野口城は藤姓川野辺氏の拠点の役割を果たした。

南北朝時代に入り、川野辺資鎮は川野辺氏の庶家ながら有力な武士として台頭した瓜連城主の那珂通辰に従い、南朝方として活躍し佐竹氏に対抗したが、那珂通辰が敗死すると、川野辺氏も衰退し、穴技の地に退き、野口城は佐竹氏に明け渡された。以後、野口城は佐竹氏の庶家 野口氏により領有された。しかし、野口幹成が常陸守護佐竹義篤に背き敗北すると、幹成旧臣たる野口四天王らは佐竹氏に帰順、野口城は廃城となった。

現在は城址のみ残る。

野口城の口コミ情報

2020年11月25日 水天一碧
孫根城[野口城  周辺城郭]

孫根城は、山入の乱で太田城を追われた佐竹義舜が匿われ、10年余り在城した城です。(この後、金砂山城での戦いを経て、太田城に戻ります。山入の乱は100年にも及ぶ佐竹宗家と佐竹庶流の内乱でした)
大山城城主の大山義道の築城で大山城の支城だそうです。が、大山城よりもかなり大規模なお城であることが散策するとわかります。土塁等遺構がとにかくあちこちにあり、テンションが上がります。写真に出したものはそのうちのほんの一部です。
主郭は住宅となっており入れないんですが、そこを囲んでいる空堀は、道路からは何となく見えます。写真だとわかりにくいんですけど…かなり大きいです。二重堀?らしいんですがそれはわかりませんでした。
支城とは思えぬ規模や遺構は、山入の乱に際して、守りを固めるべく拡張していったのかなと思われます。(写真に出した土塁は6〜7mの高さはあり、堅い守りを思わせます)
駐車場はありませんが、孫根城の看板に行く手前の十字路付近に少しスペースがあり、そこに駐めて見学、散策しました。

2020年10月08日 水天一碧
御前山城[野口城  周辺城郭]



那珂川を挟んで野口城の対岸にあるお城です。700年ぐらいの時を経てもしっかりした遺構は見応えがあります。

駐車場は、道の駅かつらを使ってください。そこで御前山を散策するためのマップがもらえます。口コミ投稿日時点で西登山口は通行止めでしたから、登山口については必ず道の駅や役所に問い合わせてください。

自分は常に東登山口しか使わないんですが、軽登山の準備でくれば間違いないと思います。雨の日や雨上がりには道から滑り落ちそうになるから、やめたほうがいいです。
城内へ行くには、ところどころにある鐘つき堂跡の案内板に従い、そこを目指して歩いていけば、次々と遺構が現れます。鐘つき堂跡までが城域とのことなので、そこまでしか行きません。山頂までは行かないです。軽登山と書きましたが、城内まではわりとすぐですから、敬遠せずに見ていただきたいです。

「時代も古いし、山の中にある風化したうっすいお城みだろ?(褒めてます)」と思っていましたが、作り込みがやたら肉厚…重厚なところがあり、しっかりと残っていて本当に驚きました。常陸県北で見る他の山城、久米城や檜沢城とは全然違うと思います。
自分の写真では、深さや大きさが伝えきれてないです。自分の拙い写真とのギャップに、現地で驚いてほしいです。

この付近の未登録城は野口城のリア攻めマップや武茂城のリア攻めマップに入れてあり、本当にいい城が多いです。まだ写真をつけてない城もありますが見所しかないです。

※写真は鐘つき堂跡の東屋と鐘つき堂から見える景色です。対岸の野口城は東にありまして南西に位置するこの場所は山しか見えないです…

2020年10月07日 水天一碧
野口城

イケてるお城なのに駐車場がないのが、困るので参考になれば。
あとはやっぱり冬のリアがめちゃくちゃ遺構映えしてオススメです。

自分は、駐車場はいつも道の駅かつらにしています。まずは、道の駅かつらから見える御前山城を見上げて、赤い橋を渡り、野口城までてくてく行きます。大した距離ではないです。
先人様方からは、城址近くの廃屋にとめたとか城址碑先のスペースにとめたとか聞きますが、自分は一番問題ない場所にとめています。リア後に道の駅かつらのゆずアイス食べたいし(笑)。歩く距離を短くするなら、道の駅かつらの対岸の河川敷かなあと思います。

ちなみに、城址標柱からの登城路の砂利道は、軽自動車ならあがって行けると思います。二郭にある畑の耕作者が軽トラですごい勢いであがってきたことがありました。車一台くらいなら畑の脇のスペースに止められると思います。
この砂利道は普通車もギリギリで行けそうな気もしますが試した事はないです。



2020年09月18日 水天一碧
小瀬館[野口城  周辺城郭]

常陸大宮市にある緒川総合センターが、小瀬館跡になります。
緒川総合センターの周囲に犬走りなど遺構が残ります。
藪で未確認ですが空堀のあとがあるようです。
遺構はセンター周囲に残るのみで、かつての館を想像するのは難しいです。
北東にある道路より高い位置に土壇があり、中に入ると、土壇とその周りに腰曲輪がありました。

同センターと地続きに明峰中学校があります。中学校よりそれなりに離れている藪をカメラを提げて出入りしていたら、先生が出てきて遠目に不審がられました。
かなり心外でした(笑)

平日の散策の際はご注意ください(笑)

2020年09月15日 水天一碧
小舟城[野口城  周辺城郭]

小舟城は武茂城のリア攻めマップに登録がある高部館と同じく、佐竹氏の対那須氏用の番城、軍事拠点だそうです。

お城への入り口は県道12号線をやすらぎの里公園に向かう途中に見える階段から入ります。この階段はしっかりしたもので見落としはしないと思います。

階段を上がると、お墓があり、その裏にあると聞いていた登城路がどこにも見えないため、山の斜面をひたすら藪漕ぎしながら(冬は枯れていそうです)、尾根を目指して直登しました。クマは出ませんから休憩しながら落ち着いて登りましょう。

半分過ぎくらいまで登った時に、よく見ると、いつの間にか自分のすぐそばにしっかりとした道がありました。どこからあったのかは登るのに必死すぎて、全くわかりませんでした。この道沿いの木々に、点々とピンクのテープが巻いてあり、これを目印に無事に到着できました。
尾根付近までくれば藪も薄くなり、完存といえる遺構が見られます。

その細い尾根には、しっかりと多くの堀切や堅堀が作ってあり、お城というより砦のように見えます。削平され重なる郭もそれほど大きくはないです。西にある高低差をつけた大きな二重堀切が、めぐらーさん垂涎の見所だと思います。風化でできた段差というよりは、最初からかなりの高低差をつけて作られた二重堀切は見応えがありました。写真には収まりきらないです。

この城には、かつての居館跡である麓の民家裏から行くルートや吉田神社(野口城リアマップに小舟城居館跡で登録あり)付近から入るルートがあるようですが、そちらはいずれも未確認です。
ただ、縄張り図によれば、この2ルートだと城へ向かって、まずは居館跡の裏山の尾根を回り込むように歩いてから、最初に二重堀切に辿り着くようです。

回り込むのがすごく面倒に思えて、とにかく早く遺構が見たい一心で、遺構がある尾根付近を目指して最短距離を直登しました。

2020年09月11日 水天一碧
檜沢城[野口城  周辺城郭]

檜沢城は比高100mくらいの山頂が主郭になる山城です。その城主は、檜沢氏、小室氏とされており佐竹氏の一族です。

近年、常陸大宮市美和地区の森と地域の調和を考える会の皆さんの手で丁寧に整備がなされたお城です。
麓に近い檜沢城とそこから尾根伝いにつながる檜沢古館からなるお城です。古館からさらに先に南方面?に氷之沢館があるそうなんですが、古館からつながっているのかもよくわからず、そこは未攻城です。周辺には縄張り図を見ると小さいながら、他に、下檜沢向館、上檜沢館とまだ城館群があります。

地元では檜沢古館が長らく檜沢城と言われていたそうです。ふもとの街に近い檜沢城については城として伝承が何もなかったそうです。すぐそこまで街が広がっているのに何とも不思議な話です。

檜沢城のある地域は、西は那須へと繋がるところに位置しています。佐竹氏は下野の那須氏と対立していたことから対那須氏の拠点であったと考えられているそうです。

さてその城内なんですが、まるで重ねたパンケーキのように何段にも重なる郭をひたすら1番の見所である山頂の二重堀切めがけて直登気味に登ります。檜沢古館は二重堀切の先の尾根伝いにあります。城内は、迷わぬように、木々にピンクのリボンがつけられており、直登気味ですがとても登りやすいです。ピンクのリボンに従って歩くと、大きな堅堀など、時の流れを感じさせない鋭い遺構を次々に見ることができます。傾斜がきつい箇所にはトラロープがあります。熊は出ませんから落ち着いてじっくり見てほしいです。
秋田に移封された佐竹氏の歴史をこの常陸で確かに感じられるいいお城です。

ここに来たら、ぜひ、近くにある高部館(栃木県の武茂城のリアマップにあります。武茂城も佐竹氏に縁があるとてもいい城です)と合わせて、ぜひぜひリアに来てください。

2020年08月16日 龍馬備中守【】
檜沢城[野口城  周辺城郭]



茨城県の常陸大宮市にある檜沢城♪檜沢城は最近その存在が明らかになってきた城郭です♪この地方の西隣に勢力を持つ那須氏の一族が治める烏山城が直線距離で約17km先にあり佐竹氏と那須氏は幾度かの攻防戦を行っています♪
佐竹氏の城郭は領地支配の為の城というより対那須氏用の軍勢の宿城、集合地として檜沢衆が詰めて佐竹氏が烏山の那須氏領に進軍するルート上に築かれた番城の一つでしょう♪

2020年08月16日 水天一碧
小場城[野口城  周辺城郭]

主郭など郭はほとんどが宅地か畑になっています。那珂川を臨む段丘にあるお城です。佐竹義篤の子、義躬に始まる小場氏の居城になります。また、秋田に移封した後に佐竹氏の家臣が小場城跡を訪ねた記録が「常陸御用日記」にも出てきます。その時点で既に城は田畑になっていたそうです。

駐車場がないです。写真にうつる小場城案内板の前に微妙にスペースがあり路駐しました。普通車二台ギリギリいけるかな。看板と向かい合いに住宅があり少し気を遣いますが、基本的に路駐するしかないです。

めちゃくちゃ大きな空堀を見るだけなら、この辺りを軽く散歩するだけで十分楽しめます。畑や宅地化されてかつての城の形を追うのは大変ですが、常陸国らしい、いい空堀はここで見れます。

2020年08月16日 水天一碧
前小屋城[野口城  周辺城郭]



前小屋城は、佐竹氏の重臣である前小屋氏の居城です。佐竹氏の秋田移封に同行して廃城になりました。

現在は種生院というお寺になっています。寺院内に駐められます。十分に広いです。

種生院の右奥へ回ると土塁を超えるために木橋がつけられています。一見、きちんとした木橋に見えますが、設置されてかなりの年数が経つようで、お手入れもされておらず、腐った箇所があり、渡る際には十分に気をつけてください。
この橋を登ると、いきなり7〜8メートルくらいの深さがある空堀が見えます。駐車して橋を登り3分で幸せになれる巨大な薬研堀です。
木橋から無理やり堀底に降りたくなりますが、ちょっと堪えていただいて、木橋を渡り五郭の土橋や虎口も見てから、五郭の空堀から堀底ウォークを開始するのがオススメです。

縄張り図片手にお寺の周りの宅地も歩いてみてください。竹藪の中に、そこかしこに、土塁や空堀があります。

※ちなみに寺院内にある三蔵の滝という案内板に誘われて素晴らしい切り岸を見ながらうろうろしました。滝の案内板をやっと見つけるも笑いしか出ませんでした。思ってるような滝はありません(写真参照)のでご注意ください。由来は誉れ高いですがB級スポットじゃないかと…

2017年05月11日 立花飛騨守
野口城

車で向かい、駐車スペースを求めて、城跡標柱前を通りがかると、首輪のない放し飼いの犬が車に吠えかかってきて、危なくてしょうがない。マナーの守れない輩は、飼い主の資格なし。しつこく付きまとってくるので、見学できず。腹癒せに近くの東野城跡を攻めてやりました(笑)

那珂大橋を渡った城里町側の御前山も城跡です。

2016年11月26日 まー刑部卿
野口城

マップの位置通りナビに登録したら行けました。案の定、駐車場は見つからず案内板の前の道を進み県道21号線とぶつかる手前に車1〜2台ほどのスペースが見つかり駐車。また畑がある城跡側にも一台ほどのスペース有り。案内板を上っていくと標柱と説明板がある。直進し竹藪のある郭を抜けると空堀と堀切が見える。堀切を撮影したい場合、先程の説明板に戻り左手方向の道を行くと撮影出来ます。

2013年03月04日 鳳雛SASlov優彩
野口城

近くに長倉城跡もあるので、載せました。

攻略対象になっていませんが

2010年06月08日 半日皇帝下野守
野口城

かなり分かりにくい場所にあるので、地元の年配のかたに場所を聞きながら行くことをお勧めします。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore