野口城(のぐちじょう)

野口城の基本情報

通称・別名

川野辺城

所在地

茨城県常陸大宮市野口

旧国名

常陸国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

川野辺通直

築城年

正暦2年(991)

主な改修者

主な城主

川野辺氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、堀切

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

瓜連城(茨城県那珂市)[11.8km]
那珂西城(茨城県東茨城郡)[12.4km]
茂木城(栃木県芳賀郡)[13.4km]
山入城(茨城県常陸太田市)[14.0km]
南酒出城(茨城県那珂市)[16.5km]

野口城の解説文

野口城(のぐちじょう)は、常陸国那珂郡野口にあった城。現在の茨城県常陸大宮市野口にあたる。

歴史・沿革
正暦2年(991年)に鎮守府将軍藤原秀郷の流れを汲む藤原通直後の川野辺通直により築城され、以来、野口城は通直の後裔 川野辺氏が世襲にて領有された。別称を川野辺城ともいう。なお、通直の兄は太田城を築城して太田通延と名乗り、子孫は小野崎氏となっている。平安時代以降、常陸国北部は那珂で武門として名高い清和源氏の一家系 河内源氏の流れを汲む佐竹氏と藤原秀郷の流れを汲む藤姓の両武士団が勢力を誇り、野口城は藤姓川野辺氏の拠点の役割を果たした。

南北朝時代に入り、川野辺資鎮は川野辺氏の庶家ながら有力な武士として台頭した瓜連城主の那珂通辰に従い、南朝方として活躍し佐竹氏に対抗したが、那珂通辰が敗死すると、川野辺氏も衰退し、穴技の地に退き、野口城は佐竹氏に明け渡された。以後、野口城は佐竹氏の庶家 野口氏により領有された。しかし、野口幹成が常陸守護 佐竹義篤に背き敗北すると、幹成旧臣たる野口四天王らは佐竹氏に帰順、野口城は廃城となった。

現在は城址のみ残る。

野口城の口コミ情報

立花飛騨守様[2017年05月11日]
車で向かい、駐車スペースを求めて、城跡標柱前を通りがかると、首輪のない放し飼いの犬が車に吠えかかってきて、危なくてしょうがない。マナーの守れない輩は、飼い主の資格なし。しつこく付きまとってくるので、見学できず。腹癒せに近くの東野城跡を攻めてやりました(笑)

那珂大橋を渡った城里町側の御前山も城跡です。

まー武蔵守様[2016年11月26日]
マップの位置通りナビに登録したら行けました。案の定、駐車場は見つからず案内板の前の道を進み県道21号線とぶつかる手前に車1〜2台ほどのスペースが見つかり駐車。また畑がある城跡側にも一台ほどのスペース有り。案内板を上っていくと標柱と説明板がある。直進し竹藪のある郭を抜けると空堀と堀切が見える。堀切を撮影したい場合、先程の説明板に戻り左手方向の道を行くと撮影出来ます。

伏龍鳳雛SAS様[2013年03月04日]
近くに長倉城跡もあるので、載せました。

攻略対象になっていませんが

半日皇帝下野守様[2010年06月08日]
かなり分かりにくい場所にあるので、地元の年配のかたに場所を聞きながら行くことをお勧めします。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore