太田城(おおたじょう)

太田城の基本情報

通称・別名

佐竹城、舞鶴城、青龍城

所在地

茨城県常陸太田市中城町151(太田小学校)

旧国名

常陸国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

小野崎(藤原)通延

築城年

天仁2年(1109)?

主な改修者

佐竹氏

主な城主

太田氏(小野崎氏)、佐竹氏

廃城年

慶長7年(1602)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

小野崎城(茨城県常陸太田市)[1.4km]
山入城(茨城県常陸太田市)[6.9km]
瓜連城(茨城県那珂市)[7.7km]
南酒出城(茨城県那珂市)[7.7km]
石神城(茨城県那珂郡)[8.8km]

太田城の解説文

太田城(おおたじょう)は常陸国にあった城。現在の茨城県常陸太田市に位置し、JR常陸太田駅から北方へ約1.7kmの高台(現在の太田小学校)に本郭が存在したとみられる。関東七名城の一つ。別名:佐竹城、舞鶴城、青龍城。

歴史・沿革
この城の起源は明らかではないが、天仁2年(1109年)に藤原通延(藤原秀郷の四世)が、下野国から太田郷に入り、太田大夫と称して築城したのが始まりであるという。さらに、新羅三郎義光の孫・源昌義が後三年の役(1051年から1062年)の功により領有することになった地名をとって佐竹氏を称したのち、二代佐竹隆義は当時の太田城主藤原通盛(通延の孫)を服属させて小野台地(瑞竜中学校周辺)に移して小野崎氏を名乗らせ、自らは太田城に入った。入城の日、太田城の上空を鶴が舞いながら飛んだので「舞鶴城」と名づけたという。佐竹氏代々の居城であったが戦国最末期の当主佐竹義宣は水戸城に本拠を移す。そのご徳川家康の一国一城令により廃城となったが、城の機能は一部残され「太田御殿」と呼ばれ水戸藩の家老の中山氏が管理することとなった。

歴代城主
藤原通延など藤原氏
佐竹隆義
佐竹秀義
佐竹義重
佐竹長義
佐竹義胤
佐竹行義
佐竹貞義
佐竹義篤
佐竹義宣
佐竹義盛
佐竹義人(義憲、義仁)
佐竹義俊
佐竹義治
佐竹義舜...

太田城の口コミ情報

フー甲斐守様[2017年09月24日]
太田小学校前で小野崎城と山入城トリプルゲット出来ます。

りん凛様[2017年06月26日]
常陸太田駅出口付近にある観光案内センターのレンタサイクルを利用して 散策しました。滞在時間が1時間でしたが大まかな雰囲気はつかめたと思います。
城跡の周辺は小高い丘になっているようで坂が多く、それぞれ石柱に名前と説明が書いてありました。寺社、神社も狭い範囲の割に多かったと思います。

レンタサイクルは約3時間で300円です。坂ばかりだったので電動自転車で助かりました。簡単な地図もいただけます。

ハチミツ式部卿様[2016年08月25日]
アプリを始める前に、車で行ったことはあったのですが、今回は、青春18キップとタクシーで、行きました。

JR常陸太田駅から、北方約1.7kmにあります。現在は、太田小学校に本郭があり、碑があります。
別名、舞鶴城、佐竹城と呼ばれていて、碑も舞鶴城になっています。

攻略情報に、常陸太田駅では、攻略できないと書かれているように、私も、駅では、攻略できませんでした。

タクシーで、太田小学校まで行ったのですが、滞在時間は写真を撮る数分で、往復1500円くらいでした。

次回は、二の郭のある若宮八幡宮にも、行ってみたいと思いました。

ちょび相模守[爽風]様[2015年01月27日]
太田小学校内に石碑あります

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore